« 今日の絵画  《 Begonia in the mirror 》 | トップページ | 東京大学農学部、ハチ公 やっとご主人に会えました! »

2015年4月24日 (金)

スペインの芸術は多彩! ロマネスクのマリア像から奇行のダリまで 

スペイン、バルセロナは パリにも負けない芸術の都  

私のスペイン北部の旅の総まとめとして  幾つかの芸術作品に触れておきたいと思います~







01.    13から15世紀のゴシック様式の建物が並ぶ 「 ゴシック地区 Barri Gotic 」、

モンカダ通りに 「 ピカソ美術館 Museu Picasso 」 がある。

01







02.    「 建築士会館 Collegi d’arquitectes 」 (写真上 ) の 

モダンなファサードには ピカソのデッサンが 拡大して彫られている。



中世の貴族の館を改装した 「 ピカソ美術館 」 (写真下) は 人気のスポット。  


16歳時の 「 科学と慈愛 」 や ’ 青の時代 ’ のものなど  初期の写実的な作品も展示され 

一般的なピカソの概念を良い意味で裏切る 価値ある美術館でした ~  

02

(   ピカソ美術館   ここは中庭部分、 内部は No Photo でした ~  ) 







03.      「 カタルーニャ美術館 Museu Nacional d’Art de Catalunya 」

ここには  ロマネスク、ゴシックなど カタルーニャ美術の粋が集められている。



「 全能のキリスト (12C) 」 タウイの聖堂の祭壇壁画を移築したもの。  

真っ直ぐな眼差しで正面を見据える 堂々たるキリスト、 素朴な力強さが感じられる。

03







04.     バルセロナの守護聖人 13歳のサンタ・エウラリアに加えられた 13の拷問の図

04







05.       「  聖女ユリッタと その息子キリクスの殉教の場面 (12C) 」  


のこぎりで引かれ 大釜で煮られ 釘を打たれ 剣で突かれる。    拷問が残酷である分だけ 

殉教の重さが人々に伝わり、   一層篤い信仰心を誘ったのではないでしょうか ・・

05







06.       上のような 人々を威圧したり 恐れさせる壁画の一方に 

人々を慈愛で包む 「 ヘルの聖母子像 (12C)」 ( 左側 ) のような木像もある。

  

実際 カタルーニャの山奥の 古びたロマネスク教会などで、 木彫の聖母子像に出会うと 

ホッと救われるような しみじみしたものを直に感じたものでした。   


美術館で見るのも良いが、  ” やはり 野に置け聖母子像 ” かも知れない ・・  

06







07.     ピレネー山麓に点在する中世からの村々には ロマネスク様式の小さな聖堂がある。  

あるものは 崩れ去り、 あるものは こうして祭壇そっくり バルセロナに移築され展示されている。



こちらも  ” やはり野に置け ロマネスク ”  と言いたいところですが、

人類の遺産は こうでもしないと 簡単に失われてしまうものですしネ ・・・

07







08.      カタルーニャ美術館には 中世以降の絵画や彫刻も 多々収蔵されている。

魅力的なフォルムです !

08







09.         こちらも 素晴らしき表現力 !

09







10.    さて、次は 「 ダリ美術館 Dali Real Circulo Artistico Barcelona 」

ピカソ美術館が 押すな押すなの盛況だったのに比べ、 ダリの方は閑散としていました。


変人のダリは 人々に 初めから 毛嫌いされているのかも知れない ・・

10







11.      水彩画 版画 ペン画 写真 彫刻 オブジェ 絵皿など 700点を越える作品が

所狭しと飾られている。  ジャンルにとらわれない自由な作品群は まるでダリの分身そのものなのかも 。。

11







12.       奇行で有名なダリですが  こんな ’ 現代的奇行 ’ もやっている

12







13.      平素 私も へんてこりんな作品ばかり目にしてきましたが、 


生で見ると デッサンは意外と繊細な線で描かれ 上手だし、 

1970年代の彫刻コレクションからも ダリならではの 溢れんばかりの天才的想像力が伝わって来た。 

13







14.         ” スペインの光と影 ”  とは言うけれど 

その いろんな意味での ’ 寒暖の差 ’ が ものを芳醇にするのかも知れない。 

14





そして、 スペインが 何度でも来てみたくなる 魅力たっぷりな国である理由も

その ’ 寒暖の差 ’  にあるのかも知れない  ・・


                            

« 今日の絵画  《 Begonia in the mirror 》 | トップページ | 東京大学農学部、ハチ公 やっとご主人に会えました! »

活気のバルセロナ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
芸術のことはてんで疎いのですが、拷問の図と殉教の絵は「人間、こんなに残酷になれるものなのか!」と、目を疑いました。
まだ13歳の少女に、そして幼い子供に・・・。
しかし現代においても、宗教の名の下に過激なことをする人々もいます。
今も昔も変わらない、ということなのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の絵画  《 Begonia in the mirror 》 | トップページ | 東京大学農学部、ハチ公 やっとご主人に会えました! »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック