« 「プライスキャニオン国立公園」 必見です! 千本の赤い岩柱群 | トップページ | 「だんごッ鼻にメガネアーチ」「風前の灯火 今にも折れそうなアーチ」  »

2013年10月25日 (金)

「アーチーズ国立公園」 ユタ州のシンボルアーチは断崖絶壁にあった!

アメリカ ユタ州南部 「 アーチーズ国立公園 Arches National Park 」は

世界で一番 岩のアーチが多いところ  一説で2000近いアーチがあると言う



そのアーチ群、どれも個性的で面白い     国立公園の中でも 最近は特に人気が高いそうです



                                               


01.   国道US-191沿いの モアブ Moabと言う町が拠点になる  そこから10km付近に

マンハッタンの目抜き通りにも似て トレイルの両側にフィンと呼ばれる 衝立状の岩が ビル群のように並ぶ

「 パーク アヴェニュー Park Avenue 」というトレイルがある

01









02.    近くから見ると 結構な大きさ !   様々な形の岩が 立ち並ぶ


右側が 「 シープロック 羊型岩 」、  中央が 「 スリーゴシップス 噂話をしている三人 」

02








03.   右端が 「 オルガン The Organ 」、  中央が 「 バベルの塔 Tower of Babel 」

03









04.    「 スリーゴシップス 」  別角度から

04









05.    2億5000万年前 海水に浸かっていたこの地域  幾多の塩の層の その後の地殻変動を経て

さらに 数千万年の風化により  今日の姿が出来た訳ですが、 その変化は 今なお進行形と言えるでしょう  



地球の歴史からしたら 人間の一生は ほんの瞬きぐらいかも知れませんね ・・

ちなみに 「 バランスロック (左側)」 も  いつ何時 崩れ落ちるかも知れない ! 

05


実際 隣にあった小ぶりなバランスロック、  1976年の冬 嵐のために崩れてしまったらしい 

さらに 最近 このあたりの公園で 岩の上に辛うじて乗っていた 1.5mくらいの丸い岩を 故意に投げ落とす様を 

YouーTubeにアップした ” 愚か者 ”もいた     敵は風だけではなかったのです!








06.    大男のグローブが 地面から生えている? ようですね

06





                      




07.    さて 次は ユタ州の シンボル的な存在 「 デリケートアーチ Delicate Arch 」

赤茶色の岩肌が作る ’円形劇場の舞台の突端に ’ 奇跡のように このアーチが立っている

07









08.    数あるアーチの中でも ずば抜けた存在感を放つ 美しいアーチですが その背後は断崖絶壁

このアーチの一部も今にも 崩れそうです!    当然 登ることは禁止されています

08









09.    駐車スペースからこのアーチまでは、 距離は左程でないが 勾配のきつい岩の道を

約1時間 歩かねばならない    それでも このハイライトを見逃すと 後悔するという・・

09









10.    太陽が 西の空に落ちようとしている この時間帯が 一番人気!  多くの人々が集まって来る

と言っても 日本の夕焼けのように 茜色から群青に染まる空の色の変化を楽しむ訳ではありません



円型舞台の縁に座って、 「 デリケートアーチ 」と あたりの赤い岩壁が 真っ赤に染まり、

やがて アーチとその舞台を 黒い影が呑み込んで行く、 その変化を楽しむのです ( 6時頃 )

10









11.    夕日に染まった 「 デリケートアーチ 」の向こうには 雪をかぶったラサール山脈が控える

11









12.    大自然の真っただ中、 いっとき 大勢の観光客で賑わった 「 デリケートアーチ 」の舞台が

静けさを取り戻す頃、、、   隣の山に 月が静かに輝いておりました ( 7時頃 )

12

次は さらに 別の 数々のアーチを 訪ねます

« 「プライスキャニオン国立公園」 必見です! 千本の赤い岩柱群 | トップページ | 「だんごッ鼻にメガネアーチ」「風前の灯火 今にも折れそうなアーチ」  »

「アメリカ国立公園」は雄大なり!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
このところ毎回圧倒されて言葉がありません。
スケールが違いますね~。
この場に立てばどんなふうにカメラ向けるだろうか?
この雰囲気を表現するには?
なんて思いながら拝読です。写真大いに参考にさせていただいてます。
絵を描く死とは画角がしっかりしてますね~。
それにしても御主人との地球の旅ナイスです。

こんばんは ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
今回もただただ「スゲエーッ!」としか言いようがない大自然!
訪れたことがなければ今後もその機会はないでしょうから、こちらで拝見しながらバーチャル旅行!

「”パークアベニュー”に”シープロック”、”スリーゴシップス”かぁ。誰が名付けたのか、上手いこと言うもんだなぁ!」
「”バランスロック”…モアイ像に似てるような・・・?!」
「(デリケートアーチを見ながら)どうしてこの場所にこんなアーチができたんだ?」

などと、行ったつもりの感想を述べてます (^_^;;ヘヘッ!
地球って、人間がおよびもしない『偉大なる芸術家』ですね。

今晩は
凄い光景ですね。
一度でも良いから自分の目で見たかった!
谷底から登るには体力が要りますね。
十数年前、ソルトレイクシティまで行ったのに残念でした。

数千万年の時間を費やしての自然のアーチストは現在も永劫の未来へ向けての制作を続行中なのですね。
その過程の一瞬を人類が垣間見た巨大で不思議な岩石の作品。
近くにいる人物と比較すると、あらためてこれらの岩石の巨大さがよく分かります。

アーチーズ国立公園の名の通り面白くて素敵なアーチが沢山あるのですね。
いつ崩れてもおかしくないデリケートアーチやバランスロック。
スリーゴシップや大男のグロ-ブ等はなんともユーモラスで、
こんな素敵な景色を実際に見れてさぞ楽しかった事でしょうね。

先回もそうでしたが、
日本では絶対に見られない、
広大なアメリカならではの光景に圧倒されます。
実際に見られた感動は忘れられないでしょうね。
大自然という言葉がぴったりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「プライスキャニオン国立公園」 必見です! 千本の赤い岩柱群 | トップページ | 「だんごッ鼻にメガネアーチ」「風前の灯火 今にも折れそうなアーチ」  »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック