« 「マルセイユの朝市」そして「仏国歌ラ・マルセイエーズ」 | トップページ | エクサンプロヴァンス「人嫌い・セザンヌのアトリエ」 »

2014年6月20日 (金)

「イフ島」巌窟王の作者A・デュマは黒人奴隷の血を引いていた!

マルセイユの旧港から 南西に3km、シャトー・ディフ( Chateau d’If、イフ城 )行きの遊覧船が

出ている。   イフ島は 島全体が 要塞城となっているため そう呼ばれている







01.   片道20分ほどの航路だが、 船賃は往復で10ユーロ、城への入場料が5ユーロだ

6月の地中海、風を切って走る爽快さは ただ事ではない !

01







02.    旧港の入江を抜けるあたりで 11Cに建てられたバシリカ聖堂や 二コラ要塞が

船の出入りに 睨みを利かせていた。    マルセイユはやはり 古い街なのだなあ、、、、

02







03.    さて いよいよイフ島到着です。  イフ城は もともと 外敵からマルセイユの港を

守るため建てられたものでしたが、 やがて時を経て、 政治犯や宗教的犯罪者を収容する監獄という

役目を担うことになりました




潮の干満に合わせて出航する小舟の出口の鉄柵が 早くも牢獄をイメージさせる !

03







04.    ところで このイフ島に降り立った観光客は十数人。 残りの大多数は 船を降りる気配がない。



満員の乗客に さすがイフ島は人気だなあと思いきや、 バカンスを楽しむ人々には 別の目的地があったのです

04







05.     1531年に 要塞としての建設が完了した シャトー・ディフ(イフ城)でしたが、 

孤島という立地と 海流の複雑さから 脱獄が難しいと言う理由で、 牢獄となった訳ですが



ゴツゴツした白い岩肌と 無表情な石の城壁が 如何にもそれらしい雰囲気を醸し出していました ~

05







06.     とりわけ この島が有名になったのは、1844年に出版された アレクサンドル・デュマの小説

「 モンテ・クリスト伯 (巌窟王)」に負うところが大きい。   主人公の 船乗りエドモン・ダンテスは 

無実の罪で この地下牢に 14年間も収監されたという設定になっている  

06

   






07.     ダンテスは 獄中生活の中で 隣りの牢のファリャ神父に 学問と宝のありかを授けられる。 

神父の死後 島の脱走に成功したダンテスは 莫大な財宝を探し当て、 「モンテ・クリスト伯爵」と名を変え 

パリの社交界に登場する。    そして 復讐を開始するという痛快な筋立てになっている

07

(  牢獄としての役割を終え、一般公開が始まったのが 1890年9月のこと  )






08.     ところで「 三銃士 」や「 モンテクリスト伯 」を書いたのが 大デュマ 

Alexandre Dumas,pere(父)であり、       「 椿姫 」を書いたのが 小デュマ

Alexandre Dumas,fils(息子)だ。      そして、 二人には

なんと 黒人奴隷の血が流れており、 特に 大デュマは 当時 ” 褐色の文豪 ” と呼ばれていた




侯爵として 身分も高かった彼の祖父だが、 ある時 西インド諸島に出かけ 農場経営に乗り出した。

その時 現地の黒人女奴隷との間に4人の子を設ける。その長男が 大デュマの父親だった、という経緯なのだ。 



西インド植民地生まれの白人を 一般にクレオール Creoleと言うが、 父親がまさにそれだった

08

(  海溝を隔てて、 独特な形のマルセイユのシルエットが浮かんでいる  )








09.    世間的には 黒人奴隷の子孫として差別を受けた人生だったが、 一方で 大デュマは、 

190cmの上背があり 賢く 絶世の美男だった父親に 強い憧れと誇りを持っていた。 


アレクサンドル・デュマが 小説家・劇作家として成功を収めた陰には こうした弱点とも強みとも言える

人生の複雑なもろもろのファクターが 肥やしとなって 絡み合っていたのかも知れない 






因みに 高級娼婦を主人公とした 息子・小デュマの小説 「椿姫」も、 社会的成功者としての

華やかな側面と、 黒人・娼婦などへの 社会の差別を 身を以って経験したものが 土台となって

いたのかも知れない

09

(   イフ島に別れを告げ 帰りの便に乗りました    )








10.     帰りは フリウル Frioul 諸島の別な島に立ち寄ってから マルセイユ港に戻った。



牢獄のイフ島とは異なり、  こちらの島は 海のレジャー施設が充実した 華やかなバカンス基地に

なっているのだろう。       ゾロゾロと 殆どの乗客が降りてしまった !

10







11.           マルセイユ旧港に戻ってホッとしました ・・         ところで、

白人と黒人の血が混じった ” クレオール ”、 アレクサンドル・デュマが どんな顔だったか気になりますよね





彼は今 パリ5区の フランスの偉人たちを祀る「パンテオン」に埋葬されている。 同じく 牢獄として使われた 

ノルマンディー地方の モンサンミッシェル島の素晴らしさを見い出し 世間に知らしめた 文豪ヴィクトール・ユゴーに

遅れること100年、 アレクサンドル・デュマは やっと 2002年、 ユゴーの隣に眠ることになったのだ。




彼の埋葬が遅れたのも 人種差別等が原因だったとは 自由の国フランスにしては驚きです

11







12.    さて、 マルセイユでの その夜の食事は 旅行史上一番くらい お金がかかってしまった !

12


ブイヤベースが さほど口に合わないのを知っていたばかりに、 結局 単品で高い注文を重ねてしまったのだ





海沿いだからと言って 海の幸が安いとは限らないって 知っていたはずでしたのにね !!     

 

« 「マルセイユの朝市」そして「仏国歌ラ・マルセイエーズ」 | トップページ | エクサンプロヴァンス「人嫌い・セザンヌのアトリエ」 »

南フランス マルセイユ・エクサンプロヴァンス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
地中海、マルセイユ・・・と聞けばやはり「バカンス」のイメージが強いです。
しかし過去の歴史には、孤島の牢獄が存在したのですネェ!
日本でいえば、さしずめ江戸時代などの佐渡島でしょうか?!
島全体が要塞のようと聞けば、軍艦島をイメージします。
しかーし・・・、真っ白な岩肌、美しい形の要塞、どこまでも澄みきった海・・・
やはりここは『地中海』なのですネェ!
そういえば、フィンランド・ヘルシンキの港の沖合に、スオメンリンナ島という要塞の島がありました。
訪れたのが冬でしたので、雪と氷に覆われていました。
このイフ島とはずいぶん違います (^_^;;!
そして最後にお食事・・・おーい、bellaさーん?!
ロブスターに生牡蠣、美味しそう・・・(・_・)イイナァ!
何尾ものエビがダイブしているものは・・・?

海産物は新鮮でおいしそうですね。
巌窟王より椿姫の方が興奮しました。
中学時代でした。

戦中、戦後を田舎で過ごしたkurakame少年は、「モンテクリスト伯」や「岩窟王」とか「椿姫」とかとのご縁は全く無いままに科学少年(?)になってしまいました。
「椿姫」はいずれオペラでおなじみになるのでしたが。
「モンテクリスト伯」のストーリーは今ではなんとなく頭に入ってはいるのですが、その島がマルセイユ湾にあるなんて思ってもいませんでした。
監獄島といえばAlcatorazを思い浮かべますが、ヨーロッパとアメリカの歴史の差は歴然のようですね。

bellaさん、こんばんは。
これが「モンテクリスト伯」の世界なんですね。
高校の社会科の先生が絶賛していた作品故、当時サラッと目を通しましたが
当時はそれほどピンとこず…
2002年の映画版を観てやっと「こういう感じなんだ~」と面白さを知ったんですが、
こうして写真を観ると、実際に自分の目でみたくなりますね。
久々に「ここに行きたい」という旅の欲求のようなものが芽生えてきました(^^♪
前記事からの朝市。海沿いに関わらずヨーロッパでよくみかける市場って大好きなんです。
いつも買えないのが残念で。そして、わかります、わかります。
海の幸って結構いいお値段しますよね。
印象に残っているのはアドリア海の海の幸ですが、…冷えたワインに食欲もあるはずなのに
一皿がものすごい量で、それをみるたびに「ああ、外国にいるんだなぁ」と感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「マルセイユの朝市」そして「仏国歌ラ・マルセイエーズ」 | トップページ | エクサンプロヴァンス「人嫌い・セザンヌのアトリエ」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック