« 超人気 「ガウディのサグラダファミリア 」 内部は超モダン | トップページ | バルセロナの守護聖人は13歳の乙女エウラリア、街の乙女も可愛い! »

2015年4月 3日 (金)

バルセロナ ”ガウディの建造物はまるで地面から生え出た生き物!”

ヨーロッパには 古くて豪華な建物が軒を連ねる街が 数多くありますが、  バルセロナのように

芸術的で個性的な建物が まるで生き物のように 地面から ’ 生え出る ’ 街は 他にないかも知れません。





01.     ワイヤーでぐるぐる巻きにされた 建物の屋上、 一瞬 工事中かとも思いましたが、 

これは立派なモダンアートのオブジェ。      想像を越える 衝撃的な自由さでした !



「 モンタネリ・シモン 出版社 Montaneri Simon 」 19C、 現在はミュージアム

01






 
02.      「 サン・パウ病院 Hospital de Sant Pau 」  写真上 は

「 カタルーニャ音楽堂 Palau dela Musica Catalana 」  写真左下 と共に 

1997年に世界遺産に登録された。   病院は老朽化で閉鎖されているが 内部は見学出来る。



「 トレ・アグバル Torre Agbar 」  写真右下 はバルセロナの水道局のビル 別名 ’ 座薬 ’

02







03.      「 カサ・バトリョ Casa Batllo 」1877年  アントニ・ガウディ作



奇妙な外観は 否応なく人々の想像力をかき立てる。     ファサードの石柱が骨に見えたり 

屋根のカーブが竜の背骨に、 窓のバルコニーが仮面に、 壁のモザイクが花吹雪に 見えたりするようだ。



いずれにせよ いろんなことを想像させる、、 それこそが ガウディの ’ 思う壺 ’ かも知れない ・・

03







04.      たまたま通りがかった女性の ジーンズの脚が 建物の枠にそっくりだ !

04







05.      上のカサ・バトリョに隣接している 「 カサ・アマトリェール Casa Amatller 」 

チョコレート職人のアントニ・アマトリェールの家だが、 隣と比べたら かなり正統的な装飾です。

05







06.     「 グラシア大通りの街灯 」 足元の石のベンチ、歩道の敷石も含め ガウディ作



19世紀末  エッフェルタワーや 多くの鉄橋・駅舎などの建設では ’ 鉄 ’ が花形となりました。 

同時期に 短期間ながら隆盛を極めた ’ アールヌーボー様式 ’ もありました。

その両方を融合させた 華やかな街灯と言えそうです。



向かい側に見えるのが ガウディ作のアパルトマン 「 ラ・ペドレラ La Pedrera 石切り場 」 

別名 「 カサ・ミラ Casa Mila 」 は 外構が幕に覆われ 改修工事中でした ~

06







07.      「 グエル公園 Parc Guell 」 は 小高い丘にある。  結構急坂ですが

山腹に設置された エスカレーターを幾つか辿って 上に登ることも出来る。

07







08.     ここは 「 グエル伯爵 」 を発注主として、 ガウディが 自らの理想の住宅公園を造る夢を

託した場所。  木々や岩肌といった自然に 奇抜な彼のアイディアを調和させた 総合芸術を目指したものの、



あまりに奇想天外な造形が 当時の人々には受け入れられず、 工事は道半ばで中断されてしまった。

08







09.     色彩豊かなタイルアートそのものは ガウディの協力者 「 ジュジョール 」 の手によるもの。


カサ・バトリョや カサ・ミラのタイル装飾などにも 彼の才能が発揮されたと言うから、 

ガウディ芸術の魅力に 大きな華を添えた彼の名も 忘れられてはならないと 思ったものでした !

09







10.           グエル公園入口

10







11.     公園の入口にある 「 グエル・パビリオンズ Guell Pavilions 」 は

砂糖菓子にも似て美味しそうな建物ですが、  周囲の ’ 鉄 ’ のフェンスも 生き物の様で面白い。

11







12.          ’ アイアンアート ’ と言えば こんな建物も 街で見つけました ~

12







13.     型に嵌らない自由な造形と魅力的な色彩感覚、 バルセロナの芸術の潮流は 

今日でも 現代建築やモダンアートに 連綿と受け継がれている。




街角の落書きだって  解体工事現場だって、 

ピカソや ダリ・モンドリアンにも負けない 芸術作品かも !

13

バルセロナに似た街を 他のどこにも見つけることが出来ないのは 
 

 ” 芸術が 地面から生え出ていて よそに移植出来ない ” からではないでしょうか ・・




つまりは   良い意味で  ”  普遍性がない   ”  
と言うこと  !?




                             

« 超人気 「ガウディのサグラダファミリア 」 内部は超モダン | トップページ | バルセロナの守護聖人は13歳の乙女エウラリア、街の乙女も可愛い! »

活気のバルセロナ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
自分のブログの更新は滞っていますが、皆様のブログ訪問は楽しみにしている慕辺未行です (^_^;;ヘヘッ!今夜もバーチャル旅行しにやって来ました (^o^)/!
バルセロナの街、いやはや、これは見ていて飽きないですね。面白い!
建造物そのものが、もはや芸術でね。
しかも、そこかしこにあるのですか?
水道局のビル、別名:座薬・・・( ´艸`)プププ
確かにその通りで、笑ってしまいました。
あのエスカレーター、当然雨に濡れたりすることもあるでしょうが、電気系統大丈夫なのかな?
そこら中に自由奔放なアートがあって、bellaさんにとってはずいぶん興味深い街、それがバルセロナでしょうか?!
今夜も楽しいバーチャル旅行、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 超人気 「ガウディのサグラダファミリア 」 内部は超モダン | トップページ | バルセロナの守護聖人は13歳の乙女エウラリア、街の乙女も可愛い! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック