« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

「 マッキントッシュの曲線 」・「 変貌したグラスゴー 」

さて、 前回に引き続き スコットランドの 建築家・画家・デザイナー 「 マッキントッシュ Mackintosh 」が 

グラスゴーに残した足跡を訪ねます



                                                  







01.      マッキントッシュの 水彩画  「 Pinks 」 ( 1922年 )

B01









02.     「 グラスゴー美術学校 Glasgow School of Art 」 1909年



マッキントッシュは 27歳の若さで、母校でもある グラスゴー美術学校の新校舎の 設計コンペに優勝し

彼の代表作といえる建築物を 手掛けることになりました       この正面玄関をはじめ

建物の全体からディテールに至るまで あらゆるところにマッキントッシュらしさが現れている

B02








03.   現在も 名門美術学校として、 デザイナーやアーティストとなった卒業生が 世界の舞台で活躍しているそうです

B03









04.     校内の見学は 学生による ガイドツアーとなっていますが  

学校行事優先ということでしょうか、  常時やっている訳ではありません 

B04









05.     正面玄関ばかりでなく、 ガイドツアーの受付や ショップの入り口がある 建物の側面や 

通りの街灯のデザインにも  マッキントッシュらしさが 感じられます  

B05









06.     彼が 英国における アールヌーヴォーの旗手と呼ばれるに ふさわしい作品 ( 1896年 )


スコットランド音楽のポスター  「 Poster for the Scottish Musical Review 」
 

装飾パネル   「 Part Seen, Imagined Part 」

芸術学校のポスター  「 Poster for the Glasgow Institute of Fine Arts 」

B06









07.     「 グラスゴー大学 University of Glasgow 」 1451年開設

オックスフォード、ケンブリッジと並ぶ  560年余の歴史を持つ最優秀名門校

B07









08.     そのグラスゴー大学付属の 「 ハンタリアン美術館・博物館 Huntarian Art Gallery & Museum 」

では  折しも レンブラント展が開かれていて   素晴らしい展覧会でしたが、  




なんと言っても ここの売りは マッキントッシュが 1906年から 1914年まで暮らした グラスゴー市内の自宅の

インテリアを再現した 「 マッキントッシュ・ハウス   Mackintosh House 」



これも ガイドツアー形式になっています    時間が折り合わず 見ることは出来ませんでしたが 

ハウス内部の写真を見ると  前述の 「 ヒル・ハウス 」と  その雰囲気は似ています

B08









09.    「 ステンド・グラス パネル 」と 「 ウイロウ ティールームの壁画 」( 1903~04年 )



ところで、 「 チャールズ・レニィ・マッキントッシュ 」 について   私が 事前に知っていたのは 

例の背もたれの長い椅子 ” ラダーバックチェア ” だけ・・    したがって、  マッキントッシュは 

” 直線のデザイナー ”  つまり ”  アール・デコ ” の芸術家 だとばかり思っていました !


・     ━━━☆・     ━━━☆・     ━━━☆


しかし、 「 ヒル・ハウス 」で目にした 草花の装飾や、 下のポスターやパネルの 薔薇や柳の枝などを連想させる図柄の

魅力的な曲線 に触れ、 マッキントッシュが ” 曲腺のデザイナー ”

つまり ”  アール・ヌーヴォー ” の芸術家だった と
思い知った訳です

B09









10.    ブリュッセルや フランス・ナンシーで起こった アールヌーヴォーという潮流は 1900年のパリ万博では 

押しも押されぬ 立派な流行になっていました      年代的にも マッキントッシュが確立した 

「 グラスゴー・スタイル 」は ” アール・ヌーヴォー ” 真っただ中の 英国版だった訳です




しかし 1910~30年と 寿命の短かった ” アール・デコ ” の潮流に マッキントッシュの芸術が

影響を及ぼさなかったとは 誰も言えないかも知れませんが  ・・・

B10








11.    グラスゴーは  一大工業都市ですので 昔は 暗く不気味な大都会でしたが   ここ10年で 

音楽・ファッション・スポーツ・芸術活動などが盛んな 美しい町として 劇的な変貌を遂げたという 

TVドキュメントを見て、 訪問を
回避する予定を 変更した次第でした 



日本女子サッカー ” なでしこチーム ” が 優勝したのも ここグラスゴー 

B11









12.      綿工業を中心とした産業が盛んだった グラスゴーは  かつて 他の英国の街と同じく 

石炭と鉄鉱石による工業化で 街は真っ黒なすすを被っていました    しかし、今は ” すす ”の代わりに 



使わなくなった ” ミシン ”が 床から天井まで びっしりウインドウを飾り 時の流れを物語っておりました

B12



「 グラスゴー 」は 私の中では「 マッキントッシュ 」 と深く結びつき 



芸術の街として しっかり心に刻まれたのです !  

2013年9月20日 (金)

「 マッキントッシュの椅子 」・「 グラスゴーのパブは別世界 」

近代イギリスの 有名な芸術家と言えば 「 マッキントッシュ Charles Rennie Mackintosh 」


マッキントッシュと言ったら、  もしかして   ” アップルのコンピューター ” か 

” チョコ菓子 キットカットの ” マッキントッシュを 思い浮かべるかもしれない





でも 今回のマッキントッシュは スコットランドの 建築家・画家・デザイナー (1868~1928) 

彼のデザインした 細長い背もたれの椅子は  きっと誰でも一度は 見たことがあるでしょう 





                                                           



01.    グラスゴー Glasgow の北西30km付近に   イギリス最大の淡水湖

「 ローモンド湖 Loch Lomond 」がある ・・   遊覧船や モーターボートが 美しい航跡を描く湖 ・・

大都会グラスゴーから  週末の夕方にも 簡単に向うことが出来る休暇地です

A01









02.    「 ローモンド湖 」観光の拠点となる町が 「 バーロッホ Balloch 」 

バーロッホの郊外には 美しい高級住宅が点在し、  そこに マッキントッシュが 友人の為に デザインした家がある

A02









03.        「 ヒル・ハウス The Hill House 」 1904年

建物の設計から 家具・インテリア 庭のデザインにまで、 彼の繊細なセンスと 技術の粋が注ぎ込まれている

A03









04.    部屋全体の ” 直線を基調としたデザイン ”と、 壁・ソファー・ライト・タンスなどに施された 

” 曲線を基調とした装飾 ” が 程よくマッチ、 とりわけ 布のパッチワークや 手塗りのステンシルなど



アールヌヴォーを彷彿とさせる 唐草模様の装飾が 最高にお洒落でした~

背もたれが 梯子のようになっている ” ラダーバックチェア ”は この住宅のために設計されたもの

A04









05.     日本文化のエッセンスを 採り入れたに違いない エントランスや廊下部分


このハウスでは 残念ながら 写真はNGで、 各部屋ごとに にこやかで話し好きな ’おばさん案内人兼見張り ’が 

豊富に! 配置されておりました       仕方ない、、 あとで絵はがきでも買いましょう 、、



    

と、期待した 売店の絵はがきが この上なく無味乾燥!!   これだけの素材を表現しきれないとは 

本当にもったいないことだと、  この時ばかりは イギリス人のお尻を ペンペンしたくなりました ・・・

A05

                                                                                   ( 写真はH・Pなどから )









06.     しかしながら この「 ヒル・ハウス 」、 ナショナル・トラストが しっかりその保護の下に置いている

イギリス人に芸術性が少し欠けていたとしても、 守るべきを守る 頑固な国民性を 見習うべきは間違いないことです 

A06









07.        マッキントッシュが 散策したかもしれない 林の小道

A07









08.     彼は 水彩画も描いている 「 The Village of Lagonne (フランスの村)」 

A08









09.     さて 次は グラスゴー市内の 繁華街 「 ソーキーホールストリート Sauchiehall St.」

マッキントシュが 女性向けに設計した喫茶店 「 ウイロウ ティー・ルーム  Willow Tea Room 」 1903年




ソーキーが( 多分ゲール語で ) ” 柳 ”という意味なので?、 英語の Willow ( 柳 )が付けられたのだが、 

柱、窓枠、椅子などの直線が、 ちょうど 林の中にいるような雰囲気を醸し出している

A09








10.      ここで 売っているお土産の数々 ・・   ヒル・ハウスでの 絵はがきは イマイチでしたが

マッキントッシュのデザイン、 いったん商品化されたら 結構 魅力的に扱われています ~ !

A10









11.   さて、 ” マッキントッシュの芸術の話 ”、  続きは また来週に譲るとして



グラスゴーで滞在したホテルの 部屋の飾り戸棚に  ウイスキー、ジン、ウオッカ が 綺麗なグラスと共に並べられ

’ ご自由にお飲みください ’と 書いてありました~ !   

(  旦那様へのささやかなサプライズ・・・  そういうホテルを 予約の時見つけておいた訳ですが

結局 自由だからと言って そうはガブガブ 飲めないのが 人の常です ~~   )  

A11









12.    夕食は レストランで でなく ” パブ ”で    パブでも 食事用のメニューは充分揃っている 


ただ レストランのように テーブルで待っていてはダメ    

こちらから カウンターに出向き、  ビールなどをもらうついでに 注文する  

料理は さすがに運んでくれるが、  サーブしてくれたお兄さんは 歯科医師の勉強中の学生さんでした ~

A12



とにかく このパブ 「 ワクシィ オコナーズ  Waxy O’Connor’s 」は 内装が素晴らしい !
  





3フロアある広い店内 内装は全て木で出来ている  バンドが入るスペースや サッカー応援のスポーツバーコーナー

パイプオルガンがあったり、 秘密めいた個室が ズラ~っと並ぶ廊下もある

私が座ったテーブルの脚は  唐草模様のアンティーク・ミシンの脚でした ~

 



                            




入店した途端 別世界にワープして、 ” 木肌と木目の宇宙 ” に足を踏み入れることに ・・・ 

グラスゴーに行ったなら 是非 一度訪れたい場所のひとつです !    

2013年9月13日 (金)

スコットランド「 グレンコー渓谷 」ドラマチックな景観と大虐殺と

スコットランド北西部 ハイランド地方に、  もし「 ネス湖 」がなかったら 

寒風が吹き荒む この北の大地に訪れる人々の数は もっともっと少なかったかも知れない



しかしながら 幸い「 ネス湖 」のお陰で、 今日私たちは 計らずも その道中で

雄大な 生のままの自然に触れるチャンスを 得ています




                         




01.     「 スカイ島 」と本土の隙間に 深く入り込む「 アルシュ湾 Loch Alsh 」の入江に 

「 エイリアン・ドナン城 Eilean Donan Castle」がある


スコットランドの 数ある古城の中でも 特にロマンチックで魅力的と言われ 映画007の舞台にもなったという 

A01








02.    13Cの築城だが 城につながる石橋は 20世紀になってから造られたもの  

雪景色の厳冬期( パンフレットより )には 城の住人は 相当不便な生活を強いられたのではないでしょうか 

A02








03.     ハイランド統治の拠点だった「 フォート・ウイリアム Fort Wiliam 」 には

かつて 城塞が築かれていたが(1635年)、 今 緑の芝に記念碑と大砲が残るだけ ・・





この 湖か海かわからないような 「 リニー湾 Loch Linnhe 」を 南へ 数十キロ下ると 北海に出る

逆に 写真の右手にある 「 カレドニアン運河 Caledonian Canal 」を 

直線で約110km 北上すると 「 ネス湖 」や「 インヴァネス 」を経て 同じく 北海に出る

A03


因みに、 < 湖 >も < 湾 >も < Loch >という単語が使われているが、  実際 両方とも

くねくねと 細長いナマコの様な形をしていて、 海水が 時々入ったり入らなかったり 区別が付けずらい


釣りについても < 湖 >なら入漁料が要るし、 < 湾 >なら タダ なのです !





                        




04.    「 リニー湾 」 沿いには 別荘のような 洒落たB&B(民宿)が並んでいる

その中のひとつ、 白いシャツがお似合いの 素敵なご夫婦のハウスに1泊しました~

A04








05.     朝食は 特別変わった素材ではありませんが マダムのお洒落な心意気を感じました~

夕食は 近くの魚料理専門店にて ~

A05









06.     さて 次は 「 グレンコー渓谷 Glencoe 」

緑の谷の両側に 標高1000m前後の山並みが連なり  スコットランドを代表するドラマチックな景観が広がる

A06








07.    別名 The Lost Valley、 木も生えない岩山の連続ではあるけれど 

何故か 懐かしいスコットランド民謡の 穏やかなメロディが 心一杯に広がりました 


” スコットランドの釣鐘草 ” ” アーニーローリイ ” ” 蛍の光 ” ” マイボーニー ”

” 故郷の空 ” などなど、  既に 日本の歌そのものと言ってもおかしくないものばかり

A07








08.     すると、 奇遇なことに 車寄せで ”バグパイプ ” のメロディが聞こえて来た 



残念ながら 私たちの到着から程なく 彼は 楽器を仕舞い 帽子を脱いで 帰り支度に入りました

でもその時 中国人のバスが到着 !   すると 彼、 再び 帽子をかぶり、、 演奏を始めましたよ 

A08








09.     いよいよ ここが 「 グレンコー渓谷 Glencoe 」 の ” 出口 ”

( グラスゴー方面から 北上した場合、 ”入り口 ” となる訳ですが ・・ )


観光バスのロゴではありませんが  ” Wild & Sexy !! ”  

大きくえぐられ 逆光の暗い谷間に 雲の切れ間からまばゆい光が走った瞬間は 

一生忘れられない光景となりました 

A09








10.     「 グレンコーの大虐殺 Massacre of Glencoe 」 1692年2月


イングランドとスコットランドは 長く敵対関係にありましたが、 とりわけ 地理や言語など その特殊性から 

ハイランド地方の平定に イングランドは 手を焼いていました




数々の複雑な経緯はさて置き、 ある時、ハイランドの氏族の中で イングランドに加担するものが現れる

それが 「 キャンベル一族 」・・ その領主 ロバート・キャンベルが  民族上は味方であるはずの

「 グレンコーのマクドナルド一族 」を だまし討ちの形で 殲滅しようとしたのです!


それが 世に言う 「 グレンコーの大虐殺 」 

A10








11.     ロバート・キャンベルは 手勢120名を従えて グレンゴーに 2週間滞在する

不穏なものを感じながらも マクドナルド一族は 習慣にのっとり 客人に宿と食事を提供し 厚くもてなす



                         

しかし、2月13日早朝、まだ人々が目覚める前、 虐殺が始まった !  族長以下38名が刃にかけられ

家々には火が放たれ 子供を含む40人が焼死した。  逃亡したものの 凍死したり 餓死した者もいたという

A11

( 大英帝国旗、ユニオンジャック は イングランド、スコットランド、アイルランドの 国旗が合体したもの )









12.     生き残った者から事件の顛末が口づてに広まり この事件は ついこのあいだまで 氏族間に強いしこりを残した


グレンコーや マクドナルド氏族系のパブなどの多くで 「 No Hawkers or Campbells ( 行商とキャンベルお断り )」

の札が掲げられ、キャンベルの子孫はひっそりとウイスキーを飲まなければならなかったという

A12


                        




さて この山岳地帯を抜けて スコットランド第一の都市、グラスゴーに近づくと 全てが一変する


文明が花開き、まるで 別な国に来たようにさえ感じましたし、 

天候も もしかして南国なのではないかしらと、 錯覚さえ覚えたものでした

2013年9月 6日 (金)

「 風と霧の島 スカイ島 」 大男が寝る山、スカートをはく断崖

スコットランド北部 ハイランドの西端に 「 スカイ島 Isle of Skye 」 がある

「 スカイ島 」は ゲール語で 「 翼のある島 」という意味で 

地図上で、 島は まるで 強風に抗って翼を広げる 大鷲のような形をしています

(  翼と首の位置がどこに当たるかは 見る人の 想像力次第ですが ・・・ )





                             

01.   「 クイリンヒルズ Cuillin Hills 」 997m、 スカイ島一の高さ 

ヒースを せめてもの装飾として、  荒々しくむき出しの山肌は 孤高の存在感!

 

あまりの寂寥感に、思わずつぶやきました ” なんで こんな地の果てみたいな所に来てしまったのだろう・・ ”

でも  そう、、   ” これこそが スコットランド ! ” でした 

01







02.    「 ブラックフェイス 」など 羊の群れが 道路を当たり前面で 歩いている

君たちの毛が キルトやセーター、ツイードになって 人間の生活を支えるのだから 君たちが王様ダネ

02









03.     「 ミールト フォールズ Mealt Falls 」   近づくと 雨模様、、、

でも 実は 滝のしぶきが 強風で煽られ、 あたりに降り注いで来たのです~ ! 


滝の上の牧草地、   毛皮のコートを着た羊は しぶきを浴びても涼しい顔 ・・  

でも  断崖の縁には 柵があり、  さすがに ” 落下 ”からは 守られておりました

03









04.     「 キルト・ロック Kilt Rock 」

バグパイプを吹く スコテイッシュの 民族衣装のスカートにそっくりでしょう !

04








05.     当夜は ここ 「 ポートリー Portree 」 泊  

島内で一番大きい 観光の拠点となる町で   2000人弱の人々が暮らしている

05








06.     町には  商店 レストラン 銀行 学校など なんでもそろっている



お土産やさんの 床が ” キルト模様 ” に なっていました !  

それに ” スカイ島のシャーロックホームズが 事件の謎を 推理中 !? ”

06








07.    ホテルの朝食に ” にしん ” が 出ましたよ    郷土色があるって いいものです

ホテルのロビーも キルトが貼られていました ~!

07








08.    さて これが スカイ島観光のシンボルであり 海を航海する船のランドマークともなる山

ポルトリーの北 8kmにある 「 オールドマン オヴ ストール Oldman of Storr 」



” 胸に短剣を立て 仰向けに寝る 大男の横顔 ” に 見えませんか ~ 

08c








09.     寄り道の具合によるけれど 4~5時間で 島は一周することができる



島のあちこちに 小川や沼地があり、 その水の色は 例によって ” 茶褐色 ” 

” ピート( 泥炭 ) ”は こんなふうにして 堆積していくのです

もちろん スカイ島にも ウイスキー蒸留所があります ~ 

09









10.      先程の ” 大男 ”、  反対側から見ると こんな横顔をしています

大男の胸に そびえている岩が 「 The Storr ( 719m ) 」で、 高さが60mある 



” 霧の島 ” という スカイ島の別名どおり、 霧や嵐に見舞われやすく 

「 ザ・ストール 」の 岩の姿が いつも すっきり見える訳ではありません

10

                                                  (  Geographic  から  )







11.     「 ダンヴェガン城 Dunvegan Castle 」 スカイ島の北西部 入江の奥に古城がある   

こんな最果ての島にも 覇権者がいる!   最果てと言っても 彼らからしたら 海こそが正面なのだろうけど ・・

マクロード Macleod 一族が 今日まで800年も ここに住み続け、 城の半分を一般公開している 

11

 








12.    武骨な外観とは裏腹に 内部の調度品は豪華、 庭も 滝が流れ 花々が咲きそろい 手入れが行き届いている




ここの目玉は、   戦さの度に これを振りかざすと 不思議と勝利を得たという 

 ”  妖精  ”が 1300年前に マクロード一族に与えた  「 フェアリー・フラッグ Fairy Flag 」 



ゲール語発祥の アイルランドでも ” 妖精伝説 ”が 多々ありますが、  ゲール語話者の多い ハイランド地方での

この フェアリー・フラッグ伝説、  豊かな自然と共に その背景に なんとなく納得するものがありました ~ 

12

城の足元で 樹木が斜めに傾いでいて    風の強さ、 自然の厳しさが 読み取れる ・・




                           

このあと 帰路に着いたが、 案の定 強風でフェリーが 運航中止 、  仕方なく 往路と同じく

「 スカイ・ブリッジ The Skye Bridge 」という 大橋を通って 本土に戻りました  




 

                           

雨と霧と強風 そして 時たまの晴天、    山と海と動物 そして 時たまの人間、

確かに  何とも言えぬ 体験ではありました ~ !

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック