« ローマの遺跡の街「タラゴナ」・ 人間ピラミッドは土台が肝心! | トップページ | バルセロナ ”ガウディの建造物はまるで地面から生え出た生き物!” »

2015年3月27日 (金)

超人気 「ガウディのサグラダファミリア 」 内部は超モダン

スペイン、カタルーニャ地方の大都会、「 バルセロナ Barcelona 」 は

今や 旅行先としての人気 世界ナンバーワンと言えそうです。     何はともあれ



まず 有名な 「 サグラダファミリア 聖家族教会 Sagrada Familia 」 を訪ねます。







01.      ここは バルセロナ市街を一望する 「 モンジュイックの丘 Montjuic 」



’ ユダヤ人の山 ’ と言う意味の この丘には カタルーニャ美術館やスペイン村などが点在しているが、

なんといっても 西側に広がる街の眺めと 東側に広がる地中海の風景が 最高に美しい。

A01







02.       北東方向に 「 サグラダファミリア 」 の尖塔が ニョキっと突き出ている。

遠くから見ても かなり個性的で すぐにそれとわかります ! 

A02







03.     市内を巡回する観光バスのバス停をネットで調べて出かけたが、 ホテル近くのバス停では

バスは止まらず びゅんびゅん素通りする。  数か月前に そのバス停が無くなったことを 


カフェのお姉さんも 八百屋のおばちゃんも お巡りさんも知らなかった。  お蔭でかなり時間をロスし

サグラダファミリアに着いたのは 11時近く。  もう入場打ち止めでした~!

A03







04.       他所を回って 3時過ぎに再びやって来た。

何年振りかで 再会したサグラダファミリアだったが、 すっかり立派になって別人の様だった。



まだ 天井に空洞があって 何者になって行くか想像も出来なかった不完全な聖堂の魅力と、 

いよいよ 完成に近づいた聖堂の魅力は   全く別物でした ・・

A04







05.       入場口がある 「 生誕の門 」 のファサードには 15体の天使の像があった。

34年もサグラダファミリアの建設現場で働いている 日本人の石工彫刻家 外尾悦郎さんの作品だ。



うち2体が 東洋人の顔つきだそうだが、        私には どのお顔も  

西洋の教会ではなかなか見かけない 穏やかな東洋風に見えました。

A05







06.      教会のファサードを 真下から  しかも至近距離から見上げるのは一苦労だ。


カメラに全体像を収めるのに苦心している そんな間にも、 観光バスが どんどんやって来た。

A06







07.     さていよいよ中に入ることに。 うわ~~ 超モダンアートだ! 想像と違っていた。


もともと 外側はシンプルな石積みで、 内部の装飾・構成物などで凝りに凝る聖堂が多いものだが

サグラダファミリアの場合、聖堂の構造体そのものが キリスト教教義の様々な要素を表現しているため、

内部に多くを頼る必要がないのかも知れない。    スッキリしてシンプルだ。




ガウディのオリジナルな設計図は焼失してしまったそうだが、  ガウディの基本志向とは別に、

建築年代に応じて 時代ごとのマインドやアート傾向が加味されることになるのも 当然かも知れない。 

A07







08.     赤いテープの内側が 祈りを捧げる人たち専用のスペースだ。  ただし、

毎日毎日 押し寄せる観光客の波の中で、 本当に心静かに祈れかどうかは疑問だが ・・




ところで、 中央祭壇の天井から吊り下げられたキリスト磔刑像、これまでの どのキリスト像とも違っていた。

上体が垂れ下がり 膝がたわんでいる。  十字架上で絶命した人間の実像をリアルに追求し、

キリストの苦難をより身近に感じられる造形になっている、と感じた。

A08







09.     ところで、ガウディが 自然から発想の源を得たということはよく知られているが、 

同時に 科学的に 独自の構造力学的合理性をも追求した。  具体的には 重りの付いた紐を吊り下げ、

安定的な構造を探る 「 逆さ吊り模型 」 という実験装置を作っていた。  



模型の上部にある鏡をのぞき込むと サグラダファミリアの尖塔のような形が見えて来る。 

A09








10.        「 アントニ・ガウディ Antoni Gaudi 、1852年生れ 」 は

1926年 6月7日、ミサに向かう途中路面電車に轢かれたが、 晩年身なりに気をつかわなかったため

浮浪者と間違われて手当てが遅れ、事故の3日後に73歳で息を引き取った と言う。




葬儀の様子など多数 写真が展示されていたが、教会地下にある彼のお墓も ガラス越しに覗くことが出来た。

A10







11.     本来エレベーターで塔の上まで登れたが とにかく待ち人の列が長くて諦め、外に出た。



ブーゲンビリア越しに 美しく静かなサグラダファミリアを見た時、 初めてホッと一息ついたものでした。

A11







12.     ガウディ没後100年の 2026年完成予定を目指して 急ピッチで建設が続いている。 



” アンダー コンストラクション ”  それが サグラダファミリアに添えられる 宿命の形容詞ですが

それもまた 勲章というものでしょう。  





すっかり完成した後の世の人々には こんな姿は 逆に想像すら出来なくなることでしょうか
ら ・・
A12

  



                              

« ローマの遺跡の街「タラゴナ」・ 人間ピラミッドは土台が肝心! | トップページ | バルセロナ ”ガウディの建造物はまるで地面から生え出た生き物!” »

活気のバルセロナ」カテゴリの記事

コメント

貴重な映像を見せていただきました。ありがとうございました。

こんばんは
TVで何度か見たことがあるサグラダファミリア、中は意外な感じがしました。
私がほんの少しだけ知っているヨーロッパの大聖堂や教会の内部と比べると、確かにおっしゃるようにモダンな感じですね。
柱やステンドグラスのデザインを見ても、本当に近代的な感じがします。
しかし、美しいものは美しい!素晴らしいものは素晴らしい!としか言いようがありません。
この素晴らしい建築物に日本人が関わっていることも誇りですね。
今夜はサグラダファミリアへのバーチャル旅行、楽しませていただきました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人気 「ガウディのサグラダファミリア 」 内部は超モダン:

« ローマの遺跡の街「タラゴナ」・ 人間ピラミッドは土台が肝心! | トップページ | バルセロナ ”ガウディの建造物はまるで地面から生え出た生き物!” »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック