« スペインの白い村「セテニル」 洞穴が家となり、大岩が道を塞ぐ村 | トップページ | 「 ロンダ 」は絶壁だけでなく 闘牛もイスラム遺跡もあります »

2013年12月27日 (金)

「 ロンダ 」100mの断崖絶壁 静かな天空の町と思いきや !


スペイン アンダルシア州、 海抜739mの 岩だらけの大地に「 ロンダ Ronda 」がある



断崖絶壁に作られた その町は  

天空に浮かぶ お伽噺の舞台のようでもあり、 同時に 時代の足あとが見られる歴史の町でもありました 







01.    ロンダ山地を流れる 「 グアダレビン川 Rio Guadalevin 」が浸食した 深い谷の両側に出来た町を

この 「 ヌエボ橋 Punte Nuevo 18C、 高さ約100m 」が つないでいる

A01







02.    「 ロンダ 」は ” アンダルシアの白い村 ” の仲間ではありますが、 今や 大きな街となり

白い壁の家々 その窓辺には なんらかの色と装飾が施されている

A02







03.    「 ヌエボ橋 」 を中心に、 向こう側が旧市街 手前が新市街 


進行方向右手が南側の絶壁   左側が 北側の絶壁となっています

A03








04.     南側の絶壁  右手には 日本人の観光客に大人気の パラドール・デ・ロンダ ホテルが 、、

A04








05.     南側の絶壁からは  「 グアダレビン川 」の深い谷が 、、 

A05

 






06.     南側の絶壁  左手には 旧市街の家々が 谷にこぼれんばかりにひしめいて 、、

因みに この中の一つの窓が 私たちの部屋でしたよ ~~ 

A06








07.    厳かな大自然の佇まいをよそに 街中には 観光客がひしめいていました


日本人を含めた アジアのツアー客ばかりでなく  欧米の個人客も相当来ていましたから

「 ロンダ 」は  やはり ある種 世界的な注目株と言えそうです

A07







08.     北側の絶壁  「 ヌエボ橋 」 の真下が こんな風景ですからたまりません !

A08







09.      北側の絶壁   あるホテルのテラス

A09







10.     北側の絶壁  奥の方に アラブ支配時代の古い石橋や宮殿 さらにオリーブ畑などが見えます

A10








11.     ディナーのあと 10時近くになると、 一部の繁華街は別として さすがにひっそり ・・

明日も 街中 観光客でごったがえすに違いありません ・・

A11








12.     さて、ディナーは 宿泊したホテルの ” 絶壁テラスレストラン ” にて



明るいうちから 席を予約しておきましたよ ~   メインディッシュは 仔豚の丸焼き 

セゴビア( マドリードの北 )でのように 丸ごとの姿焼きではなく ある意味ホッとしました ~

A12



赤い夕空が 刻々と変化して やがて 漆黒に溶け込むまで 眺め尽し、 心のアルバムにしっかり収めました







次回は 風景だけが売りではない 「 ロンダ 」、  歴史地区も 訪ねてみます ~ 

« スペインの白い村「セテニル」 洞穴が家となり、大岩が道を塞ぐ村 | トップページ | 「 ロンダ 」は絶壁だけでなく 闘牛もイスラム遺跡もあります »

スペインの「白い村」」カテゴリの記事

コメント

これは驚きました。
大変な所に街ができているんですね。
この高さは、六本木・国立新美術館のカフェテラスの比ではありません。
少し、怖いくらいですが、みなさん平気なんですね。
周りに自然が広がっているのがいいです
ディナーは、この景観と相まって素晴らしかったことでしょう。

びっくりです。悠久の大自然と歴史の文明がこんなに接近して、そこに観光客も溢れている。
ある意味、アリゾナやコロラドのキャニオンをも凌ぐ光景ですね。
この方面(観光ツアーなど)には、まったく疎いので、東洋の団体ツアーにも人気であるとかも初耳です。(恥)
断崖絶壁のテラスレストラン、現在では安全だ何だと規制が多くて、もう実現不可能かも知れませんね。

↓記事から してきました。
これはまた、とんでもない場所に街ができたものですネェ!
よくぞこんな断崖・絶壁の上に街を・・・(゚o゚)スゲェ!
もしここに街がなく、自然のまま残っていたら、どんな光景が広がっていることでしょう?
そんなことも考えてみました。
お食事されたテラスからの眺め、最高だったでしょうネ!
まさに絶景!を見ながらのディナー!ですね。

世界は広いですね。
断崖絶壁の上に大きな建造物を建てる発想に驚きました。
一つ窓からの眺めは如何でしたか?
子豚の丸焼きやワインで美味しいディナー素敵ですね。
楽しい旅が続きますね。

街の写真を拝見すると普通の街のようですが、ヌエボ橋から眺めた景色は普通には考えられない様な絶壁がひろがり、しかもその絶壁に沿って大きな家が建てられているのにはびっくりさせられました。
美味しそうなお食事を絶壁に造られたホテルのテラスでされたようですが、テラスの柵から下を覗かれましたか?想像しただけでも怖くなります!
今年一年小生の行った事がない珍しい場所について、bellaさんならではの素敵な写真と文による旅行記を楽しませて頂き感謝しています。来年もまた拝見するのを楽しみにしています。
ではどうぞ良いお年をお迎え下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« スペインの白い村「セテニル」 洞穴が家となり、大岩が道を塞ぐ村 | トップページ | 「 ロンダ 」は絶壁だけでなく 闘牛もイスラム遺跡もあります »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック