« 日本人の末裔 ’ハポンさん’ が暮らすスペインの町でお喋りを | トップページ | 荒々しく誇り高い騎士の町「カセレス」、そして「ロブ・デコルテ」 »

2014年2月14日 (金)

アンダルシアの白い村「アルコス・デラ・フロンテーラ」見晴らしだけでなく


セビリアの南 約80kmにある アンダルシアの白い村、    

「 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ Arcos de la Frontera 」は とにかく見晴らしが素晴らしい



しかし 「 村 」と言いつつ、 実は 驚く程豪華な宗教遺産にも 恵まれている







01.     白い壁と 胸突き坂 、、、  村人にとっては 当たり前の日常だ

01







02.     アンダルシアの 白く輝く岩山が まるで 細長い恐竜の背のよう ・・

しかも その背中には 登り龍の刺青みたいな模様が ” 彫られている ” 
 




こんな迷路に 観光客が 車を乗り入れるなんて 狂気の沙汰かも知れない ・・

前日のホテルで ” 車は 下の町に置いて、あとはタクシーで登るように ” と念を押されていた

02







03.    ところが タクシーなんて 影も形もないし、 パーキングは暗い岩穴の中、、

泥棒の心配もあり、迷いに迷った。 近くにいたシニョーラが あれこれやってくれたが埒が明かない




” 上に行っちゃいましょう ! ” 子連れの その奥さんが 車に同乗して 案内してくれることになった

03

(  やはり、「 サンタ・マリア教会 」 の前の小さな広場だけが 唯一の公共駐車場でした ! )








04.     急坂、ヘアピンカーブ、 車体を擦らないよう 細い路地を 指示に従って進んだ


こんな教会の門も 狭すぎて  通るには ちょっとした ” 地獄門 ” でした ~~

04

 






05.    ようやく ホテルに着いた !  見晴らしのいい部屋のうち 角部屋は

残念ながら フランス人の長期滞在者がいたので、  その隣を 交渉してゲット




角部屋のバルコニー越しに見る 白い家々の頂上に鎮座ます 「 サン・ペドロ教会 」 の姿は見事だった  



角部屋を取れなかった という心残りも  まあそれなり 一種の旅情と言えそうです ・・

05

 






06.    そのホテルは 「 パラドール・デ・アルコス 」、   ” パラドール Parador ” とは

古城や宮殿、修道院などを改修した 国営ホテルで、 現在は スペイン国内に83か所ある




パラドールと言うだけで 有難がる傾向があるが、  ここは 建物は中級品、

しかし ロケーションが最高で 予約が引きも切らない

06

(  体を張って駐車場所を確保してくれたパラドールの女主人と パラドールのパティオ  )







07.    パラドール  テラスの朝

07







08.    パラドール  午後のテラスから 
 


画家 西房浩二氏も 2013年の日展に ちょうどこのアングルで描いた油彩画を出品している

和・洋問わず 多くの画家の絵心を誘う風景と言えそうです ! 

08







09.     「 サンタ・マリア教会 Ig.de Santa Maria 15C 」 と

「 サン・ペドロ教会 Ig.de San Pedro 」、 二つの教会の内部は 驚くほど豪華だ




アルコスは、 ローマ人 アラブ人が 軍事上の要塞とした町でしたが、 カトリックの修道会が

15Cにやって来てからは 宗教上の拠点となりました。     しかしながら




比叡山とか高野山など 大仏閣は別として、 日本の鄙びた一山寺が こんな豪華なことはあり得ない訳で 

改めて カトリックの力の偉大さ ( あるいは尋常でなさ ) に驚いた次第でした 

09

 







10.    「 サン・ペドロ教会 」 にて 。       聖人の聖遺物、 髪の毛とか血液とか 

頭蓋骨や 大腿骨・上腕骨、 はたまた 有難い説教を唱えた舌などを 祀る教会はたくさんある。



ミイラだって 決して珍しくはないが   特に この聖人、 

デコレーションが とても美しく優雅だったので 失礼して写させていただきました~

10


因みに 昔、 山形県で 2体ほど ” 生き仏ミイラ ” に対面したことがありましたが、 日本の場合

高徳の僧が  自らの意思で 歩いて穴に入り 生きたまま死する訳ですから 

その壮絶さは 比べようもないと言えそうです








11.     鷲やタカは この断崖絶壁の町に よく似合いますが、   こんなに

立派に美しく仕上げるのは やはりその道のプロならではの仕事 ! 



子供たちも 足腰が丈夫に育つんでしょうね ・・

11







12.     10月初旬、  夜7時、 日没の時間となりました   

2千年も前から  人々は 同じ日没を眺めて来た訳です 

12

 

ところで、  思い返してみれば 住民は殆どが半袖でした  

南スペインは 夏は酷暑、  秋が丁度いい暑さ と言えるのではないでしょうか





そして、  アンダルシアの白い村 「 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ 」 は  

是非 訪ねてみたい町の一つ と言えそうです

« 日本人の末裔 ’ハポンさん’ が暮らすスペインの町でお喋りを | トップページ | 荒々しく誇り高い騎士の町「カセレス」、そして「ロブ・デコルテ」 »

スペインの「白い村」」カテゴリの記事

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
白亜の街、いや村!上から見ると・・・たしかに『恐竜』だ w(゚o゚)w!
高低差が半端ないですネェ!
このような断崖がある岩山の上に、よくぞ街を造ったものです。
ここで暮らす人々の足、鍛えられるでしょうね。
そして素敵なホテルに泊まられましたネェ・・・(・_・)イイナァ!
もしかしたら、見晴らし最高のテラスで食事を?
鷲や鷹、あのように普通にいるのですか (゚o゚)ナニッ?
カッコいいですよねぇ!
ところで、bellaさんが行く先々で泊まるホテルのオーナーさん達の写真、よくブログで拝見しますが、いつも皆さん素敵な笑顔で写っていらっしゃいますね。
bellaさんのお人柄や話術がこのような笑顔をひき出すのでしょう。

「アンダルシアの白い村」、このことばのみで全てが想像できそうな、やはりそんな村でしたね。
丘の街は、当然坂が多くなる。狭い道路巾はかつてのヒューマンスケールそのものだった筈です。
bellaさんを責める訳ではありませんが、この美しい村にクルマはスケールアウトに思えました。
この村のレポートを、bellaさんの素敵な経験を拝見するだけで、文化とはこういうことなのだと、納得することができます。

パラドールは古城や宮殿、修道院などを改修しただけあって、テラスから眺めた白い村の景色、そして夕暮れのけしきは本当に素敵ですね。
そして笑顔のパラドールの女主人さんは、どんな素敵な食事を作ってくださったのかも知りたいようです。こんなパラドールに泊まってみたかったです。
美しい景色と立派な教会を拝見すると、急な道は当然ですが、もっと広い道がありそうなのに狭い道だけなのですね。急な坂に狭い道では、親切な小母さんが案内してくれなければ、とても車では乗り入いれないですね。
お蔭様で行けないアンダルシアの白い村を、何時ものbellaさんの素敵なレポートで楽しく見学させて頂き感謝しています。

bellaさん、こんばんは。
坂道とか白い風景とか、とてもヨーロッパっぽくて見惚れてしまいました。
やっぱりカトリックの教会は豪華。
写真だけなのに、歴史の古さからそこに漂う香りまでもが感じられそうです。
確かにあのミイラは優雅ですね。ミイラには見えないかも(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577816/59130511

この記事へのトラックバック一覧です: アンダルシアの白い村「アルコス・デラ・フロンテーラ」見晴らしだけでなく:

« 日本人の末裔 ’ハポンさん’ が暮らすスペインの町でお喋りを | トップページ | 荒々しく誇り高い騎士の町「カセレス」、そして「ロブ・デコルテ」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック