« 「フォロ・ロマーノ」と「ボルゲーゼ美術館」彫刻こそ至高の芸術!? | トップページ | ローマの2500歳「ヴィーナスの誕生」・1900歳「パンテオン」 »

2015年9月25日 (金)

ローマの休日は「トレヴィの泉」と「スペイン広場」から

ローマに来たなら 是非行っておきたい場所は トレヴィの泉とスペイン広場でしょうか。







01.       「 トレヴィの泉 Fontana di Trevi 」 にやって来ると 何やら様子がおかしい!

2013年から 修復工事が始まっていたことは 全く知りませんでした ~

01







02.     泉に水は全くなく、観光客へせめてもの慰めか!? 泉の上を歩く橋が出来ていた。 



古代ローマの時代から 20kmも先から水道を引いて作られた人工の泉が始まりと言うが 

やっぱり 水のない泉はあじけない ・・・

02







03.      1762年に完成した 海神ネプチューンと海馬、豊穣の女神・健康の女神などの像は 

間直に見ると やはり迫力はあった。      2015年10月に修復が終了するらしい。  



” Skyline ” というサイトのライブカメラの映像では 足場はほぼ外され渡り廊下はなくなっている。 

03







04.       ところで 誰もが知っている ’ コインを後ろ向きで投げる ’ という試み、

一個めは再びローマに戻れるよう、 二個目は愛する人とずっといられるよう、 そして三個目は

離婚ができますように という願掛けだ。  三個目は離婚が許されてないカトリックに特有のもの。




工事中の今回は 応急的に2メートル四方くらいのコイン投げ場が設えてありました。  

もう笑うしかありません。            こんな所に投げ入れるはずもなく、 

残念ながら 私は 再びローマに来られるチャンスを逸したかも知れません。 

04







05.          さて 次は歩いて行ける距離にある スペイン広場に移動しました ~ 

05

 





06.        近づくと 大勢の観光客と馬車の列、 一目でここだと分かりました。 



「 スペイン広場 Piazza di Spagna 」 と 「 スペイン階段 Scalinata di Trinita dei Monti 」 は

階段の右手に 昔 スペイン大使館があったことから そう呼ばれるようになったそうだ。

06

 





07.       広場の中央には 「 船の噴水 Fontana della Barcaccia 」 がある。 

テヴェレ川で ワインの運搬に使われた小船を象ったもので かの天才彫刻家ベルニーニの作だ。



トレヴィの泉が干上がっていて残念だったが ここでは舟べりから清らかな水が降り注ぎ ホッと一息。

07







08.      映画 「 ローマの休日 」 で オードリー・ヘップバーンが この泉で遊んだように

皆代わり合って 水を触ったり飲んだりしていた。



スペイン階段の上には、 「 トリニタ デイ モンティ教会 Trinita dei Monti 1502年~ 」 がある。  

修復中で 残念ながら垂れ幕で覆われていたが、 これは フランス王ルイ12世の命で 建設された教会で、 

教会前の広場は 「 フランス広場 」 と呼ばれている。 

08







09.          このスペイン階段も 「 ローマの休日 」 の一シーンで有名だ。  



このあたりには 噴水と階段があるだけだが、  やっぱり明るい雰囲気のロケーションが素晴らしい。 

とにかく皆やって来たということだけで満足する。 そして ステップに腰かけて穏やかなひと時を満喫する。 

09







10.      因みに 当時トリニタ教会は急峻な崖の上にあり 行き来は楽ではなかったらしい。 

建設された ” スペイン階段が スペイン広場とフランス広場を 繋いだ ” 形となった。



今日 世界中の人々が訪れるこの場所も  映画 「 ローマの休日 」 のヘップバーンが橋渡し役となり

何倍もの付加価値を得ることになったのではないでしょうか。

10







11.            御者さん、昨晩は飲み過ぎですか ・・・

11







12.        本物の教会の姿は隠れていましたが 「スペイン階段」 の丘は 結構高い !  


この辺りは 今では高級ブティックが集まるショッピングゾーンとなっている。 

こんな 大胆ファッションの女性も闊歩していて  余りのスタイルの良さに しばらく後を追いました !



写真の行列は 地域は異なりますが 「 真実の口 」 に 手を差し入れるための行列です。

やっぱり ヘップバーンの人気は 永遠のもののようですね !

12







13.           私も   疲れる美術館や教会巡りと違って、 

肩の凝らない ひと時の 「 ローマの休日 」 を  エンジョイすることが出来ました。 

13





しかし正直   遅ればせながら、   も一度  DVD「 ローマの休日 」 を

見直さなきゃアカンと 思ったものでした。 







★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜





ローマ探訪 つづきます ・・・

« 「フォロ・ロマーノ」と「ボルゲーゼ美術館」彫刻こそ至高の芸術!? | トップページ | ローマの2500歳「ヴィーナスの誕生」・1900歳「パンテオン」 »

ローマ 永遠の都」カテゴリの記事

コメント

こんばんは happy01
bellaさん、しばらくご無沙汰でした。
ここ数か月、心が乱れ落ち着かず、皆様のブログ訪問は欠かさず続けていたものの、ずっと読み逃げしていました。
まだ状況は変わっていませんが、今日の記事、あの『ローマの休日』の名場面の場所が紹介されていて、つい嬉しくて ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
トレヴィの泉、現在はあのような状態とは?!
知らずに訪れた人は、どれほど残念だったか!!
スペイン広場、そして真実の口・・・、私がもしローマを訪れることがあったら、間違いなく行くでしょう!
なにしろ、オードリーの大ファンですから。
『ローマの休日』はレーザーディスクも買いましたし、ビデオにも録画して、何十回と見ています。
私にとって一番大好きな映画です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/62349848

この記事へのトラックバック一覧です: ローマの休日は「トレヴィの泉」と「スペイン広場」から:

« 「フォロ・ロマーノ」と「ボルゲーゼ美術館」彫刻こそ至高の芸術!? | トップページ | ローマの2500歳「ヴィーナスの誕生」・1900歳「パンテオン」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック