« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

「ゴッホの跳ね橋」 そして美しく逞しい「アルルの女」

 
「 アルル Arles 」 は 伝統を守る南仏・プロヴァンス地方でも とりわけ個性的な街、




ビゼーの戯曲 「 アルルの女 」 や ゴッホの数々の名画などを思い出すが

町の歴史は非常に長く、 紀元前まで遡れる







01.   アルルは ローヌ川と地中海と風の作用によって生まれた「 カマルグ La Camargue 」

と呼ばれる 沖積平野の縁にある

01






02.    「 円形闘技場 Arenes 」、  アルルがローマ時代の首都だった 紀元75年頃の建造



もう2000歳以上だという その石肌は 何とも言えない風合いだ 

02







03.    アレーナの観客席は時代ごとに改修され 今も闘牛やフェスティヴァルに使われている。



因みに カマルグ式と呼ばれるアルルの闘牛は 牛を殺さず 牛の首から紐を外す競技だそうだが

他に ’ ちゃんと牛を殺す ’ スペイン式闘牛も 年に数回行われる

03

(  アレーナの外側は 楕円形の道路に沿って  店屋などが 続いている   )







04.    「 ラングロア跳ね橋 Le Pont d’Langlois 」   

1912年当時の橋を 場所も変えて 再現したもの

04








05.     ゴッホは弟のテオに    ” 様々な色の上着と帽子を身に着けた洗濯女たち、 

青い川の水と緑の草が生えるオレンジ色の土手、 橋を渡る小さな馬車が青い空にシルエットとなる、

そんな絵を 今日3月15日(1888年)描いた ”  と手紙を送っている

05







06.     さて、 市庁舎では 2組の ’ アルルの女 ’ の結婚式がありました



花婿 花嫁 双方の両親を交えて記念写真 ・・

06







07.      こちらは 父親が消防署関係でしょうか・・   カッコいいですね!

07







08.     華やぐ広場の向こうは 「 サン・トロフィーム教会 Eglise St-Trophime 1080年 」


正面入口の 「 ポルタイユ Portail 」 は 12C末のプロヴァンスのロマネスク様式の傑作とされます

08







09.     外の喧騒をよそに 「 内庭の回廊 Cloitre 1150年 」は 光と静けさに満たされて ・・

09








10.     さて ” アルルの女 (Arlesienne アルルジエンヌ )” は 美人で有名です

特にアルルの「 衣装祭り 」では、 民族衣装に身を包んだ女性達が  さらに 一層の魅力を放つ !



このようなクラシカルな髪形やレース襟が 万人を美人に仕立てるのは間違いないようですが 

祭りの期間中 彼女らは このドレス姿で 馬に乗ることだってあるのです ! 




’ アルルの女 ’ の真髄は 単に美しいばかりでなく、普段着の女性たちのように 逞しいという側面もありそうです

(   折り畳みが出来る赤い麦わら帽は ローカル色があっていいですね ~!   )

10







11.    ゴッホとゴーギャンも1888年11月に アルルの女、 ジヌー夫人 Madame Ginoux

を一緒に描いている。  ゴーギャンがマダムの向かって左側に ゴッホが右側にいたことがわかる。




ゴーギャンは その場でさっさとデッサンを仕上げて 後日油彩で仕上げたが、 

ゴッホは例によって  絵が完成するまで 現場で描いた

11







12.    因みに ジヌー夫人は ゴッホが間借りしていた カフェドラガール Cafe de la Gareの

女主人で、 当初 大家と間借り人という事務的間柄でしかなかったが、 



ブルターニュのポンタヴェンから  ゴーギャンが到着した途端、その関係が一変する。

礼儀正しいゴーギャンの態度に マダムの心が 即打ち解け 絵のモデルになることも快諾したという次第。




絵の描き方でも人間関係でも 不器用で融通の利かないゴッホと 

一旦物事を ’ 形而上 ’ に置き換えて 再処理できるゴーギャンと 

うまく行くはずのない間柄だったなあと 今更ながら 思ったものでした

12

街角で 主を待つ 自転車と編みかご。   ビニールやポリエステルに取って代わられない文化。




これぞアルル、 これぞプロヴァンス、  そして 絵に描いてみたいようなシーンでもありました ・・・



                                         

 

2014年7月18日 (金)

「セザンヌが愛したサントヴィクトワール山」ひと気もなくホテルもなく・・

エクサンプロヴァンスの東側に 画家 ポール・セザンヌが 40点余の作品を残した

「 サントヴィクトワール山 Montagne Sainte Victoire 」 がある






01.     エクスの街を出て 10分も走ると サントヴィクトワール山が見えてくる

斜めに傾いだ松の木が 早速 セザンヌの絵を彷彿とさせる

01






02.     「 サントヴィクトワール山と大きな松の木 1885年 」  


この地域は風が強いのだろうか、 それとも 松の木の本性だろうか、 

枝先の自由奔放な暴れ方が 絵画のモチーフとして打ってつけだ ! 

02






03.      白い石灰岩で出来た「 サントヴィクトワール山 」 は 幅5km 

方位的にもぴったり東西に18km連なっている。  この辺りが ほぼ 連山が始まる地点です

03

 






04.    日の当たり方によって 白さがひと際輝く。    「 サントヴィクトワール山 」は

13世紀には 既に聖なる山として崇められ 山頂に教会が建てられた。 小さく十字架が見えますね

04







05.    いつも驚かされるのだが、 ヨーロッパの山々や岩壁の どれほど孤絶した所にも 

あまねくキリスト教が触手を伸ばしている。  このサントヴィクトワール山も セザンヌ時代のずっと前から 

聖なる山だったことが  近づくと ひしひし実感として伝わって来る

05






06.     ロバや馬などが 放牧されている     山脈はこの先も東へと続く ・・

06







07.    セザンヌは 西側から見た 三角形の 横顔のサントヴィクトワール山を多く描いている

彼の時代には車は無かった訳で このあたりまでは 彼は殆ど来なかったのではないだろうか

07






08.     先程の十字架が 遥か西側へ遠ざかり、光も逆光気味となって来た

高さ19mのこの 「 十字架 La Croix de Provence 」は 1875年に建てられたもの

08

 





09.     さて、 この日は この付近で泊まろうと、ホテルを探した

世界に冠たるサントヴィクトワール山だ、 ホテルなど うじゃうじゃあるのではないかと想像していた ・・



ところが 山裾には ホテルどころか村も家もない。 

ようやく見つけた一軒のレストランで ボンジュールと声を張り上げたが シーンと応答がない

09







10.     ところで セザンヌはりんごの絵も 60枚ほど描いている 

この絵でも りんごがテーブルから落ちそうだが 不思議な均衡が保たれている



「 自然の形を円筒と球と円錐とで処理せよ 」といった 彼の諸々の絵画技法の話は別として、  

一つだけ特筆するとしたら

右上の布の塊りは 紛れもなく彼の 「 サントヴィクトワール山 」だ と言うことだ



テーブルクロスとか 山高帽などに 彼はサントヴィクトワール山を 忍び込ませたらしい

セザンヌの絵を見る 小さな楽しみが見つかりそうですね ・・ 

10







11.     さて、有名なサントヴィクトワール山付近が 何故 あのように閑散としていたのか・・



実は 山の向かい側には 「 高速増殖炉を持つ ラプソディー原子力発電所 Rapsodie 」があるのです !

1967年に初の臨界に達したあと 1983年に発電所は閉鎖され、  現在は 煙突から水蒸気の煙が

出ているだけで、 美しいラベンダー畑に囲まれ のんびりした様相を呈しているらしいが、 



いずれにせよ このあたりは 

もともと ” 観光地ではなく 原子力発電所用地として選ばれるような地域であった ” ということなのです・・ 

11


サントヴィクトワール山の 少し高い所に登らないと発電所は見えないので、 参考として 

同じプロヴァンスにある 「 マルクール トリカスタン発電所 」の写真を掲載しました







12.    原子力発電大国のフランスには 数多くの発電所があるが、 興味深いのは 海沿いよりも

ローヌ川 ロワール川 ガロンヌ川 セーヌ川など 内陸の川沿いに多くの 原子力発電所があるということ。



技術的なことは難しくてよくわからないが、 日本とは地形が はなはだ異なっていることだけは確かだろう

12




結局、 その日は さらに20数キロ東へ進み、 マグダラのマリアの遺骨が納められた

バシリカ聖堂がある 「 サン・マキシマン・ラ・サント・ボーム 」 という町の星付きホテル・レストランで 



これぞ伝統的フランス料理 ! というものを いただく結末と相成りました ~
    

2014年7月11日 (金)

楽しい!?bellaのイラスト

油彩や水彩といった絵画ばかりでなく ” イラストレーション ” も

奥の深い、楽しい芸術です

今回は bellaのイラストを 数点、 引き出しの奥の方から 引っ張り出してみました ~


01.      アメリカ東海岸 ボストンに近い 小都市 「 セーラム Salum 」 の 観光案内の

パンフレットを作ってみる、という作業



この町には ” 魔女狩り ” の嵐が吹き荒れた時代がありました

Photo







02.      表紙と裏表紙 二つ折りにするパンフレットという設定

Photo_2








03.      町の主な観光ポイントをざっとアピール 

Photo_3









04.      セーラムの中心にある 魔女の像

Photo_4







05.       移民時代の帆船

Photo_5







06.       魔女の地下牢博物館の入口で

Photo_6


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆






07.       さて、最後に 雰囲気を ガラリと変えまして 「 徳島阿波踊り」 のポスター

電車の天井近くから 吊り下げるという設定 

Photo_7




こんなポスター一つですが、 男踊り、女踊り、その衣装や小物、 ” 連 ” ごとの特徴



いろんなことを調べて 大変でしたが、  また 同時にとても楽しい ひと時でした ・・・

2014年7月 4日 (金)

エクサンプロヴァンス こんなお洒落な「朝市」見たことない! 

「 エクサンプロヴァンス Aix-en Provence の朝市 」は 

毎週火木土の午前中  ミラボー大通りで開かれる



いかにも 南仏・プロヴァンスらしい 明るく華やか お洒落な朝市でした







01.    このミラボー通りは パリのシャンゼリゼー通りのお手本となったそうですが、

見事なプラタナスの並木にすっぽり覆われて、シャンゼリゼ通りより ずっと趣きがある



この噴水 ( 1734年 ) からは 34度の温泉が出ている。 

2000年前、ローマ人もその源泉の効能を認めたものだという

01







02.     朝市が始まる地点で 顔を白塗りにする怪しい人物 !  一方、こちらは

ちょっぴりお酒臭い 赤ら顔のジャックなる人物。   彼の隣りで サンドイッチを食べた。   



シャンゼリゼ通りの手本という話は 実は彼から仕入れたもの ! セザンヌの話も聞きこんだ

02







03.     ジャム屋さん  1瓶5ユーロだが 4瓶なら18ユーロ

03







04.     ハーブなどが入った 匂い袋 「 サシェ 」 手描きの絵が とてもお洒落です

04







05.       陶器  図柄も色も様々で どれも個性的、、  カラフル、、

05







06.     帽子屋さん

06







07.     プロヴァンスの布地は 昔から 麦、ラベンダー、セミなど 一定の伝統的な図柄が

決まっているが、 ここの布地は デザインがなんとなくモダンで新鮮で、 早速お買い上げ!




彼女自身がデザイナーでした。 日本の「With」という雑誌の取材を受け、9月号に載るのだとか!

( 後日談ですが 9月号にも10月号にも 載らなかったのです・・・  

’ 編集の都合 ’って事情が きっとあるのでしょうね  )

07







08.     マルセイユ石鹸   こちらもお買い上げ!  でも少々荷物が重くなりました~

08







09.     さて こちらは ’9筒の噴水’ 1691年   エクサンプロヴァンスは噴水の街



街中に様々な噴水がちりばめられている。  噴水の数だけロマンチックな恋物語があるかも知れません

中年カップルだって OKです!

09







10.      噴水の傍で恋を語らったあと キラキラ ガラスの指輪を買うもよし、、

10c







11.     プロヴァンスの花々の香りが漂う香水を買うもよし、、

11







12.      朝市の向こうの端っこまで行き  また踵を返した 

こんなお洒落な朝市は 滅多にお目にかかれないと、 すっかり興奮気味の私




戻って来たら 先ほどの白塗り仮面 壁に背をもたれ 日陰に座っていました~  楽ちんそう!?

12



ミラボー通りは 17世紀に 四輪馬車を走らせるために 古い城壁を壊して作ったそうだ




この老プラタナスも貫録十分。   古女房のお尻に見えるなんて言わないでください!!
 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック