« 「 マッキントッシュの椅子 」・「 グラスゴーのパブは別世界 」 | トップページ | アトリエから 彩りを »

2013年9月27日 (金)

「 マッキントッシュの曲線 」・「 変貌したグラスゴー 」

さて、 前回に引き続き スコットランドの 建築家・画家・デザイナー 「 マッキントッシュ Mackintosh 」が 

グラスゴーに残した足跡を訪ねます



                                                  







01.      マッキントッシュの 水彩画  「 Pinks 」 ( 1922年 )

B01









02.     「 グラスゴー美術学校 Glasgow School of Art 」 1909年



マッキントッシュは 27歳の若さで、母校でもある グラスゴー美術学校の新校舎の 設計コンペに優勝し

彼の代表作といえる建築物を 手掛けることになりました       この正面玄関をはじめ

建物の全体からディテールに至るまで あらゆるところにマッキントッシュらしさが現れている

B02








03.   現在も 名門美術学校として、 デザイナーやアーティストとなった卒業生が 世界の舞台で活躍しているそうです

B03









04.     校内の見学は 学生による ガイドツアーとなっていますが  

学校行事優先ということでしょうか、  常時やっている訳ではありません 

B04









05.     正面玄関ばかりでなく、 ガイドツアーの受付や ショップの入り口がある 建物の側面や 

通りの街灯のデザインにも  マッキントッシュらしさが 感じられます  

B05









06.     彼が 英国における アールヌーヴォーの旗手と呼ばれるに ふさわしい作品 ( 1896年 )


スコットランド音楽のポスター  「 Poster for the Scottish Musical Review 」
 

装飾パネル   「 Part Seen, Imagined Part 」

芸術学校のポスター  「 Poster for the Glasgow Institute of Fine Arts 」

B06









07.     「 グラスゴー大学 University of Glasgow 」 1451年開設

オックスフォード、ケンブリッジと並ぶ  560年余の歴史を持つ最優秀名門校

B07









08.     そのグラスゴー大学付属の 「 ハンタリアン美術館・博物館 Huntarian Art Gallery & Museum 」

では  折しも レンブラント展が開かれていて   素晴らしい展覧会でしたが、  




なんと言っても ここの売りは マッキントッシュが 1906年から 1914年まで暮らした グラスゴー市内の自宅の

インテリアを再現した 「 マッキントッシュ・ハウス   Mackintosh House 」



これも ガイドツアー形式になっています    時間が折り合わず 見ることは出来ませんでしたが 

ハウス内部の写真を見ると  前述の 「 ヒル・ハウス 」と  その雰囲気は似ています

B08









09.    「 ステンド・グラス パネル 」と 「 ウイロウ ティールームの壁画 」( 1903~04年 )



ところで、 「 チャールズ・レニィ・マッキントッシュ 」 について   私が 事前に知っていたのは 

例の背もたれの長い椅子 ” ラダーバックチェア ” だけ・・    したがって、  マッキントッシュは 

” 直線のデザイナー ”  つまり ”  アール・デコ ” の芸術家 だとばかり思っていました !


・     ━━━☆・     ━━━☆・     ━━━☆


しかし、 「 ヒル・ハウス 」で目にした 草花の装飾や、 下のポスターやパネルの 薔薇や柳の枝などを連想させる図柄の

魅力的な曲線 に触れ、 マッキントッシュが ” 曲腺のデザイナー ”

つまり ”  アール・ヌーヴォー ” の芸術家だった と
思い知った訳です

B09









10.    ブリュッセルや フランス・ナンシーで起こった アールヌーヴォーという潮流は 1900年のパリ万博では 

押しも押されぬ 立派な流行になっていました      年代的にも マッキントッシュが確立した 

「 グラスゴー・スタイル 」は ” アール・ヌーヴォー ” 真っただ中の 英国版だった訳です




しかし 1910~30年と 寿命の短かった ” アール・デコ ” の潮流に マッキントッシュの芸術が

影響を及ぼさなかったとは 誰も言えないかも知れませんが  ・・・

B10








11.    グラスゴーは  一大工業都市ですので 昔は 暗く不気味な大都会でしたが   ここ10年で 

音楽・ファッション・スポーツ・芸術活動などが盛んな 美しい町として 劇的な変貌を遂げたという 

TVドキュメントを見て、 訪問を
回避する予定を 変更した次第でした 



日本女子サッカー ” なでしこチーム ” が 優勝したのも ここグラスゴー 

B11









12.      綿工業を中心とした産業が盛んだった グラスゴーは  かつて 他の英国の街と同じく 

石炭と鉄鉱石による工業化で 街は真っ黒なすすを被っていました    しかし、今は ” すす ”の代わりに 



使わなくなった ” ミシン ”が 床から天井まで びっしりウインドウを飾り 時の流れを物語っておりました

B12



「 グラスゴー 」は 私の中では「 マッキントッシュ 」 と深く結びつき 



芸術の街として しっかり心に刻まれたのです !  

« 「 マッキントッシュの椅子 」・「 グラスゴーのパブは別世界 」 | トップページ | アトリエから 彩りを »

グラスゴーは意外とお洒落な街!」カテゴリの記事

コメント

1世紀ほど前の大工業都市は洋の東西を問わずに真っ黒な煙と煤の街であったのは確かですね。
そのバイタリティーが、芸術も含めて多方面に発展して、多くの新しい”お洒落”な街に生まれ変わっているのを知っています。
グラスゴーの発展もそのなかの良き例ではあるのでしょう。
で、その”お洒落”の最先端を走っていたのがマッキントッシュ。
もうアールヌーボーもデコもない、その前を颯爽と走っていたマッキントッシュがbellaさんレポートで鮮やかに浮かび上がってきました。
改めて、芸術学校のポスター、素敵ですね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
タイトルにあります「マッキントッシュの曲線」、02の写真の美術学校の正面を見て「なるほど」と思いました。
門の上のモニュメント、2階の窓の上の唇の様なデザインのもの、独特の雰囲気です。
あの唇は何でしょう?
アールヌーヴォーってフランス語だと思いますが、イギリスでもそのように表現するのですね。
グラスゴー大学も威厳ある建物で、歴史的にも長いのでしょうね。
さすがケンブリッジやオックスフォードに並ぶ名門だけありますね。
このグラスゴーの街並みも素敵ですね。
歴史を感じさせる重厚な建物、そのデザインに魅せられます。
このような街をのんびり歩いてみたいです。

お早うございます。
bellaさんのこのグラスゴー美術学校やマッキントッシュ作品の解説を見て
グラスゴーを見物したらもっと楽しかったでしょう。
観光バスに乗って市内を一巡し、ジョージ・スクエアで大道芸人の
ショーを楽しみました。
大都市の古い建造物、湖の多い風景、城砦、スコッチ蒸留所、
スコットランドは何度行っても素晴らしいです。
スコットランドが独立してゲール語が主流になると旅が難しくなりそうです。

グラスゴーと言う街の名前は聞いたような覚えがありますが、
どこにあるのか、どんな街なのかは、まったくの無知でした。
そして、マッキントッシュのことも・・・(-_-;)
先回、今回とbellaさんのブログを拝見して、ようやくおぼろげながら
どんな街なのか、どんな人物なのかが分りました。
イギリスの伝統を感じさせる街です。 そしてマッキントッシュは
アールヌーヴォーとも大きくかかわっていたんですね。
たいへん、勉強になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「 マッキントッシュの曲線 」・「 変貌したグラスゴー 」:

« 「 マッキントッシュの椅子 」・「 グラスゴーのパブは別世界 」 | トップページ | アトリエから 彩りを »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック