« 今日の絵画 「 キャンドル トーク 」  | トップページ | ローマ「コロッセオ」 人間の知恵と叡智と 残酷と欲望と! »

2015年10月16日 (金)

ローマ「ナヴォーナ広場」のアパルトメントを数日借りてみました~

ローマでは ある程度腰を据えて観光したいものと、 ナヴォーナ広場近くにアパルトメントを借りた。



最近ホテルの予約サイトでは 特に欧州人の間で アパルトメントが人気で 

場所がいいと ホテルより先に予約が埋まってしまう。  広さと自由度が人気の理由だと思う。





01.    「 ナヴォーナ広場 Piazza Navona 」 はローマで 最も美しい広場と言われている。 

紀元1世紀に作られた競技場が原型となっている 275mx106mの 南北に長い楕円形の広場だ。



広場には有名な3つの噴水が配置されていて、 観光客ばかりでなく 地元っ子たちの憩いの場ともなっている。

01







02.      「 四大河の噴水 Fontana dei Fiumi 」 はベルニーニの代表作で、 四方に ナイル ガンジス 

ドナウ ラプラタ川を象徴する像が配置されており どれも面白い事物の組み合わせとなっている。  



特に下の写真、 ラプラタ川の像が腕をかざして 右手の教会が倒れてくるのを防いでいるという話は有名だ。

実際は噴水の方が先に出来ていたのだが、 噴水彫刻家のベルニーニと教会の建築家ポッロミーニが 

激しいライバル関係にあったため 人々が面白可笑しくはやしたのかも知れない。

02







03.         広場では美人さんが 似顔絵を描いてもらってます ~ 

03







04.      あちこちの国で大流行の ’ 空中浮遊芸 ’ 、 やっぱりローマでもお目にかかりました。


因みに 広場の真ん中 あの黒い袋の中で 彼はモゾモゾと準備してましたよ ~ !

04







05.     広場の南側には  「 ムーア人の噴水 Fontana del Moro 」 、   北側には 

「 ネプチューンの噴水 Fontana del Nettuno 」 がある。  それぞれ歴史的な戦や神話を題材に

人物や動物がイキイキと表現されている。   三つの噴水とも まわりを何周しても見飽きない ・・ 

05







06.       ところで 私が5日間ほど滞在したアパルトメントは    広場中央の 

「四大河の噴水」の 手をかざしているラプラタ川の像の真裏に位置していた。



部屋が直接広場に面している訳ではないが、 部屋続きにテラスがあり、そこから見晴らし台に登ると

ナヴォーナ広場が眼下に、 またローマ市内が四方に見渡せた。




部屋代は 一泊177ユーロ (約25000円)と 素泊まりにしては高いかも知れないが 

家族でドッとやってくる人や 自由に行動したい人には すごく便利に違いない。

06







07.     到着日時や鍵の引き渡しなどについて それまでマルコなる男性とやり取りしていたが、

実際行ってみると 30歳くらいの女性が現れ ワインボトルを一本プレゼントだと手渡してくれた。 


調味料 果物などは用意してあるという触れ込みだったが、 固まった砂糖とティーバッグが少々あるだけだった。 




支払は現金にしてくれと言うことで、 銀行まで下ろしに行き 5日分前払いする羽目となった。 

カード払いの足跡を残したくないのだろう。


鍵 エアコンやテレビ wifi 風呂 台所などの説明を受け、 少々交渉事をして彼女とはあっさりサヨナラした。

彼ら 結構いい商売だ !   

07







08.       あとは アパルトメントで どう暮らそうがこっちの自由だ。    しかしながら 

ブラインドが壊れたって 観光バスの停留所の位置を知りたくたって ちょっと病気になったって 誰にも頼れない。



だいたい チェックアウト後に荷物をどこに預かってもらえばいいのだろう ・・・ 

ホテルなら フロントで大抵の話は済むことだ。    欧州生活に慣れた身にも ある種の心配があった。 

08

      (  自撮り棒は イタリアでも大流行でした !   )





09.     それでも どこで暮らしても基本は同じだ。 朝食は沸かしたコーヒーとパン屋のサンドイッチ

そして 八百屋のフルーツ。    夜は五感を働かせて 美味しそうなレストランを見定める。

忙しく観光してるうちに なんとかなって行った ・・

09







10.       上の09.で似顔絵を描いてもらっているカップルです ~  


画家が 東洋人をどんな風に表現するのか 私も一度は描いてもらいたいとは思っているが、  

何しろこのギャラリー  ・・・  sweat01

10







11.        レストランが居並ぶ小路に 占い師がテーブルを出していた。  


手相 タロット 星座などで占い、   イタリア語 英語 スペイン語で解説してくれるらしい。  

手相はなんてったって東洋発祥ですよね ~     一生懸命勉強したのかナア ・・

11







12.      こちらの美女、噴水の流れを受け止めて ~    いえいえ 自撮り中でした ! 



ところで 悪名高いローマの治安ですが、     イタリアも少しは気にしているのか 

主な観光スポットに 昼夜警察車両が貼り付き、 以前よりはずっと平和で 安心な夜歩きが出来ました。 

お巡りさんにいろいろ教えてももらいました ~

12

 





13.      さて、 問題のアパルトメントのチェックアウト、  朝10時に追い出されたあと、 

夜の帰国の飛行機まで相当時間があるので スーツケースはテラスに置いておいていいかと 交渉した。



やって来た女性が 何やら親し気にマルコと電話相談。   たまたま我々の後に予約が入っておらず

荷物をきれいに整理しておいてくれれば 夕方の出発まで部屋を使ってよい ことになり

部屋の鍵はテーブルの上に、通用門の鍵はツボの中に入れて 出て行くことになった。




ホテルでは絶対有り得ないことだ。 最後までトイレを使えたし、 手ぶらで観光できたし 本当に助かった。    

大らかな ( いい加減とは言いません! ) イタリア人万歳 !! 

13



夜の食事は はずれを引かないかと レストラン選びには 結構勇気が要りましたが !?



結局は ピザ スパゲッティ リゾットなど まあこんな具合の毎日でした ・・・  

でも 美味しかったです ~







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 今日の絵画 「 キャンドル トーク 」  | トップページ | ローマ「コロッセオ」 人間の知恵と叡智と 残酷と欲望と! »

ローマ 永遠の都」カテゴリの記事

コメント

九州は勿論外には出ません。有名な観光の地大宰府に盤踞して貴女のブログに足を伸ばすだけです。脚も弱りましたしね。

こんばんは! happy01
bellaさ~ん、1泊25000円は夫婦やカップル、家族連れや友達同士にはかえって安価ですね。
それに自由に使えるし、ナイスチョイス (v^ー゜)ヤッタネ!!
私もローマへ行った気分で、映画『ローマの休日』久々に見ようかな (^_^)ニコッ?!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/62486911

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ「ナヴォーナ広場」のアパルトメントを数日借りてみました~:

« 今日の絵画 「 キャンドル トーク 」  | トップページ | ローマ「コロッセオ」 人間の知恵と叡智と 残酷と欲望と! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック