« 楽しい!?bellaのイラスト | トップページ | 「ゴッホの跳ね橋」 そして美しく逞しい「アルルの女」 »

2014年7月18日 (金)

「セザンヌが愛したサントヴィクトワール山」ひと気もなくホテルもなく・・

エクサンプロヴァンスの東側に 画家 ポール・セザンヌが 40点余の作品を残した

「 サントヴィクトワール山 Montagne Sainte Victoire 」 がある






01.     エクスの街を出て 10分も走ると サントヴィクトワール山が見えてくる

斜めに傾いだ松の木が 早速 セザンヌの絵を彷彿とさせる

01






02.     「 サントヴィクトワール山と大きな松の木 1885年 」  


この地域は風が強いのだろうか、 それとも 松の木の本性だろうか、 

枝先の自由奔放な暴れ方が 絵画のモチーフとして打ってつけだ ! 

02






03.      白い石灰岩で出来た「 サントヴィクトワール山 」 は 幅5km 

方位的にもぴったり東西に18km連なっている。  この辺りが ほぼ 連山が始まる地点です

03

 






04.    日の当たり方によって 白さがひと際輝く。    「 サントヴィクトワール山 」は

13世紀には 既に聖なる山として崇められ 山頂に教会が建てられた。 小さく十字架が見えますね

04







05.    いつも驚かされるのだが、 ヨーロッパの山々や岩壁の どれほど孤絶した所にも 

あまねくキリスト教が触手を伸ばしている。  このサントヴィクトワール山も セザンヌ時代のずっと前から 

聖なる山だったことが  近づくと ひしひし実感として伝わって来る

05






06.     ロバや馬などが 放牧されている     山脈はこの先も東へと続く ・・

06







07.    セザンヌは 西側から見た 三角形の 横顔のサントヴィクトワール山を多く描いている

彼の時代には車は無かった訳で このあたりまでは 彼は殆ど来なかったのではないだろうか

07






08.     先程の十字架が 遥か西側へ遠ざかり、光も逆光気味となって来た

高さ19mのこの 「 十字架 La Croix de Provence 」は 1875年に建てられたもの

08

 





09.     さて、 この日は この付近で泊まろうと、ホテルを探した

世界に冠たるサントヴィクトワール山だ、 ホテルなど うじゃうじゃあるのではないかと想像していた ・・



ところが 山裾には ホテルどころか村も家もない。 

ようやく見つけた一軒のレストランで ボンジュールと声を張り上げたが シーンと応答がない

09







10.     ところで セザンヌはりんごの絵も 60枚ほど描いている 

この絵でも りんごがテーブルから落ちそうだが 不思議な均衡が保たれている



「 自然の形を円筒と球と円錐とで処理せよ 」といった 彼の諸々の絵画技法の話は別として、  

一つだけ特筆するとしたら

右上の布の塊りは 紛れもなく彼の 「 サントヴィクトワール山 」だ と言うことだ



テーブルクロスとか 山高帽などに 彼はサントヴィクトワール山を 忍び込ませたらしい

セザンヌの絵を見る 小さな楽しみが見つかりそうですね ・・ 

10







11.     さて、有名なサントヴィクトワール山付近が 何故 あのように閑散としていたのか・・



実は 山の向かい側には 「 高速増殖炉を持つ ラプソディー原子力発電所 Rapsodie 」があるのです !

1967年に初の臨界に達したあと 1983年に発電所は閉鎖され、  現在は 煙突から水蒸気の煙が

出ているだけで、 美しいラベンダー畑に囲まれ のんびりした様相を呈しているらしいが、 



いずれにせよ このあたりは 

もともと ” 観光地ではなく 原子力発電所用地として選ばれるような地域であった ” ということなのです・・ 

11


サントヴィクトワール山の 少し高い所に登らないと発電所は見えないので、 参考として 

同じプロヴァンスにある 「 マルクール トリカスタン発電所 」の写真を掲載しました







12.    原子力発電大国のフランスには 数多くの発電所があるが、 興味深いのは 海沿いよりも

ローヌ川 ロワール川 ガロンヌ川 セーヌ川など 内陸の川沿いに多くの 原子力発電所があるということ。



技術的なことは難しくてよくわからないが、 日本とは地形が はなはだ異なっていることだけは確かだろう

12




結局、 その日は さらに20数キロ東へ進み、 マグダラのマリアの遺骨が納められた

バシリカ聖堂がある 「 サン・マキシマン・ラ・サント・ボーム 」 という町の星付きホテル・レストランで 



これぞ伝統的フランス料理 ! というものを いただく結末と相成りました ~
    

« 楽しい!?bellaのイラスト | トップページ | 「ゴッホの跳ね橋」 そして美しく逞しい「アルルの女」 »

南仏画家の町」カテゴリの記事

南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
セザンヌについてはよく分かりませんので、景色を見て楽しんでいます (^_^)!
このあたりの山、アルプスとはずいぶん異なりますね。
雪がないからかもしれませんが、山そのものの石や土が違うからでしょうね。
そしてあの十字架以外は、人工物が見当たらないですね。
理由を聞いて納得。しかし日本では原発近くにも住民は暮しているわけで、その辺りが国土の問題なのでしょうね。
そしてたどり着いたホテル・レストラン、どれも美味しそう・・・(・_・)イイナァ
私は未だこのような料理を口にしたことがありません (>_<)!

サントヴィクトワール、もしかして、ぼくらはセザンヌによって親近感を抱いてきただけで、
意外と、ただの荒廃した石灰岩の山であったのでしょうか。
山の中腹から上は牧草も生育していないようですね。
それにしても、すでに廃止された原子力発電所の立地であったとは、セザンヌロマンとは、ちょっとかけ離れて、唖然。
この国では、原発の冷却水が川で賄われることが多いのも初耳でした。
サントヴィクトワールの近くが閑散としていたお陰でリッチなホテル、ラッキーでしたね。

サントヴィクトワール山の上に十字架があったり、こんなにも白い山で
あったとは知りませんでした。
以前小生の友人もこの近くに行き写真を撮って送ってくれましたが、
セザンヌの絵の場所に近いところで撮った写真か、白い山であることは
わかりませんでした。
この山の近くに原子力発電所があるとは、さすがフランスですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 楽しい!?bellaのイラスト | トップページ | 「ゴッホの跳ね橋」 そして美しく逞しい「アルルの女」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック