« 「 セビリア・アルカサル宮殿・モザイクタイル 」 見るだけで芸術家気分に!  | トップページ | 日本人の末裔 ’ハポンさん’ が暮らすスペインの町でお喋りを »

2014年1月31日 (金)

「 セビリア・アルカサル 」は 洗練されたイスラム様式の白い宮殿

南スペイン、 アンダルシア州都 セビリア Sevilla の中で 最も印象深かったのが

「 アルカサル宮殿 Reales Alcazares 」 





01.    レコンキスタの後 イスラム時代の城の跡地に、 1350年 キリスト教徒のペドロ一世が城を建て 

その後 歴代の王が それぞれの時代の建築様式を加えながら 今日の姿に至ったのが 「 アルカサル宮殿 」

A01

 





02.     ペドロ一世は わざわざグラナダから建築家を呼び寄せ、 イスラム建築の特徴を色濃く残す 

” ムハデル様式 ” の宮殿を造らせたと言うことですが、 

A02







03.    イスラム勢力を せっかく追い払ったのに、 高い水準を誇ったイスラム文化の魅力に嵌り 

それに固執した 支配者の気持ちは わからないでもありません     



長く英国の支配を受けた香港が   返還されたからと言って 翌日から

全てを中国風にやり直せる訳ではないのと 似ているかもしれません ・・ 

A03


  

 





04.    「 大使の間 Salon de Embajadores 」


漆喰細工を駆使した  白いアラベスク模様 ( スタッコ装飾 )が 意外なほど洗練されていて美しい ! 

A04







05.    日本の文化は ” 余白の美 ” であり、 ありとあらゆる場所を 模様で埋め尽くすイスラム文化は


一見 対極にあると言えそうですが、 白を基調としたアルカサルの文様は レースにも似て 意外なほどエレガント、


ヒマラヤ杉を用いた 木彫の円天井 (クーポール Cupula )も 仏教文化を彷彿とさせました

A05







06.     「 乙女の中庭 Patio de das Doncellas 」  2階部分は 16Cに付け加えられたものだが

均整の取れた構成となっている。  パラダイスを意味するこの中庭に植えられているのは 常緑のオレンジ

A06







07.      ところで、この中庭を見たら グラナダの 「 アルハンブラ宮殿 」の中庭を 思い出すに違いない

それもそのはず、 この宮殿自体 ぺデロ一世が 意識的にアルハンブラを模して造らせたものなのだ ・・



シエラネバダ山脈を背後に 小高い丘の上に建てられた アルハンブラ宮殿は 文字通り 赤褐色の ” 赤い山城 ” 

であるのに対し、  数十年遅く 街中の平地に作られた このアルカサルは ” 白い街城 ” と言えるでしょう

A07







08.      ところで 暑く乾燥した南スペインの 当時の支配者にとって、 ” 水と緑 ” の維持管理は 

この上なく重要な課題であり、 かつ 権力者として 最高の腕の見せ所だったかも知れません

A08








09.     アルカサル宮殿内には 数々のパティオ( 中庭 )や 噴水が作られていますが 

水と緑を配置した 見事な「 大庭園 Jardines 」も 見逃せません 



多湿な日本の夏と違い、 フライパンで乾煎りされるようなスペインの暑さは たとえ40度でも 日蔭に逃げれば

なんとか凌げるもので、 こんな緑のカーテンも きっと 随分 役に立ったことでしょう ・・

A09







10.    「 ライオンの噴水 」

A10







11.    温暖な地元の植物と エキゾチックな他国の木々とが入り混じる 豪華な庭園には 

築山、迷路、並木道 多くの噴水が配されている
 




時代時代の支配者たちの優雅な日々に 思いを馳せつつ 私は 静かな一時を過ごしましたが

この壁の向こうには セビリアという 世界に冠たる観光地の喧騒が 渦巻いているのです ~

A11







12.    町の中心 「 大聖堂 Catedral 」に入るには やっぱりこんな行列が必要です !

A12






因みに この白い宮殿の美しさを さらに一層 際立たせていたのが スペイン独特の 「 モザイクタイル 」、

カラフルで 洒落た図柄のタイルと 白い宮殿のコントラストが 時を超えた魅力の秘密に違いありません !



前回の 「 アルカサル宮殿 」のタイルについての記事も  併せて見ていただければ幸いです ~  

« 「 セビリア・アルカサル宮殿・モザイクタイル 」 見るだけで芸術家気分に!  | トップページ | 日本人の末裔 ’ハポンさん’ が暮らすスペインの町でお喋りを »

セビリアとコルドバ アンダルシアの華」カテゴリの記事

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
ヨーロッパの宮殿やお城って、どこもかしこも本当に素敵ですね。
昔のままの姿で残し、余分なものは配置しない・・・徹底しているように感じます。
エレベーターまで設置されているような、復元された日本の城とは大違い!
建築様式、デザイン、庭・・・どれも目を見張るものばかり!
季節ごとの木々の緑や花も、この宮殿には欠かせないものだったでしょうね。

スペインとポルトガルには行ってみたいと思いながらも
いざヨーロッパとなるとスイスアルプスばかりに行ってしまっておりました。
特にスペインは歴史ある建築物はもちろんですが、スペインをテーマにした音楽が多いので
そのような音楽が生まれるスペインはどのような風土・情景なのだろう・・・
その雰囲気に浸ってみたいと思うからなのですけど、いつごろ行けるかなあ。

素晴らしい建造物ですね。
これまでいろいろ紹介された建造物の中で最も綺麗と思いました。
財力だけでなくすべての高度な技術に驚きました。
賞賛する言葉もありません。
行ってみたいが今では夢のまた夢です。

スペインの建築や美術、またまた音楽とそれなりには知識としては入っているつもりでも、
その地の気候などは四季それぞれに体験してみないとまるで分っていないのです。
パテオのデザインや、水と緑の中庭などが酷暑によるところとは、伺ってみればなるほどと納得です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「 セビリア・アルカサル宮殿・モザイクタイル 」 見るだけで芸術家気分に!  | トップページ | 日本人の末裔 ’ハポンさん’ が暮らすスペインの町でお喋りを »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック