« 皇帝が愛した「インスブルック」、こんな街とは想像外でした! | トップページ | 「オーバーアマルガウ」 キリスト受難劇はパッションの賜物! »

2014年5月23日 (金)

絵本のようなチロルの里・絵本のように可愛いミッテンヴァルト

オーストリアの「 チロル地方 」 には ’ これだ! ’ という 超有名スポットがある訳ではありません



アルプスの連なりと 川と草原と 人々の平和な営みがあるだけ ・・







01.    それでも 非凡な美しさと輝きを放つ、 チロルは 正に特別な存在です



「 ロイタッシュタール Leutaschtal 」 ( インスブルックの北西25km )

二千数百メートルのアルプス連山の麓に 黄色い野の花の絨毯が広がる

01







02.     谷間を流れるのは ロイタッシュ川    こんな風景が十数キロ続きます


こういうのを ” 絵本のような風景 ” というのでしょうか ・・

02







03.    さて、所変わって  こちらは インスブルックの南15km、 エルベーゲン街道にある町

「 マトライ アム ブレンナー Matrei am Brenner 」 



ジル川 Sill に沿って続く 「 エルベーゲン街道 」 は かつて岩塩の輸送に使われた道。

ジル川の流れは 怖いほど速かった !

03







04.   この町をさらに15km南下すると かの有名な 「 ブレンナー峠 BrennerPass」 に至る

遠目から見ても 左右のアルプスの稜線が 一つの谷に向かって下がっている 

あの辺を通って行くのかなあ、と 想像した ・・



ゲーテやモーツアルト 諸皇帝や軍隊など あまたの人々が このブレンナー峠から アルプスを越えて 

陽光のイタリアへ向かったのです ・・・

04







05.      次の町は、 01.の 「 ロイタッシュタール 」 を 北上して、 オーストリアの国境を越え

ドイツに入ったばかりの所にある 「 ミッテンヴァルト Mittenwald 」 



家々の壁をキャンバスとして 美しい絵が描かれている 

アルプスを背にした 可愛らしく とても魅力的な町だ  !

05







06.     ドイツのアウクスブルクと イタリアのヴェローナを結ぶ昔の通商道路にある町だから

文化・芸術も 間違いなく イタリアからもたらされたに違いない 

06

(  中央通り 「 ハウプトシュトラッセ Hauptstrasse 」   )







07.     カラフルで個性的な ハーフト-ンの絵柄には それぞれ何かしらのストーリーがある



ゲーテは 「 ミッテンヴァルト 」 を 「 生きた絵本 」 と評したという

なるほどピッタリだ !  それに そんな昔から この町はこんな風だったのだ ! 

07

 






08.    この町には もう一つの側面がある。  イタリアで 巨匠ストラディヴァリウスのもと

ヴァイオリン制作を習得した この町出身の M.クロッツ Matthias Klotz が 

1684年 故郷に戻り、 ヴァイオリン制作の礎を築いた町なのです

08







09.     ヴァイオリンの街として有名な イタリアのクレモナが、 洗練された芸術の都であるのに対し


今日でも十数人のヴァイオリン製作者がいるという ミッテンヴァルトは、 森から切ってきた木材を 

そのまま窓辺で乾かしていそうなイメージの 小さくて 素朴なヴァイオリンの町でした ・・・

09







10.     「 パルトナッハ渓谷 Partnachklamm 」 



ヴァイオリン用の木材ではないけれど! 薪が積まれ、 野の花に縁どられた パルトナッハ川沿いを進むと

やがて 両側に岸壁が迫り、 谷川の岩場を切り開いた道に至る

10







11.     滝の轟音が響き 近づくと その飛沫を浴びることになる。 冬は 氷のカーテンになるそうだ。


青い川と 緑の木々、 マイナスイオンいっぱいの ハイキングコースでした

11







12.     さて、 最後に 話しはガラリと変わり、 09.の写真のご夫婦と話したこと ・・



ドイツについては 殆ど詳しくない私ですが、 どうも最近 南ドイツでは ” グーテンターク ” とか

” グリュッスゴット ” と言った挨拶より、  ” ハロー ” という言葉を頻繁に聞きますが、 という

質問を投げかけてみた



” おっしゃる通り 確かに今日 ハローという人が結構いますよ。  若い人同士とか 外国人相手だから、

という訳でなく、 世の中が少し 簡便な表現法に走っている傾向があるのかも知れませんね。 


英語の Hello と違い ドイツ語には もともと Hallo という単語があるのですよ ・・ 

12



土産物やで 店番をしていた 皴だらけの!? お婆さんが、 やって来た 顔見知りの赤い鼻のお爺さんに

” グリュッスゴット (神のご加護を )” と挨拶したのを聞いた時、 私は 改めて なんだか感激しました



古き佳き南ドイツの挨拶が そこにあったからです ・・・  




絵本のようなチロルの風景、   絵本のような町 ミッテンヴァルト、 



そして絵本のような じじばばのご挨拶でした !

« 皇帝が愛した「インスブルック」、こんな街とは想像外でした! | トップページ | 「オーバーアマルガウ」 キリスト受難劇はパッションの賜物! »

ドイツ南端 「アルペン街道」」カテゴリの記事

「チロル地方」オーストリア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
たしかにチロルもミッテンヴァルトもメルヘンの世界ですね。
おっと、メルヘンという言葉もドイツ語(Märchen)でした。
ロイタッシュタルの景色、こんな広い野の花畑で思いっきり『大の字』になってお昼寝してみたい w(^o^)w!
そしてミッテンヴァルト。
壁面に絵が描かれている建物は、南ドイツの特徴でもあるようですが、それらを見ながら歩くのも楽しそうですね。
こんな素敵な街があるとは、ドイツも奥が深い・・・。
紹介していただいき、私自身も行ったつもりで楽しく拝読させていただきました。

お早うございます。
bellaさんの紹介するところは何時も素晴らしい所で魅惑されます。
ドイツやスイスにはもっと行きたい国でした。
bellaさんの世界の国巡りを楽しみにしています。

「これといった観光ポイント」の無いとかのチロル、これはおそらく、チロルのすべてが素晴らしい観光ポイントである証拠なのですね。
ドイツからイタリアへの街道、ゲーテもモーツアルトも越えた峠の道。長いヨーロッパの歴史からすれば、こうれは最近のことであったようにも思えてきます。
クレモナからヴァイオリンの技術を持ち帰ったアーチストは、はるかにその昔。
信州の楽器造りや精密機械工業と同じように、高地の空気はどこか共通の要素があるのでしょうか。

まさに氷河が削り取った様子がよくわかりますね。
そして街の背後に迫る絶壁のような山々、圧倒されます。
一度、見てみたい風景ですね。

アルプスも温暖化の影響があるとか、聞いています。
この風景は変わらないでほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵本のようなチロルの里・絵本のように可愛いミッテンヴァルト:

« 皇帝が愛した「インスブルック」、こんな街とは想像外でした! | トップページ | 「オーバーアマルガウ」 キリスト受難劇はパッションの賜物! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック