« 「黒トリュフ市」開幕は儀式付き トリュフ探すはブタ?犬? | トップページ | 今日の絵画 《 ラルーのほとり 》 »

2014年9月26日 (金)

奇岩「モンセラット山」は カタルーニャ魂の拠り所!

スペイン バルセロナの北西50kmに 

「 モンセラット Montserrat 」(1236m) という極めて印象的な山塊がある


ガウディの 「 サグラダファミリア 」 は相当奇抜な形の大聖堂ですが、 彼がインスピレーションを得たという

このモンセラットは それに輪をかけての異形、 人為を越えた面白さがある







01.    ’ Mont ’ は山   ’ Serrat ’ は鋸引きの 、 日本にも「鋸山」がありますが

ここは 一層雄大な スペインの 「 鋸山 」 と言えそうです




車で行く場合は 山塊の西側から 直接中腹に乗り入れ(写真上)、 山塊の東側からは 鉄道や 

黄色いロープウエイで 中腹の修道院下まで登って来ることが出来る(写真下)

01







02.    「 モンセラット修道院 Al Monestir 」 の背後に迫る モンセラットの奇岩に 

最前までの雨の雲がたなびいて  一層謎めいて見えました ・・・

02







03.    1025年に この地に作られた修道院は その後も改修されつつ 発展し、  

格式の高い、熱心な巡礼者が押し寄せる人気の聖地として 不動の地位を築いて来ました。   しかし、



1812年に ナポレオン軍の略奪に遭い 荒廃、 今日の建物は 20世紀に完成したものだ

03







04.     建物は新しいが 本尊の彩色木像 「 黒い聖母 ラ・モレネタ La Moreneta(95cm)」 は 

12世紀のもの。  聖母は 透明のガラスパネルで覆われているが、天球を意味する玉を持つ右手部分には

丸く穴が開けられていて、 聖母の手に直接触れることが出来る。  



私は信者ではないけれど 檀上のマリア像までの長い列に加わり マリアの手に挨拶して来ましたよ

04







05.     さて、 修道院の向かい側の山塊には 羊飼いが 上の 「 黒い聖母 ラ・モレネタ 」 を

発見したと言う洞窟がある。      こちら側から仰ぎ見るモンセラットも なかなかの風景です !

05







06.     ケーブルカーを降りたあと、 洞窟までは 崖を水平に切り通した山道を歩いて行く



その洞窟 「 サンタ・コヴァ Santa Cova 」 に 今はお堂が出来ているが 

修道院に運ばれた ラ・モレネタの代わりに 復元された同じマリア像が置かれている 

06

 





07.    洞穴への道すがら キリストにまつわる様々な場面の 15のモニュメントが点在している

07

(  左上は ’ キリスト復活 ′をテーマとした ガウディの作品  ) 







08.    次は再び ケーブルカーに乗って 修道院よりさらに上のレベルまで登ります ~

08







09.    今回私は カタルーニャ地方のほぼ全域を回ったが、 話に聞く ’ スペインからの独立の気運 ’ 

というものを 確かに随所で感じることがありました。 




フランコ独裁時代、 特に民族意識の高い 北部のバスク地方や カタルーニャ地方は フランコから

ひどい弾圧を受けました。 しかし ここモンセラット修道院では カタルーニャ語が禁止されていた時期にも 

ずっと カタルーニャ語でミサをあげ続けたと言う。    




モンセラットは そのシンボリックな姿に相応しく  今も昔も ’ スペインの ’ ではなく、

’ カタルーニャ国の ’ 中心地であり 心の拠り所であり続けて来たのです

09







10.    ケーブルカーのサン・ジョアン山上駅の展望台から。  ここにはハイキングコースがある



モンセラット山全体に 昔の僧院が13か所点在しているが その幾つかに行けるらしい

10







11.    さて、この天然の舞台装置、モンセラットは 多くの芸術家魂を刺激して来ました



イタリア・スペインなどを旅し、小説や絵を表した文豪ゲーテは この山を「魔の山」と呼び

オペラ「パルジファル」を作曲したワーグナーは 舞台となる城を この山中に設定し、



カタルーニャ人を自称するピカソは バスク地方へのドイツ軍の爆撃を非難して「 ゲルニカ 」を描いたが、 

カタルーニャ地方のこのモンセラットからも 多くのヒントを得たと言う



他に ゴヤ ダリ ミロ グレコなど 多くの画家が イマジネーションを得たそうだ

私めも アマチュアはアマチュアなりの油彩を 一枚描かせてもらいました ・・ !

11

 
(  画面左手に 僧院が見えます   )







12.     今も80人余の修道士が生活し 多くの巡礼者が訪れる 聖地モンセラットだが 


ホテルもあるから 泊まってハイキングするもよし、 バルセロナからのワンデイトリップもよし、

観光地としても よく整備されていると感じました

12




振り返ると 武人みたいな岩々が  ” また来いよ~~ ! ”  っと 手を振ってくれた





”  ちょっと無理かも ・・    きっと もう来られないナァ ~~~   ”

« 「黒トリュフ市」開幕は儀式付き トリュフ探すはブタ?犬? | トップページ | 今日の絵画 《 ラルーのほとり 》 »

活気のバルセロナ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
数十億年という地球の歴史を垣間見ることができるところですね。
気が遠くなるような長い年月をかけて、地球という名の芸術家が作りあげた奇岩の数々…。
埴輪のように見えたり、モアイ像のようにも見えたり・・・面白いです (^_^)ニコッ!
これらの作品を作った地球も素晴らしいですが、そんなごつごつした岩山に建物や道などを造った人間も凄いと言えば凄い。

いやはや今回も楽しいバーチャル旅行、楽しませていただきました
bellaさんブログには、知らない世界がいっぱいで、いつも本当に楽しみにしています。
「次はどんなところかなぁ~?」と ( ^ω^ )!

スコットランドの例を機に、カタルーニアやバスクの独立運動が元気を盛り返すのでしょうか。
わが島国ではまったく考えが及ばないような、複雑な歴史が大陸にはあるのですね。

モンセラット山塊、自然の摂理はそれなりに素晴らしいものですが、ここに修道院を建設したことによって、多分この地は何倍も何十倍もの新しい世界が伐り拓かれたという気がします。

ゲーテからワーグナー、ダリ、ピカソ、ガウディ、そしてbellaさん(!)、とインスピレーションを与え続けてきたモセラットの岩山と修道院。ブラボーです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇岩「モンセラット山」は カタルーニャ魂の拠り所!:

« 「黒トリュフ市」開幕は儀式付き トリュフ探すはブタ?犬? | トップページ | 今日の絵画 《 ラルーのほとり 》 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック