« 「メール・ド・グラス」氷河は動く!「ラック・ブラン」氷河湖は青い! | トップページ | 「ゴルナーグラート展望台」豪華絢爛アルプスと氷河のシンフォニー »

2015年12月 4日 (金)

「温暖化で後退する氷河の舌!」「マッターホルンの玄関口ツェルマット」

「 ツェルマット 標高1620m 」 は スイスアルプス最高峰の 「 モンテローザ 4634m 」 や 

人気の「 マッターホルン 4478m 」 などに囲まれた マッター谷の最奥にある小さな町で、 

今や 登山・トレッキング・スキー・観光の拠点として 世界中の観光客を集めている。





01.       その 「 ツェルマット Zermatt 」 へ移動して スイスアルプスを見物する前に 

フランスで シャモニー近くの氷河を 最後に見ておきたいと思う。



これは 「 トゥール氷河 Glacier du Tour 」 の 最突端の風景。  ある意味壮観だけれど ある意味

心配な様相でもある。 つまり 温暖化で 氷河が崖下からここまで後退していると言うことなのです。

01







02.        ” 氷河の舌 ” が年々短くなる風景は あちこちで観察されている。



因みに この氷河が眺められる ル・トゥールという町から ロープウエイに乗って 「 バルム峠 」

まで行くと  そこにはスイスとフランスの国境を示す 石の道標があった( 写真下 )。

02







03.         さて、 いよいよシャモニーから スイスのツェルマットに向かいます。



フランスの山岳電車、スイスの動脈鉄道、そしてスイスの山岳電車と 三種の電車に乗り換え移動する。


特にツェルマットに至る 「 マッターホルン・ゴッタルド鉄道 (写真下右) 」 は

軌道幅が1mで 途中 最急勾配の区間もあり アプト式となっている。

03







04.          ツェルマットの町から 間近に マッターホルンの姿が見える !

04







05.           「 マッターホルン Matterhorn 」 は標高4478m、 

アルプス最高峰ではないものの その独特な形が印象的で 世界中で知らない人はいないかも知れない。 



鹿の角を思わせるその形は ピラミッド型で、 4つの斜壁面を持っている。

05







06.        ツェルマットのメインストリート。   ここでは 排気ガスでの汚染を避けるため

燃料ガスを排出する乗り物は禁じられていて  清澄な空気の中 電気自動車や馬車が走っている。

06







07.         早速 アニメなどでお馴染の犬種 セント・バーナードに会った。

山小屋ホテルの前には ’ アルプスの山羊 ’ の像が立っていた。 

07

 





08.      すると 本物のアルプス山羊 「 アイベックス Ibex 」 の行進に出会った !

アイベックスは スイスのとある州の紋章にもなっているが、 立派な角や薬効のある体が珍重され、

狩猟の対象となり 17世紀にほぼ絶滅。   今や 絶滅危惧種に指定されている。

08







09.        それにしても よく手入れされた美しい毛と見事な角だ !   

毛は多分羊毛として 利用されるに違いない ・・

09







10.       マッターホルンは その鋭い岩肌が長く登山者を拒んできた。 初登頂がやっと1865年、

ツェルマットが 広く人々を呼び込む観光地となったのも 20世紀中頃以降のことだ。  



ここはずっと 素朴な山村だった訳で、 今でも 作物や薪を保管する こうした小屋が残っている。 

10







11.      四隅の柱にはそれぞれ ’ ネズミ返し ’ が備えられている。 まだ立派に現役として

使われているが、 木の風合いといい その造形といい 本当にノスタルジックな佇まいだ ・・

 

11







12.        定番のアルプスホルンの演奏もあったが、 アルプス自転車レースを翌日に控えた

選手たちのオープ二ングフェスタもあった。   町はずれのお墓は どれにも花が飾られ美しかった。

12







13.       ツェルマットの町を 「 マッター・フィスパ川 Matter Vispa 」 が 南北に貫いている。

7月初旬 氷河の雪解け水を集め 白濁した急流が 恐ろしい勢いで流れ下っていた。

13

 




マッターホルンは 尖った三角形をしているが 見る角度によってその姿が違ってくる。



ツェルマットを基地として 5日間滞在し、 

この後  マッターホルンを始め 色々な場所を探索することになりました ~








★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 「メール・ド・グラス」氷河は動く!「ラック・ブラン」氷河湖は青い! | トップページ | 「ゴルナーグラート展望台」豪華絢爛アルプスと氷河のシンフォニー »

光のスイスアルプス」カテゴリの記事

光のフランスアルプス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01
ツェルマットだぁ ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
懐かしいです (o^-^o)
でも、トレッキングがメインで2泊しか滞在できなかったので、町の中はメインストリートしか見てなくて・・・ (。_。)
古い小屋とかも残っているのですね。
最後の写真の場所、歩いたような・・・?!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/62799906

この記事へのトラックバック一覧です: 「温暖化で後退する氷河の舌!」「マッターホルンの玄関口ツェルマット」:

« 「メール・ド・グラス」氷河は動く!「ラック・ブラン」氷河湖は青い! | トップページ | 「ゴルナーグラート展望台」豪華絢爛アルプスと氷河のシンフォニー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック