« 「オットーボイレン大修道院」かくも華麗で、かくもおどろおどろしい! | トップページ | 「ノイシュヴァンシュタイン城」「リンダーホーフ城」 美男王の狂気の産物! »

2014年4月25日 (金)

「リンダウ」ドイツアルペン街道起点の町、ここはイタリア?!

「 リンダウ Lindau 」 は ドイツ バイエルン州の南端、ボーデン湖に突き出た小島に

作られた町で、   湖を挟んで 対岸はもう スイスとオーストリア !




ここ 「 リンダウ 」から かのヒットラーの山荘があった 「 ベルヒテスガーデン 」まで

東西に走るルートを 「 ドイツ・アルペン街道 」と言いますが 、まさに その起点となる町なのです 







01.    リンダウの正式名は 「 Lindau im Bodensee 」 

ボーデン湖に臨む 場合は ’ am ’ を使うが、 湖の中に入っているので ’ im ’ となる


対岸には スイスのアペンツェル地方の アルプスの眺望が楽しめる 

01







02.    リンダウは 旧神聖ローマ帝国の自由都市で( 1275~1802 ) その歴史は古い

この階段状切妻の建物 「 旧市役所 Altes Rathaus 」 も 1436年のもの

02







03.    大きくて強そうな犬が現れましたので、 一枚撮らせていただきました ~

03







04.    本来 古い町には 歴史的な厳めしさがあるものですが、  この町には 寧ろ 明るく

華やいだ雰囲気が溢れている。 昔から 立地の関係上 ドイツ・スイス・オーストリア・イタリア間の

交流があり、  小さいけど ハイセンスな国際都市でした

04







05.    とりわけ 近代は、 鉄道が直接島のど真ん中までやって来て バカンスの基地として 賑わっている


気候も温暖で、  滞在者 ほぼ全ての人々が ’ 心の箍をゆるめて ’ のんびり過ごしている ・・ 

05

 






06.    ボーデン湖の埠頭の中央に 灯台と バイエルンの獅子のモニュメント(1856年) が 

設置され、  船の安全を守るべく 睨みを利かせている

06







07.    時は5月末、 太陽を浴びながら 人々は ひたすらリラックス 、、、 リラックス 、、、

07








08.    仕事のことや 浮世の懸案を忘れて  ひたすらリラックス 、、、 リラックス 、、、



港の奥には 12世紀の要塞塔「 マング塔 Mangturm 」 がそそり立っている

08

 






09.    子供たちも ひたすら遊ぶ 、、、  遊ぶ 、、、



 ” 長い休暇 ” ” 何もしない休暇 ” 、 いずれも 日本人は不得意かもしれませんが ~~ 

09


 






10.    ディナーは イタリアン。 イタリアで大人気の ’ フリッツ・アペロール ’ を ここでも

発見して 嬉しかったデスよ ! ( オレンジのリキュールを 白ワインと 発砲水で割ったもの )




デザートは ’ ソルベ ’ 。   ソルベは 普通は シャーベットのことですが、  場所により 

シャンペンの中に みぞれ混じりにシャーベットを入れ込んだ  アルコール度の高いデザートとして 

出てくることがありますから 要注意です !

10







11.      カモくんたち、  カモン !

11







12.      朝食も なんとなく南国調で 気分が明かるくなりました ~      さて、



ドイツは 今でこそ最先端の先進国ですが、 厳寒の地でもあるし 明るい日差しと 高度な文化を求めて

昔は  多くのドイツ皇帝や 芸術家たちが アルプスを越えて イタリアに向ったものでした

12



デューラーもゲーテも  ザルツブルクからはモーツアルトも こぞってイタリアに渡り、 

イタリアから多くを学び 芸術的インスピレーションを得たものでしたが、 ここ 「 リンダウ 」は 



かつてイタリアとの交易も盛んであったし、 明るく風光明媚   ドイツに居ながらにして 

まるで イタリアに居るかのような気分になれる土地柄でした ~






今回 私は リンダウを起点とする 「 ドイツ・アルペン街道 」 を 西から東へと進み

ドイツとオーストリアの国境を 出たり入ったりしてみることになります





何の花びらかは知らねども、 夜明けに散った白い花びらをまとった レンタカーに乗り込んで

いざ 出発進行です !

« 「オットーボイレン大修道院」かくも華麗で、かくもおどろおどろしい! | トップページ | 「ノイシュヴァンシュタイン城」「リンダーホーフ城」 美男王の狂気の産物! »

ドイツ南端 「アルペン街道」」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

お邪魔します!

私も外国へ行きたいですね!

羨ましいわ

こんばんは (◎´∀`)ノ
リンダウ・・・ドイツの地図を取り出して位置を確認しました。
先週のオットーボイレンは地図に表記がないのか、はたまた私が見つけられなかったのか、分かりませんでしたが、今度はすぐに見つけられました。
市役所の外観、キレイですネェ!さすがドイツ!
勇ましそうな犬は、一見『土佐犬』みたいな風貌ですね。でも脚が・・・細い!
市役所だけでなく他の建物も壁に綺麗な絵が描かれているのですね。
その上、港町のような雰囲気・・・たしかにハイセンス!
”長い休暇””何もしない休暇”・・・案外私は得意かも・・・(^_^;;ヘヘッ!
(かつてネパールでさんざん・・・)
食事もドリンクも美味しそうですねぇ~!
羨ましいなぁ・・・(・_・)イイナァ!
レンタカーは、もしかして”forcus”?

北国ドイツもここまでくると、南国イタリアの雰囲気がいっぱいなのですね。
陽光降り注ぎ、湖に面してアルプスを望む。料理はイタリアン、もういうことなしです。(笑)

お早うございます。
ゆとりの有る旅を楽しんでいますね。
のんびり異国の雰囲気を満喫しているのが伺えます。
スイスイとドイツにはもう一度行きたかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「リンダウ」ドイツアルペン街道起点の町、ここはイタリア?!:

« 「オットーボイレン大修道院」かくも華麗で、かくもおどろおどろしい! | トップページ | 「ノイシュヴァンシュタイン城」「リンダーホーフ城」 美男王の狂気の産物! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック