« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月24日 (金)

スペインの芸術は多彩! ロマネスクのマリア像から奇行のダリまで 

スペイン、バルセロナは パリにも負けない芸術の都  

私のスペイン北部の旅の総まとめとして  幾つかの芸術作品に触れておきたいと思います~







01.    13から15世紀のゴシック様式の建物が並ぶ 「 ゴシック地区 Barri Gotic 」、

モンカダ通りに 「 ピカソ美術館 Museu Picasso 」 がある。

01







02.    「 建築士会館 Collegi d’arquitectes 」 (写真上 ) の 

モダンなファサードには ピカソのデッサンが 拡大して彫られている。



中世の貴族の館を改装した 「 ピカソ美術館 」 (写真下) は 人気のスポット。  


16歳時の 「 科学と慈愛 」 や ’ 青の時代 ’ のものなど  初期の写実的な作品も展示され 

一般的なピカソの概念を良い意味で裏切る 価値ある美術館でした ~  

02

(   ピカソ美術館   ここは中庭部分、 内部は No Photo でした ~  ) 







03.      「 カタルーニャ美術館 Museu Nacional d’Art de Catalunya 」

ここには  ロマネスク、ゴシックなど カタルーニャ美術の粋が集められている。



「 全能のキリスト (12C) 」 タウイの聖堂の祭壇壁画を移築したもの。  

真っ直ぐな眼差しで正面を見据える 堂々たるキリスト、 素朴な力強さが感じられる。

03







04.     バルセロナの守護聖人 13歳のサンタ・エウラリアに加えられた 13の拷問の図

04







05.       「  聖女ユリッタと その息子キリクスの殉教の場面 (12C) 」  


のこぎりで引かれ 大釜で煮られ 釘を打たれ 剣で突かれる。    拷問が残酷である分だけ 

殉教の重さが人々に伝わり、   一層篤い信仰心を誘ったのではないでしょうか ・・

05







06.       上のような 人々を威圧したり 恐れさせる壁画の一方に 

人々を慈愛で包む 「 ヘルの聖母子像 (12C)」 ( 左側 ) のような木像もある。

  

実際 カタルーニャの山奥の 古びたロマネスク教会などで、 木彫の聖母子像に出会うと 

ホッと救われるような しみじみしたものを直に感じたものでした。   


美術館で見るのも良いが、  ” やはり 野に置け聖母子像 ” かも知れない ・・  

06







07.     ピレネー山麓に点在する中世からの村々には ロマネスク様式の小さな聖堂がある。  

あるものは 崩れ去り、 あるものは こうして祭壇そっくり バルセロナに移築され展示されている。



こちらも  ” やはり野に置け ロマネスク ”  と言いたいところですが、

人類の遺産は こうでもしないと 簡単に失われてしまうものですしネ ・・・

07







08.      カタルーニャ美術館には 中世以降の絵画や彫刻も 多々収蔵されている。

魅力的なフォルムです !

08







09.         こちらも 素晴らしき表現力 !

09







10.    さて、次は 「 ダリ美術館 Dali Real Circulo Artistico Barcelona 」

ピカソ美術館が 押すな押すなの盛況だったのに比べ、 ダリの方は閑散としていました。


変人のダリは 人々に 初めから 毛嫌いされているのかも知れない ・・

10







11.      水彩画 版画 ペン画 写真 彫刻 オブジェ 絵皿など 700点を越える作品が

所狭しと飾られている。  ジャンルにとらわれない自由な作品群は まるでダリの分身そのものなのかも 。。

11







12.       奇行で有名なダリですが  こんな ’ 現代的奇行 ’ もやっている

12







13.      平素 私も へんてこりんな作品ばかり目にしてきましたが、 


生で見ると デッサンは意外と繊細な線で描かれ 上手だし、 

1970年代の彫刻コレクションからも ダリならではの 溢れんばかりの天才的想像力が伝わって来た。 

13







14.         ” スペインの光と影 ”  とは言うけれど 

その いろんな意味での ’ 寒暖の差 ’ が ものを芳醇にするのかも知れない。 

14





そして、 スペインが 何度でも来てみたくなる 魅力たっぷりな国である理由も

その ’ 寒暖の差 ’  にあるのかも知れない  ・・


                            

2015年4月17日 (金)

今日の絵画  《 Begonia in the mirror 》

桜の季節は 南から北へ 駆け抜けようとしています

今日はベゴニアを愛でながら、 室内の穏やかな春を デッサンしてみました ~




 《  Begonia in the mirror  》   木炭デッサン

Begonia_in_the_mirror

2015年4月10日 (金)

バルセロナの守護聖人は13歳の乙女エウラリア、街の乙女も可愛い!

今や 世界で一二を争う人気の観光地 バルセロナ。   物珍しい建物ばかりでなく、 

いろいろな人々を見て歩くのも とても楽しいことです !







01、     はち切れんばかりの若いエネルギー!    イギリス人やフランス人とは全然違う、

同じ地中海を挟むイタリア人とも ちと違う、  彼らは そうスペイン人 ~

01







02.        「 ランブラス大通り La Rambla 」 いつも 人で溢れてます。

02







03.     その大通りの 行き着くところ、 地中海に面して 「 ポルタル デラ パウ広場 

Pl.Portal de la Pau 」 がある。

03







04.            スナップ写真、 いい思い出になりそうですね ・・・

04







05.     「 王の広場 Placa del Rei 」   

この広場で、 スペインを統一した女王イザベルが 新大陸を発見したコロンブスを謁見した。


周りを取り囲む建物は 「 レイアール・マジョール宮殿 Palau Reial Major 」 14C

 


女の子の赤いドレスの 
東洋風の模様は 牡丹と 笹のような竹のような 、、、   

05







06.     スペインリーグのサッカーのユニフォームは ’普通の土産物店’ か ’オフィシャルショップ’ 

で買えますが、 オフィシャルなら認定証が付いてます。    どちらがいいかは お値段との相談 ! 


両者は  店構えと 販売員が移民系かスペイン人かで すぐに見分けが付きます。  




’ 人気者メッシのユニフォーム ’ は 子供用から大人用まで 簡単に見つかるけど 、 

玄人好みの選手のは簡単には見つからない。 でも お姉さんに頼むと その場でプリントしてくれますよ~

06







07.     1992年の バルセロナオリンピック以前、 バルセロナは 雑然とした工業地帯で

空気も風紀も汚れた 言わば ’ 危ない ’ 街でした。  オリンピックを契機に 大掛かりな再開発がなされ、


大通りを中心に市内の様相は美しく一変、  海岸も 工場群の代わりに 数キロに及ぶリゾート海岸が作られ 

すっかりお洒落なバカンス基地となりました。 

07







08.     ただし、今でも 観光客にとって ’ 危ない ’ ことには変わりなく、 入り組んだ小路など

近づかない方がよいエリアもある。     巧い話に騙されるとか置き引きなどには 注意の余地があるけれど、

いきなり体当たりされたという日本人夫婦の話も 実際聞きました ~ 

08







09.      ところで、 バルセロナの守護聖人は13歳ということですが、 彼女達って13歳くらい?

09







10.     バルセロナは ガウディ、ピカソ、ダリなど ビッグネームを輩出した街で、


昔も今日も 偉大な芸術家の苗床であり続けている。 美術学校の学生さんが 通りでスケッチしてました。

10

 







11.       「 レイアール広場 Placa Reial 」 昔の修道院を改造して出来た広場で、

今は レストランやカフェが 四方をぐるりと取り囲んでいる。   



どのカフェにするか迷いましたが、  私達が選んだ店では メニューに ” ハンドカット ” と

書いてあったのに、  ビニールパックからそのままパカッと皿に盛ったイベリコハムが出て来て  

大失敗の巻でした ~ 

11







12.     バルセロナには サグラダファミリアの他に もっと古い 由緒正しき大聖堂がある。

バルセロナの守護聖人 サンタ・エウラリア Santa Eulalia を祀る 

「 カテドラル Catedral 」( 1298~1448年完成 ) がそれだ。






バルセロナ到着後 私が早速ホテルの部屋の窓を開けると、 広場の真向いに 聖堂の 堂々たる尖塔が

目に飛び込んで来た。    同時に 広場から音楽が聞こえ、「 サルダーナ 」 を踊る人々の輪が 

木陰越しに見え隠れした。          そして 早速カテドラルを訪れると 

普通の聖堂と差ほど変わった点はなかった。   しかし、地下にある守護聖人 サンタ・エウラリアの墓の

石棺に刻まれた 彼女の生涯の図には 度肝を抜かれた ・・

12

( 手に天球と幼子イエスを抱く カタルーニャ独特のスタイルの「 黒マリア 」 も有名だ  )



エウラリアが13歳の時、 キリスト教徒狩りにやって来たローマ人に対して 彼女は 断固として

キリスト教の棄教を拒んだため、 ローマ人たちは彼女に 13の拷問を加えたと言う ( 3C末 )




                           




13.     彼女はナイフが突立てられた樽の中に入れられ 通りをゴロゴロと押し進められ、

乳房をナイフで切り落とされ、 X型の十字架に張り付けられ  最後は首をはねられた。



13歳といううら若き乙女が 裸で衆目の前で辱められ、 過酷な刑を科せられたことは 

想像を絶する試練だったろう。




キリスト教では カギを持っていればペテロ、 弓矢で射抜かれていればセバスチャン といった

決まりがあり、 X型の十字架磔刑像と言えば 「 エウラリア 」 を意味するのです。

13

ところで、 シュロやオレンジの緑が映える カテドラルの回廊中庭には噴水があり、 

その池に 13羽の真白なガチョウが飼われていた。

13歳という若さで殉教したエウラリアを忍んで 昔から ガチョウが飼われていると言う事でした。






                               

続きを読む "バルセロナの守護聖人は13歳の乙女エウラリア、街の乙女も可愛い!" »

2015年4月 3日 (金)

バルセロナ ”ガウディの建造物はまるで地面から生え出た生き物!”

ヨーロッパには 古くて豪華な建物が軒を連ねる街が 数多くありますが、  バルセロナのように

芸術的で個性的な建物が まるで生き物のように 地面から ’ 生え出る ’ 街は 他にないかも知れません。





01.     ワイヤーでぐるぐる巻きにされた 建物の屋上、 一瞬 工事中かとも思いましたが、 

これは立派なモダンアートのオブジェ。      想像を越える 衝撃的な自由さでした !



「 モンタネリ・シモン 出版社 Montaneri Simon 」 19C、 現在はミュージアム

01






 
02.      「 サン・パウ病院 Hospital de Sant Pau 」  写真上 は

「 カタルーニャ音楽堂 Palau dela Musica Catalana 」  写真左下 と共に 

1997年に世界遺産に登録された。   病院は老朽化で閉鎖されているが 内部は見学出来る。



「 トレ・アグバル Torre Agbar 」  写真右下 はバルセロナの水道局のビル 別名 ’ 座薬 ’

02







03.      「 カサ・バトリョ Casa Batllo 」1877年  アントニ・ガウディ作



奇妙な外観は 否応なく人々の想像力をかき立てる。     ファサードの石柱が骨に見えたり 

屋根のカーブが竜の背骨に、 窓のバルコニーが仮面に、 壁のモザイクが花吹雪に 見えたりするようだ。



いずれにせよ いろんなことを想像させる、、 それこそが ガウディの ’ 思う壺 ’ かも知れない ・・

03







04.      たまたま通りがかった女性の ジーンズの脚が 建物の枠にそっくりだ !

04







05.      上のカサ・バトリョに隣接している 「 カサ・アマトリェール Casa Amatller 」 

チョコレート職人のアントニ・アマトリェールの家だが、 隣と比べたら かなり正統的な装飾です。

05







06.     「 グラシア大通りの街灯 」 足元の石のベンチ、歩道の敷石も含め ガウディ作



19世紀末  エッフェルタワーや 多くの鉄橋・駅舎などの建設では ’ 鉄 ’ が花形となりました。 

同時期に 短期間ながら隆盛を極めた ’ アールヌーボー様式 ’ もありました。

その両方を融合させた 華やかな街灯と言えそうです。



向かい側に見えるのが ガウディ作のアパルトマン 「 ラ・ペドレラ La Pedrera 石切り場 」 

別名 「 カサ・ミラ Casa Mila 」 は 外構が幕に覆われ 改修工事中でした ~

06







07.      「 グエル公園 Parc Guell 」 は 小高い丘にある。  結構急坂ですが

山腹に設置された エスカレーターを幾つか辿って 上に登ることも出来る。

07







08.     ここは 「 グエル伯爵 」 を発注主として、 ガウディが 自らの理想の住宅公園を造る夢を

託した場所。  木々や岩肌といった自然に 奇抜な彼のアイディアを調和させた 総合芸術を目指したものの、



あまりに奇想天外な造形が 当時の人々には受け入れられず、 工事は道半ばで中断されてしまった。

08







09.     色彩豊かなタイルアートそのものは ガウディの協力者 「 ジュジョール 」 の手によるもの。


カサ・バトリョや カサ・ミラのタイル装飾などにも 彼の才能が発揮されたと言うから、 

ガウディ芸術の魅力に 大きな華を添えた彼の名も 忘れられてはならないと 思ったものでした !

09







10.           グエル公園入口

10







11.     公園の入口にある 「 グエル・パビリオンズ Guell Pavilions 」 は

砂糖菓子にも似て美味しそうな建物ですが、  周囲の ’ 鉄 ’ のフェンスも 生き物の様で面白い。

11







12.          ’ アイアンアート ’ と言えば こんな建物も 街で見つけました ~

12







13.     型に嵌らない自由な造形と魅力的な色彩感覚、 バルセロナの芸術の潮流は 

今日でも 現代建築やモダンアートに 連綿と受け継がれている。




街角の落書きだって  解体工事現場だって、 

ピカソや ダリ・モンドリアンにも負けない 芸術作品かも !

13

バルセロナに似た街を 他のどこにも見つけることが出来ないのは 
 

 ” 芸術が 地面から生え出ていて よそに移植出来ない ” からではないでしょうか ・・




つまりは   良い意味で  ”  普遍性がない   ”  
と言うこと  !?




                             

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック