« 「ゴッホの跳ね橋」 そして美しく逞しい「アルルの女」 | トップページ | 「エーグ・モルト」海面がピンク色! そして可愛い子供たち »

2014年8月 1日 (金)

「ゴッホが入院したアルルの病院」と「ゴッホのお菊さん」

ゴッホが 南フランスのアルルで生活したのは 1888年2月から1889年5月まで、

短い滞在でしたが 今日のアルルには 大きな財産を残したと言えそうです




生涯に1000点以上の作品を残したゴッホでしたが 

アルルでは ひまわりや糸杉ばかりでなく 彼が触れあった人物の絵も描いています






01.    「 郵便夫 ジョゼフ・ルーラン Portrait de Joseph Roulin assis 」

ルーラン夫婦については それぞれをモデルとして 複数の絵を描いていますが



ゴッホは ジョゼフの風貌がソクラテスのようで気に入ったらしく、ジョゼフの方も 後に 入院したゴッホを見舞っている

01







02.    「 ラ・ムスメ La Mousme 」  ピエール・ロティの小説「 お菊さん 」から


発想したタイトルだが、  ’ むすめ ’ という日本語に ゴッホは フランス語に翻訳できない 可愛らしさ 

優しい快活さなどのニュアンスを感じ取ったらしい

02







03.     当時の「 アルル市立病院 」 を そっくり復元したもので、 今は ゴッホのメモリアル、

「 エスパス・ヴァン・ゴッホ Espace Van Gogh 」 と呼ばれている

03







04.     1888年12月23日、 ゴッホは 例の 自らの耳たぶを切り落とす事件を起したあと

アルル市立病院に収容される。       12月30日の地方紙「 ル・フォロム・レピュブリカン 」は、



「 先週の日曜日、夜の11時半、オランダ出身のヴァンサン・ヴォーゴーグと称する画家が 娼家1号に現れ、

ラシェルという女を呼び ” この品を大事に取っておいてくれ ” と言って自分の耳を渡し姿を消した 」と報じた

04







05.     他方、ゴーギャンは ゴッホの弟テオに 来て欲しいと電報を打ってから パリに帰る。  


想像を越えるような事件の勃発に ホトホト嫌気が差したであろうが、  ゴーギャンは 友人として

やるべき最低限の義務を果たして アルルを去った ・・ 

05







06.     「 アルルの病院の中庭 Jardin de l’ Hopital a Arles 」

ゴッホが入院していた当時の病院は 16世紀以来 Hotel-Dieu Saint-Espirit と呼ばれていた。



しかし 医療の近代化に伴い 診療機能が徐々に他に移され 1986年には この病院は完全に閉鎖され、 

ゴッホ絵画センターとして ゴッホの絵を参考に 当時の病院の姿が再現されたのは つい最近のことになります

06







07.     ゴッホが アルル時代後半に住んだ 「 黄色い家 」 は 現在は跡形もないが、 



「 夜のカフェテラス Terrasse du cafe le soir 」 に描かれた 当のカフェ、

Cafe Van Gogh の方は これまた彼の絵そっくりに 1990年に再現されました

07







08.    ゴッホの跳ね橋も 病院も カフェも 平たく言えば 観光客誘致のため再建されたとは思うが、


わずかな滞在期間だったにも拘らず ゴッホが来てくれたことで ’ゴッホの町’ という大きな価値を得たアルルが

そうしたメモリアルを再建するのは 市民にとっても意味あることに違いない

08







09.     それに付けても 当時の新聞に 「 オランダ人風景画家が精神能力に狂いをきたし、

過度の飲酒で異常な興奮状態になり、住民、ことに婦女子に恐怖を与えている 」 などと報じられたゴッホが



後年、世界中で知らない人がいないような 偉人画家として 再びアルルに富をもたらすことになるとは

いったい誰が想像しただろうか ・・  ゴッホゆかりの建物などが 保存されなかったのも当然でしょう !

09

(  「 古代劇場 Theatre antique 」 紀元前1C   )






10.    さて その後 ゴッホは アルルの北東20kmにある サン・レミの精神病院に移される。



サン・レミへは プラタナスの並木道が延々と続く ・・     もともと フランスの田舎の風景は 

並木道と切り離せないが、    この長い並木道は とりわけ美しく、 心に響くものでした

10







11.     さて 先ほどの小説 「 お菊さん Madame Chrysantheme 」を書いた

ピエール・ロティ Pierre Loti は、 1885年と1900年に 実際日本に来ている


小説は 長崎で3か月暮らした 海軍士官が うら若い日本人の娘と生活した模様を 日記風に書いたものだそうだ





っと、 ここで思い出されるのが 「 蝶々夫人 Madame Butterfly 」

実際 蝶々夫人は 「 お菊さん 」が 巷で大流行したのを踏まえて、 その10年後に作られたものだ




「 お菊さん マダム・クリザンテーム 」のオペラの一部を 私は FM放送で聞いたことがあるが

「 マダム・バタフライ 」 共々、 

一種のジャポニズムの流行が こうした作品を生み出したことは間違いないでしょう

11







12.     ロティは 必ずしも日本を賛美だけしている訳でなく、 一部侮蔑の感情もあったらしいが


浮世絵などを通して日本の美に傾倒していたゴッホは、 小説「 お菊さん 」から 未だ見ぬ日本への憧れを

一層強くし、  油絵で 可愛いお菊さん ” ラ・ムスメ ” を描いてみようとしたと言う。




アルルの光や色は 日本の版画のように美しいと言ったゴッホが 本当に日本に来たらどう思ったかは別として、

日本人としては ゴッホにそんなに憧れられたことは  嬉しいような、、、 気恥ずかしいような、、、

12

さて、 ツールーズ・ロートレックが ゴッホのポートレイトを描いている





南フランス風の光と色に染まったゴッホですが  

心の中に潜む病根と頑固さもちゃんと表現されていますね ・・

       
  

« 「ゴッホの跳ね橋」 そして美しく逞しい「アルルの女」 | トップページ | 「エーグ・モルト」海面がピンク色! そして可愛い子供たち »

南仏画家の町」カテゴリの記事

南フランス アルル・ニーム・アヴィニョン」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
ゴッホの作品にまさか『むすめ  La Mousme 』という絵があるとは?!ビックリしました。
しかし日本に憧れを抱いていたというのは、嬉しいことですね。
ゴッホが入院した病院、当時はいざ知らず今では名誉なこととして、ゴッホが残した絵の通りに復元したのでしょうね。
一つの病院が近代化についていけず閉鎖されたものの、かつてゴッホが滞在し入院したということで、当時の姿で残されるのですから、病院にとっても街の人々にとっても財産になりますね。
病院だけでなく街のカフェテラスまで?!
ゴッホ様様の街ですね。
ところで、もし本当にゴッホが日本に来ていたとしたら・・・どんな作品を描いたでしょう?
ゴッホが生まれ変わったら・・・ぜひ日本で絵を描いてほしいですね。

音楽派と絵画派のイメージに分かれれるような街アルル。
住んでいた時のゴッホは、街の人たちにとってはもはや狂人そのものでしかなかったのでしょうか。
まあ、天才と狂気は紙一重とか、狂気の中で生まれた芸術。
後年、アルルがゴッホの街とされたのも、残された彼の芸術によることになった訳ですね。

アルルと言えばゴッホを思い浮かべるのに、滞在期間が1年少しと短かかったとは
びっくりです。それでもゴッホは大きな財産を町に残したのですね。
お菊さんの事は初めて知りました。
アルルの病院多分TVで見た事がありますが、庭にお花が一杯咲くのですね。
夜のカフェテラスに描かれたカフェはそっくりに再建された様ですが、お店の中には
ゴッホゆかりの物が展示されているのでしょうか?
プラタナスの並木道は本当に素敵ですね。

毎日暑くて異常な気象が続いています
bellaさんには お元気そうで !
綺麗な写真の数々に見とれながら嬉しく思います、
立秋を向かえ残暑お見舞いに成るそうですが
とてもとても・・・どうぞご自愛されてお過ごしくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴッホが入院したアルルの病院」と「ゴッホのお菊さん」:

« 「ゴッホの跳ね橋」 そして美しく逞しい「アルルの女」 | トップページ | 「エーグ・モルト」海面がピンク色! そして可愛い子供たち »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド