« 「ザビエル城」・「何故ザビエル城近くにレストランYamaguchiが!?」 | トップページ | フエンデトードス「ゴヤの生家」 ・ 堀田善衛を読んでみました »

2015年2月27日 (金)

「サラゴサ」は巨大聖堂とゴヤの街  そして 話題のアギーレ監督の街

スペインアラゴン地方の ちょうど真ん中あたり、 エブロ川流域の大都会 サラゴサにやって来ました。



「 サラゴサ Zaragoza 」 は 12世紀来 アラゴン王国の首都として栄えた街で、

びっくりするほど巨大な 大聖堂が待っていました。







01.       「 ピラール聖母教会 Basilica de Nuestra Senora del Pilar 」

ピラール広場を挟んで、 向かい側のホテルにチェックイン。

01







02.      ヨーロッパの典型的な 天高くそびえる教会と違い、 幅120mはあろうかという 

横長の堂々たる教会で、 イスラムの面影を残すムデハル様式と ゴシック様式・バロック様式が混ざリ合い 

なんとも不思議な魅力を放っていました。




早速バルコニーから 写真を撮ることにしましたが、 大きすぎて カメラに収まりませんでした ~

02







03.    ” ピラール ” は 柱という意味で、 エブロ川で祈りを捧げるヤコブの前に 聖母が現れ、

自分を模した木像と碧玉の柱を与え ここに教会を建てよと命じたという。




39センチしかない ” ピラールの聖母像 ” は 小さいけれど 大きな聖堂の立派なご神体であるので

カメラは禁止でしたが、   お土産屋さんで そっくりに再現されたマリア像を間近かに見て 

なるほど、こういうものか・・ と、 納得しました ~ ! 

03

(  右上は ゴヤが描いたピラールのマリア、  祭壇とマリア像の写真は 紹介サイトから、 

マリアの柱の部分には 祭礼ごとに 異なる色の布が巻かれます  )







04.        ピエドゥラ橋 を渡って エブロ川の対岸から  ようやく 

ピラール聖母教会 ( 最終的な建設は1681~86年 ) の全貌を 捉えることが出来ました 

04







05.             如何にも頑丈そうな ピエドゥラ橋の向こうに  

「  大聖堂 ラ・セオ La Seo  」 の塔がそびえています。

05







06.     サラゴサは 何と言っても長い歴史を持つ街なので あちこちに ローマ時代の遺跡がある。 


                                                           




ところで 思い出すのは サッカー日本代表の前監督 アギーレ氏。  短いお付き合いでしたが

今話題になっている事件は 彼が率いた ここのクラブ 「 レアル・サラゴサ 」 にまつわるものだ。 





ハビエル・アギーレ氏 Javier Aguirre は 実はメキシコ人。  しかし 両親は

スペインのバスク地方からの移民で、 血そのものはスペイン人と言えそうです。



アギーレさんのニックネームは  ” エル・バスコ El Basco ( バスク人 ) ” 。 

画家の エル・グレコが ” ギリシャ人 ” とニックネームで呼ばれたのと似ているが、  確かに

しっかりした面構えはバスク人のそれだし、 名前もフランシスコ・ザビエルの Javier だし、

在位がもう少し長く続けば もうちょっと馴染みを感じたかも知れませんね。




良し悪しは別として   トルシエとか オシム、ザッケローニ などは 

それなりに個性的な印象を 日本人に 残して来ました ・・

06

                                        (   右上は 市場   )







07.       みんなが 代わり合ってまたがるので  馬の背が ピカピカ !

07







08.         「 アルフォンソ一世通り  」

08







09.       レストランでは 古い映画がサイレントで映し出されていました。   

動くオーナメントとでも言いましょうか、 お洒落な演出でした ~   イカ墨パスタ、ハモン・イベリコ、

アスパラの天ぷら、 どれも美味でした。  デザートの屋台が来たので、あれこれ選びましたよ 、、 

09

 







10.     さて 上の 「 ピラール聖母教会 」 の壁や天井には びっしりと彫刻や絵が

描かれていますが、 これは「 ゴヤ 」 の作品。  晩年の ’ 黒い絵 ’ の萌芽が見え隠れしています

10







11.        そう、 サラゴサは 画家ゴヤが活躍した町でもあるのです。  

11







12.       夜の 「 ピラール聖母教会 」 は 素晴らしく幻想的でした !   ところで

宮廷画家として活躍したゴヤの 生誕の地は  「 フエンデトドス Fuendtodos 」。

12






サラゴサから南に45km、 荒野の一隅に佇む 極貧の村でした。 




翌日は 急きょ、  フエンデトドスに ゴヤの生家を訪ねることにいたしました ・・



                              

« 「ザビエル城」・「何故ザビエル城近くにレストランYamaguchiが!?」 | トップページ | フエンデトードス「ゴヤの生家」 ・ 堀田善衛を読んでみました »

スペイン サラゴサとタラゴナ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
PCの調子が悪く、コメントもうまく入りません
自分で再設定したものの、不備があるからか、PCに向かってイライラしどおしです。
それはおきまして・・・

サラゴサ、初めて聞く名前の街です。
立派な大聖堂ですネェ!こんな大聖堂の真ん前のホテルにお泊りとは、素晴らしい眺めを独占ですね。
昼間の姿は荘厳で、夜はまた違った雰囲気ですね。
レストラン、サイレント映画が壁に映し出されているなんて、おしゃれですね。
食事もおいしそう (・_・)イイナァ!
今夜も見知らぬ街をバーチャル旅行、ありがとうございました。

Zaragoza、またまた初めて聞く名前の、それも大都会とか。
これはまた、手許にあるヨーロパの地図を引っ張り出す楽しみができました。
まあ、スペインの「あの辺」ぐらいは想像がついても、それ以上は1:3Mなんて地図に頼るしかありません。
今回は大都会だけあって、簡単に発見。地図の大きな文字の都市をざっと眺めればすぐに分かりました。(笑)

さて、いつも想いいたるヨーロッパの長い歴史、その歴史を残す石の建造物。
中世の美術や建築の様式も度変わる征服者たちの文明を色濃く残し、混合し、新しい様式を生み出して現在につながってきていることが良く理解できます。

ナポレオン、ゴヤ、となるともう近世、いくらかは親近感も増してきて、ほっと一息。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「ザビエル城」・「何故ザビエル城近くにレストランYamaguchiが!?」 | トップページ | フエンデトードス「ゴヤの生家」 ・ 堀田善衛を読んでみました »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック