« 「立派だったバチカン市国」「想像が駆け巡った聖職者達の帰宅風景!」 | トップページ | 「エギーユデュミディ展望台」モンブランやとんがり針峰群の大パノラマを一望! »

2015年11月 6日 (金)

「夏のシャモニー」 モンブラン初登頂の銅像秘話

シャモニー ( 正式には Chamonix-Mont-Blanc シャモニー・モンブラン ) は フランス東部、

ヨーロッパの最高峰モン・ブラン (標高4810m) の麓にあるリゾート地 (標高1036m)。





01.    「 シャモニー 」 は1924年に冬季オリンピック第一回が開催された街で

スキーリゾート地として 世界にその名を馳せているが、 夏季のアルプス観光も大人気です。 

01

 





02.           モンブランからの雪解け水を集めて 滔々と街を流れる 「 アルプ川 」

02







03.         「 パルマとソシュールの像 1886年建立 」 


当時 多くの登山家がモンブラン登頂を目指しては失敗を繰り返す中、   1760年 

ジュネーブの自然科学者ソシュールは、 登頂ルートを発見するか 登頂を果たした者には賞金を出すと

宣言し、 アルプス最高峰モンブラン登頂の気運を一層促した。

03

     (   左がソシュール   右がパルマ  )






04.              観光客で賑やかな 6月末のシャモニーの街の風景 

04







05.     ホテルの人に あまりいい部屋ではありませんが、と案内された屋根裏部屋でしたが

モンブランと氷河が目の前に開け、 値段の割には得した気分!

05







06.     左後方の丸く白い峰が「 モンブラン 」。  手前が 「 ボッソン氷河 Glacier des Bossons 」 

06







07.        左上の尖った岩山のさらに上方に  「 エギュ・デュ・ミディ Aiguille du Midi 3842m 」

という
大きなとんがり岸壁があり、 

そこは モンブランを間近に眺められる 特等席の展望台となっている。 

07







08.          アルプ川沿いの水車小屋 

08







09.             現役だった頃の石臼もありました。

09







10.      街角の ’ だまし絵 ’  1階から4階まで バルコニーの出っ張りも含め どれも描いたもの。

恐らく モンブラン登頂の逸話にまつわる 数々の歴史的登場人物が描かれていると思う。

10







11.        モンブランを望む 「 パカールの銅像 1986年建立 」 



モンブラン初登頂は 1786年8月7日 シャモニーの若い医師パカールと シェルパ役として同行した

猟師・水晶採掘人パルマによって成し遂げられた。  しかしながら 初登頂100年後に

建てられた銅像 ( 03.)には 肝心のパカールの姿が抜けている。

11







12.     それは かつてパカールと共にモンブラン登頂に挑みながら 願いを果たせなかった

ブーリーと言う画家が 嫉妬心の余り ” パカールはパルマに助けられて どうにか頂上に立てたので

偉いのはパルマだ ” という嘘をマスコミに広め、   その上 アレキサンドル・デュマまでが


その噂に便乗してホラを吹いた パルマの嘘に基づいた登頂記を書いてしまったため、

’ パカールの意気地なし説 ’ が すっかり定着してしまったということらしい。




本来 プロデューサー兼スポンサーのソシュール、 実際登頂に成功した案内役のパルマと医師パカール、 

この3人が銅像に収まるべきだったのです ・・

12







13.     しかし、その後 ある男爵の日記が発見される。 男爵は パカールとパルマが 

モンブランを登る姿をずっと望遠鏡で観察し続け それを日記にしたためていた。 



それにより真実の姿が知られることになり

初登頂から200年後、 ようやく名誉を回復したパカールの銅像が 

他の二人の銅像とは離れた所に建てられたのだ。

13

今日ほど科学的なものが発達していなかった中、 よくぞ望遠鏡が 真実を捉えて

 

くれたものだ!  パカールが背負っているものが何なのか よく分からないが、

もしかして ’ 真実の恩人たる 望遠鏡 ’  だろうか ・・・





こうして 今日も 彼の瞳はモンブランの白い峰に注がれ続けている。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

« 「立派だったバチカン市国」「想像が駆け巡った聖職者達の帰宅風景!」 | トップページ | 「エギーユデュミディ展望台」モンブランやとんがり針峰群の大パノラマを一望! »

光のフランスアルプス」カテゴリの記事

コメント

お絵かきを始めようかと思っています。
貴女のようには上手く描けるといいのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/62625033

この記事へのトラックバック一覧です: 「夏のシャモニー」 モンブラン初登頂の銅像秘話:

« 「立派だったバチカン市国」「想像が駆け巡った聖職者達の帰宅風景!」 | トップページ | 「エギーユデュミディ展望台」モンブランやとんがり針峰群の大パノラマを一望! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック