« イタリア「ピサの斜塔」 これ以上傾かないよう 皆必死です! | トップページ | 「ルッカ」てっぺんにカシの木が茂る塔! 円形競技場跡の丸い町並! »

2015年5月15日 (金)

「塔の町 サン・ジミニャーノ」 石の塔は無骨だけどロマンチック!

イタリア、フィレンツェの南 50km余に    ” 美しき塔の町 ” として人気の観光地 

「 サン・ジミニャーノ San Gimignano 」 があります。





01.     緑豊かなトスカーナ平原の ほぼ中央にあるサン・ジミニャーノは 

ぶどうとオリーブが茂る 小高い丘の上にある。  



町中に入るもよし、 こうして遠景もよし、 人々を惹きつける理由がわかります。

01







02.       サン・ジョヴァンニ城門から 丘の上の中心部まで 登り坂が続く。

通りの両側に 店が並んで賑やかだ。

02







03.        家並から ニョキっと 「 サルヴィッチ塔 」 が突き出している !

03







04.        町の中心地が 「 チステルナ広場 Piazza della Cisterna 」。 

12~13世紀の建物に囲まれたこの広場、 真ん中にある井戸 ’ チステルナ ’ が その名の由来だ。



町に入ってしまうと 近すぎて塔が見渡せないが、   この角度からは4本の塔が見える。
04







05.       さて、私は このチステルナ広場に面したホテルを予約していたので、 

荷物を降ろすため 車を直接広場に乗り入れることが出来た。     



ホテルでは 物静かなマダムに2つの部屋を案内され、 どちらかを選ぶことになった。  

広場側の部屋で 楽しく人々の姿を眺めるか、、 谷側の部屋から トスカーナの美しい自然を眺めるか、、 

05







06.       マダムを待たせて、、     これ程迷ったことは かつてなかった !



こちらを選んだ決め手は、   爽やかな緑は当然ながら、  

観光の側面ばかりでなく 住んでいる人々の日常生活が 垣間見られるかも知れないということと、

窓の真下のぶどう棚で たまたま 老夫婦が仲良く土を運んでいたからだった ・・・

06







07.       「 ドゥオーモ広場 Piazza del  Duomo 」  13世紀に自治都市となって 

隆盛を極めたサン・ジミニャーノ、  最盛期には72もの塔が林立したが、 今残るのは13の塔。


この広場からは7~8本の塔が見え隠れする。 それぞれ 厄介者とか双子といったあだ名が付いている。




ところで これらの塔は 豪族たちが己の実力・権力を見せつけるために 競って造ったもので、

実益よりは 高さなどが重要、  内側は空洞というものが殆どだ。 

07







08.      しかし 塔の下部はちゃんと利用したらしい。  地上階が仕事場、2階に寝室、 

火事になった場合も鑑みて 台所は3階に置いたそうだ。   また 内部の広さを確保するため  


木製の階段やバルコニーは 塔の外側に巡らせ、    時には同族同士が行き来できるよう 

塔の窓から窓へ 渡り廊下みたいなものを架けたこともあった。   何やらオモシロそ !

08

 ( 夜の町は 観光客の姿も消え、 ライトアップの中に 中世の面影をずっしり感じることが出来る   )




09.      「 参事会教会 Duomo Collegiata 12C 」 ドゥオーモ広場に面したこの教会、

側廊を飾る 新約聖書の物語のフレスコ画が 美しく圧巻だ !

09







10.      「 ポポロ宮 Palazzo del  Popolo 13C 」  今は市立美術館となっているが

14世紀の井戸がある この中庭は特に魅力的だ。

10







11.      さて、 ポポロ宮の裏手の丘に登ると 林立する塔と 下町の家並、 美しいトスカーナの平原を

見渡すことが出来る。      遠くから サン・ジミニャーノの丘を見上げた時の感動も思い出した ・・

11







12.        町に戻ると犬がいた。   おまけに ブタ君が丸焼きになっていた ・・・

12







13.       14世紀半ば サン・ジミニャーノはフィレンツェの支配下に入り、自治権を失う。

飢餓やペストの追い打ちもあり、  町の勢いは衰退し 歴史の蚊帳の外に置き去りにされた。

 

しかし、 貧困のまま捨て置かれたことで 新たな建設もなく、 塔を修理・破壊する金すらなく、 

今日こうして 多くの塔が中世のまま残され、  結果 町に富をもたらす宝物となったのです。  13

 

つやつやの石畳、 無骨だけどロマンチックな石の塔、 慎ましやかな老婦人、




サン・ジミニャーノには 静かな未来が続くような気がする 。。。。。




 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

« イタリア「ピサの斜塔」 これ以上傾かないよう 皆必死です! | トップページ | 「ルッカ」てっぺんにカシの木が茂る塔! 円形競技場跡の丸い町並! »

イタリア トスカーナ地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/61592534

この記事へのトラックバック一覧です: 「塔の町 サン・ジミニャーノ」 石の塔は無骨だけどロマンチック!:

« イタリア「ピサの斜塔」 これ以上傾かないよう 皆必死です! | トップページ | 「ルッカ」てっぺんにカシの木が茂る塔! 円形競技場跡の丸い町並! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック