« 「 南スペイン・マラガ 」 ピカソが生れた町はお洒落な大都会  | トップページ | スペインの白い村「セテニル」 洞穴が家となり、大岩が道を塞ぐ村 »

2013年12月13日 (金)

アフリカが見える「 ジブラルタル 」、猿が車に侵入しました! 

イベリア半島の南東端、 地中海と大西洋が交わるあたり ジブラルタル海峡に突き出た小さな半島が

英領 「 ジブラルタル Gibraltar 」  ( 自治政府があって 防衛以外は 完全な自治が行われている )



ジブラルタルは スペインが王位継承の戦争をしている間に イギリス軍に占領され、 

ユトレヒト条約で   1713年に イギリスに統治権が与えられた後 300年間の英国統治が続いている







01.    英領ジブラルタルの大部分は 岩の塊から成り、 通称 「 The Rock 」と呼ばれます

旅人が アンダルシアの山塊を抜けて海へ向かう時、 かなり遠くからでも 印象的なその姿は 一目でそれと分かる

A01








02.    スペイン側から 国境検問所を通り、  いざ入国すると そこはもうイギリス



ダブルデッカーが走っていて  ’ ポテト アンド チップス ’ の店もある。   1990年代までは 

英本国と同じく 左側通行だったが、 さすがに現在は混乱を避けて スペイン同様 右側通行となっている

A02








03.     この「 ザ・ロック 」 長さ5km 幅1.5kmの ’ 盲腸みたいな ’ 狭小半島だが



その価値たるやダイヤモンドみたいなもの !     海峡の 軍事上・海上交通上の要衝として 

誰でも喉から手が出るほど欲しいテリトリー 。  当然 イギリス軍は300年間手放さず 駐屯している 

A03

 







04.      スペインは 返還を要求し続けているが 今のところ 香港のように返還される見込みはない



ジブラルタルは ヨーロッパという先進国内で 最後に残った植民地 !    しかし 住民投票では 

人々は 圧倒的に 英領のままでいいというのだから スペイン政府にとっては 頭の痛いところ

A04








05.       経済成長率から見ても 2012年のイギリスが0.2% 失業者であふれるスペインが-1.4%なのに

ジブラルタルは7.8%と 絶好調、  約3万人の住民は 軍事産業、港湾労働、観光 金融などで 豊かに暮らしている




半島の最南端に行き 対岸のアフリカ大陸と対面する ・・   静かなる 感動に包まれました ・・・

A05

 







06.      20ユーロ払って 車で「 ザ・ロック 」に登ると  南にアフリカ 西にスペインが見えました



実は、 日帰りで 是非 目の前のモロッコに行ってみかたったが   丁度 英西間で なにかもめごとがあり

出入国審査(日本人は ユーロ国以外の列に並ばなくてはいけないらしい )を 意図的に遅らせる という噂があったり、

船便は 常に時間が正確とは限らず 天候の影響も受けやすいし、  モロッコに着いてから 更にバス移動も必要 など



余程 時間と気持ちに余裕がないと アフリカへの日帰りは とても無理と分かった

A06








07.      記念碑  ” エリザベス女王 ここに立つ  1954年5月 ”



1981年 チャールズ皇太子とダイアナ妃が この地を新婚旅行に選んだが、 ジブラルタルの返還を求める立場の

スペイン国王フアン・カルロス1世は これに抗議し、結婚式への参列をボイコットした という 



最近も 似たようないきさつで 何かの儀式に 王族が出席するしないという 駆け引きがあったらしい

スペインも 一応 英国支配に抗議する姿勢は見せておかねばならない訳で、 王族は戦術上の駒と言えるでしょうか

A07








08.     さて、 山の中腹に 猿の一群が 悠々と居おりました 

この ” バーバリーマカク ” と呼ばれる猿たちは 野生ではあるけれど 英陸軍砲兵隊が 古より世話をして来たもので

「 彼らがジブラルタルからいなくなったら 英国もジブラルタルから撤退する 」という伝説がある




そんな有名な猿ならと カメラを向けたら 目が合ってしまった! その瞬間 猿は窓から侵入し 食べ物を物色し始めた  

A08








09.     襲われないかと ヒヤヒヤしながら ” 降りなさい! ” と必死に叫ぶも 敵はじっくりあたりを捜索

しかし食べ物はない。  諦めて出て行くかと思いきや 右側の窓から退出する寸前 私の赤いバッグをかっさらった !



一瞬の事だったが 夫と猿がバッグを引っ張り合う。 幸い夫が勝った !!  お金とパスポートが入っていたのです・・

谷側へ投げ捨てられてたら   私は その先 随分と 往生したことでしょう ~~~~

A09b








10.    この山には  いくつかの砲台や 第二次戦争時のトンネル 島の東西を貫くトンネル 戦争記念碑 

博物館や教会 等々 歴史を物語る 結構多くの建造物や施設が あちこちに散らばっていますが


猿たちは アラブが支配した時代からいたそうですから  この島では 何と言っても彼らが一番の古株です

A10








11.     さて ジブラルタルには 失業率が36%にもなる 隣接するアンダルシア地方から 毎日1万人以上の

労働者が働きに来る。  その多くは 徒歩またはオートバイなどでの通勤だ。  夕方 帰宅の列ができる



国境そばの ユーロとポンドのマークがある両替所では ロトくじも扱っている。 労働者のささやかな夢が感じられます

A11








12.      EUの旗  英国国旗  ジブラルタルの旗 を背に、  英国とスペインの綱引きを知ってか知らずか



一匹のバーバリーマカク  人生 如何に生くるべきや、、  瞑想にふけっておりました ・・・

A12

   





次回からは  「 アンダルシアの白い村 」  その幾つかを訪ねます

 

 

« 「 南スペイン・マラガ 」 ピカソが生れた町はお洒落な大都会  | トップページ | スペインの白い村「セテニル」 洞穴が家となり、大岩が道を塞ぐ村 »

スペイン 地中海・ピカソの町とジブラルタル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは o(*^▽^*)o
ジブラルタルについては、つい最近もイギリスとスペインの間で何かともめ事があるようですね。
その問題はさておいて・・・
ジブラルタル海峡、『すぐそこにアフリカが見える』のですよねぇ!
ヨーロッパを旅した人がこの地を訪れ、目の前に見えるアフリカを見て、ちょっとモロッコへ!
なんて話も聞いたことがあります。
「猿とは決して目を合わせてはいけない」とよく聞きますが・・・
なるほど、bellaさん、カメラを向けて目が合ってしまったのですネェ!
ゆえに、とんだハプニングが!前の車から降りたご婦人が笑っておりまするぅ~!
奪われたバッグ、取り返すことができて良かったですネェ (-o-)ホッ!
取り返せなかったら…しばらくジブラルタルの住民・・(笑) ← m(u_u)mゴメン!
そういえば、言われて気がつきました。イギリスはユーロじゃないんだ!
なんか複雑・・・。
でもそこで暮らす人々は、もはや普通のことなのでしょうね。

ジブラルタル海峡はあまりにも有名な地理上の要衝なのは、さすがに聞き知っていましたが、
英国領の街があるのは全く知りませんでした。
ヨーロッパの植民地は長い歴史と複雑な事情を今日まで引きずっていることが多いのですね。
半島の先端まで行って、ちょっとアフリカ大陸日帰り、したくなりますね。
次回は是非実行してください。
お猿は洋の東西を問わず、いたずら者なのですね。ご用心。

bellaさんご夫妻の行動力には驚いています。
世界漫遊記が出来ていますね。
お猿には大変なことになるところでしたね。
私はヒツジの大群に道を阻まれ立ち往生を経験しました。
イギリスは小さな国なのに要領よく世界の重要な
所はしっかり押さえていますね。
外交の上手さを日本も見習って欲しいですね。

the Rockと呼ばれるジブラルタルの説明と素敵な風景写真を
興味深く拝見させて頂きました。
お猿さんが窓から侵入して大変でしたね。
大事なバッグも無事でお怪我もなかった様で本当に良かったですね。
このお猿さん英陸軍砲兵隊が古より世話をして来たものとは面白いです。

ジブラルタルはイギリス領だったんですね。
まだ、今も植民地時代が続いているんでしょうか。
大英帝国という言葉が思い出されました、
太陽が沈まない国とかなんとか・・・。
あまり、いい気分ではありません。

猿の進入は、とんだハプニングでしたね。
おまけにバッグをひったくられそうになるとは、
窓を開けるのも気を付けなければいけません。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

リレキショさま  お寄りいただき コメントまでいただいて ありがとうございました~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「 南スペイン・マラガ 」 ピカソが生れた町はお洒落な大都会  | トップページ | スペインの白い村「セテニル」 洞穴が家となり、大岩が道を塞ぐ村 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック