« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

ネス湖 ” ネッシーは きっと存在する! ” と 信じた旅でした

スコットランド北部、インヴァネスの南5kmあたりから 「 ネス湖 Loch Ness」が 始まる

ネス湖は   南北に40km、幅は 最大でも3km、  ちょうど ” 太刀魚 ”のような形で 

北の大地を スパッと 斜めに切り裂いている





                       


01.      ネス湖の遊覧船 ジャコバイト・レジェンド号 Jacobite Legend で

約1時間のツアーに出かけます     打ち寄せる 漆黒の湖水の波が 如何にも謎めいておりました

生憎の曇天も  ネス湖に限っては 打ってつけと言えるでしょう ! 

01









02.         船長さん 兼 ガイドは女性です ・・ 

船着場の片隅に  ネッシー人形が2体、 いかにも 肩身が狭そうにしておりましたよ

02









03.     さて ” ネッシー Nessie ” ですが、 1934年に ある外科医が撮影した 通称

” 外科医の写真 ”が  1994年に、 ヘビの模型と潜水艦の玩具を使ったニセモノだった と判明して以来  

世界中が失望し  ネッシー騒動は あっさり幕を閉じた、 と 思う向きが 殆どかもしれません 

03








04.    しかし そもそも ネス湖の怪獣伝説は 1500年も前からあって、 特に 湖岸に国道A82が

開通してからというものは  数々の証拠写真が撮られ、 目撃談は 5000件を上回ると言う


したがって

たった1枚が エイプリルフールのジョークだったからといって ネッシーを待望する熱が 冷めるはずもありません

ネッシーを捕えたあかつきに収容しようと、 檻も きっと大真面目に 作られたことでしょう

04








05.     水深230m、 ネス湖で最も深い地点まで行って Uターンするのが ツアーの売り ・・


ところで、 最近のネッシー探索は すっかり科学的になり、     生物学的には 恐竜のような骨格では 

首は垂直に上がらないはずだとか、  水温の低さから言って 恐竜タイプの生き物は存在しえないとか、  

食物体系からして プランクトン、小魚、魚類などの量を測れば イルカ2匹の食事ぐらいしか賄えないとか、


その挙句   写真のネッシーは 波だ、鳥だ、錯覚だ、、、、と    がっかりする話ばかりです

05

 







06.    ネス湖で ちゃんと目撃できるのが 「 アーカート城 Urquhart Castle 」

1230年の築城だが  1296年には 早や イングランド軍に破壊されてしまった ・・

06









07.    「 ネス湖エキジビション・センター Loch Ness Exhibition Centre 」

展示内容は   長年の研究成果をもとに 写真・映像・音声、 実際の潜水艦や ソナー装置など を駆使して

ネス湖の謎に迫る仕組みとなっている


中は 6つのセクションから成り、 迷宮を旅するように お客は 暗闇の中 ひとつひとつ進んでいく 

07









08.    まずは伝説が語られ、 正直そうな住民たちの 数々の素朴な目撃談の映像が 流される

私など  もうそこで  ネッシーは存在する! という確信で 心が一杯になってしまったのだが

    

その後の検証は 実に科学的、  ” 誠実に ” 駄目なものはダメと 根拠をつぶしていく  

しかし それでも解明しきれない謎が 幾つか残り、 それが かえって ひどく心に響いてくる



 

結局 センターを出る頃は、  もしかして 術中に嵌ったのだろうか、、、

” ネッシーは 絶対存在する  ”と  信じる私が そこにいた !

08









09.    興奮冷めやらぬうちに 足は ちゃんとショッピングコーナーに向かうよう設定されています

09









10.     さて、 ここは ネス湖南端にある町 「 フォート・オーガスタ Fort Augustus 」

ネス湖から 「 カレドニアン運河 Kaledonian Canal 」が 引かれ

船を通すために いくつもの 閘門が作られている  

10

 







11.     「 カレドニアン運河 」はさらに南下し、 結果、 南の「 フォート・ウイリアム Fort William 」と

北の 「 インヴァネス Inverness 」は 一つの水運で つなげられた 



もともとの地形を利用したとは言え、 凍てつく北海を大回りせず交流出来るのは どれほど便利なことでしょうか

11






12.    もっとも 「 Fort 砦 」 という名が示す通り、  ハイランド支配の拠点として

それらの町々は 激戦の洗礼を受けてきたことは 言うまでもありません

12

当然ながら ネス湖と同じく、 運河の水面は  まるで新月の闇夜のごとく 黒ぐろと漂っておりました




                       




ネッシーには会えなかったけれど、  スコッチウイスキーを育て、ネッシー伝説を生んだ このハイランドの黒い水が  

私の心に  忘れ難い記憶として  しっかり刻み込まれたのです ・・・・・

 

2013年8月23日 (金)

「インヴァネス」は 「ネス湖」から出る「ネス川」の河口の町

大自然に抱かれた スコットランド北部「 ハイランド Highland 」、


  
 

都市があり 多くの 古城・蒸留所がある 中央から東寄りの地域は まだ華やかさを感じさせるけれど、 

ネス湖を含む 中央から西寄りの地域は  作物も実らず 高地では木も生えない 文字通り荒涼たる原野が続く



したがって、そこに 人間の営みが残した 名所旧跡は少ないが、 大自然の恩恵をそのままに 

キャンプ・登山・スキー・釣りなど、 昔から アウトドア ・ ネイチャースポーツのメッカではありました 



                                                        

 

01.    スペイ渓谷 Spay Valley の真ん中にある町 「 アヴィモア Aviemore 」 から

初冠雪( 9月 )の 「 ケアンゴーム山 Cairngorm Mountain 」 を 望む 

01_2









02.    高い山が ほとんどない英国で、 1235mの ケアンゴーム山は 絶好のスキー場  

2002年開業の「 ケアンゴーム登山鉄道 」は レールが ちょうど 積雪層をまたぐ高さに作られています



アヴィモアからは ハイランドを駆け巡る ノスタルジックな「 ストラススペイ鉄道の蒸気機関車 」も出ています

02_2









03.    ちなみに、  残念ながら 登山鉄道終着点の 展望台から外に出て さらに上へ歩くことは出来ない

なんでも 観光客が 手軽にどっと繰り出して 自然環境を踏み荒らすのを 防ぐためだとか ・・ 
  




麓からちゃんと 自分の足で登ってくる トレッカーたちは別、 雪で薄化粧した頂上までOKです!

03_2









04.     おや、  ” ピーターラビット君 ” ではありませんか~ !

04









05.      アヴィモア、 宿泊したモーテルの 裏山に ラビットの住処はありました~

05









06.      ちっちゃい女の子たち、 ラビットと おんなじくらい 可愛いデスネ 

06









07.    さて、 いよいよ ネス湖への観光拠点 「 インヴァネス Inverness 」へやって来ました

「 ネス川 Ness River 」の川面に 影を落とす「 インヴァネス城 Inverness Castle 」 

07









08.     インヴァー Inverは ” 河口 ” を意味し、 インヴァネスは 文字通り ネス川の 河口の町  

因みに ネス川は ネス湖から 北海に至るまでの 全長約10km、 ヨーロッパ最短の川なんだそうですよ

08









09.       色の乏しい北国で見つけた 精一杯の色彩 !!

09









10.    みやげ物や屋など タータン製品を扱う店は 数々あるけれど、そういう店に卸をするのが

「 キルト・メーカー Kilt Maker 」という 看板を掲げた店




キルト・メーカーは もともと 伝統ある仕立屋さんで、 オリジナルも含め タータンの柄が豊富、

当然  観光客ばかりでなく スコットランド人が買いに来る

さすが専門店、 彼らには キルトがよく似合っていて、 ほのかに ” 品 ”さえ感じました 

10








11.       インヴァネス  路地裏の パブで

11









12.     英国名物 「 フィッシュ アンド チップス ( 白身魚のフライとポテトチップス ) 」    

昔は 街角の屋台などで 新聞紙にくるんで 手渡されたものでしたが
  

今では 発泡スチロールの白い器に 輪ゴム、 となりました



   

もちろん 露店ばかりでなく、   パブなどでも 相変わらず 一番人気のメニューで、

衣がサクサク  熱々のフライは 下手気な英国料理より 美味しいこと請け合いです !  

12

種々の 好みの飲み物と 一緒に食べたら  もう 心は ” にわか英国人 ” !





                         

次は いよいよ ネス湖を訪ねます    果して ” ネッシー ”に 会えるでしょうか ~~

 

2013年8月16日 (金)

「ウイスキー蒸留所」 ウイスキーとネッシー伝説を生んだ ”醤油色の水”

スコットランド北部の 「 ウイスキー街道 Malt Whisky Trail 」

アバディーンとインヴァネスの 丁度中間点あたりに  一辺が40~50kmの三角形の地域があり

そこに 「 ウイスキー蒸留所 Whisky Distillery 」 が 密集しています



有力な蒸留所全てを 合理的に回る モデルルートもありますが、   今回は その中の 有名な一軒、

9つも 蒸留所を抱える 「 ダフタウン Dufftown 」の 町はずれにある

「 グレンフィディック蒸留所 Glenfidich Distillery 」 を訪ねてみました





                                                        

01.    密造酒だった ” 地酒 ”から、  世界に冠たる ” スコッチ・ウイスキー ”に育つまでの

技術的・歴史的背景を含めた 「 ウイスキー物語 」は 別途 専門家にお任せするとして

ガイドツァーで見た 簡単な工程を 追ってみることにします ~  



                                                           

 
ウイスキーは  寒冷地での栽培にも適した大麦の「 麦芽 」を 原料としますが その麦芽を 燻して乾燥させる燃料として  

スコットランド独特の 立役者が登場する・・   それが 沼地から切り出される 「 ピート(泥炭)」です !


 

ピートを用いると 「スモーキーフレーバー」と呼ばれる 独特の煙臭が 麦芽に染み込むのだとか ・・

01

(  キルンの頭頂部の パゴダ型の煙突から その煙が出てきます  )






02.     次の工程は  燻蒸された麦芽を砕いて、蒸留所が独自に確保した水(仕込み水)を加えた 麦汁に 

酵母を加え、 
濃度7%前後の エタノールを含む 発酵もろみ(ウォッシュ)を作る「 醸造 」と、


 

その ウオッシュを 乳酸菌が活動しやすいよう 木製樽で保存する「 発酵 」が 続きます

02







03.      その次は「 蒸留 」   並んだ「 蒸留器 」をよく見ると 頭の部分の ”兜 ”の形が様々です

胴体のくびれも1つだったり 2つだったり・・     これが 楽器だとしても 出る音がそれぞれ違いそうですが、 

ウイスキーの味にも それぞれ 微妙な味の変化が出ると言う

03









04.     最後が「 熟成 」  ガイドツアーのお姉さんによると 「 グレンフィディック蒸留所 」では 

熟成用に スペイン産の ” シェリー酒 ”の オーク古樽を使っている。    微妙な臭いの移り込みが ミソなんだとか・・


新品はお金を出せば買えるけれど 中古品にしか その役割を果せないなんて 味わい深い話でした !

04

( 創業125年の歴史を物語る 一族の写真や映画なども展示・上映されていました ~ )






05.    ウイスキーを一流の製品にするために必要な数々のもの、 原料や触媒 道具や装置 水と空気 人間の知恵と努力

とにかく ざっと見た限りでは ウイスキーは ワインより ずっと 作り方が難しそうだ、と 感じたものでした


そういう訳で、 ツアーの最後の 「 テイスティング 試飲 」では とりわけ 有難く頂戴した次第です~

05










06.    12年もの、 15年もの、 18年もの と 3種が グラスに注ぎ分けられました   

12年ものだって 結構古かろうに、18年ものの まろやかさ味の深さったら、その違いは 素人にもはっきりわかりました~

 

それにしても 車で来ている人たちが殆どなのに、 酒気帯び運転など 誰も気にしていない様子

ウイスキーの里は 交通取締りが甘いのか ・・  それとも 日本のように アルコールに厳しい社会風土がないのかも・・

06








07.      他には、  日本人には 一番馴染があると思われる

「 マッカラン蒸留所 The Macallan D.」なども 巡りました~ 

07









08.    ダフタウンでの 一コマ  ” 娘の為なら パパは 地面にだって寝ます~  ”

08









09.    同じく、レ ストランでの 一コマ    自由奔放な日本の子育てに比べて、

こんな風な   子供の ”ごね姿 ”は、 滅多にお目にかかれません     思わずパチリ!

09









10.        さて、 こちらは インヴァネスの東 16km、

手入れが行き届いた庭園が必見の 「 カウダー城 Cawdor Castle 」 

10

 









11.    広大な庭では 季節の花々が 咲き乱れ、 特に さまざまな地衣類の原種が見られることで有名です

しかし、 城の裏側を流れる ネアーン川まで 見に行く人は 少ないかもしれない

11








12.     この水の色を見てください  これこそピートを育む 茶色の水

北部スコットランドの 沼地の溜り水 川や湖 多くがこんな色をしています 

日本のスコットランド旅行案内書でも  この ” お醤油色 ”についての記事は 案外少ないかも知れません

スコットランドに来たならば、 空の色ばかりでなく 是非 足元の水の色に 気を付けてみてくださいね

12

森林限界を超え、 痩せた土地柄の 北部スコットランド、  寒冷地での栽培にも適した大麦が採れ

寒さゆえ 沼地などで 植物遺骸などの有機物が腐らずに堆積した ピート(泥炭)が採れるスコットランド、

そういったものが   ” スコッチ・ウイスキー ”を 育んだ一因となった訳ですが

                     



この ” お醤油色の水 ”  それが また ” ネッシー伝説 ”を生み出した一因なのかも知れないのです

この ネアーン川も 間もなくネス湖に 注ぎます ・・・




巨大な 真っ茶色のネス湖は 全てを 黒々と覆い隠し

神秘的な伝説を生み出したのも 当然の成り行きだったのではないでしょうか ~~ !!

2013年8月 8日 (木)

アトリエから残暑お見舞い

暦の上では もう立秋を迎えましたが、   

芸術 ・ スポーツ ・ 食欲の秋を前に  後半の夏季休暇で 体調を整えたい時期ですね



                       

アトリエから 残暑お見舞い 申し上げます ~~

A
 

(      「 ムラサキ花菜 」        )







B
      「 青りんご 」      







C
(     「 あじさい 」     )

 

2013年8月 1日 (木)

スコットランド「 古城と荒野と動物と 人に遭うとホッとします! 」

スコットランド北東部には 「 ディーサイド 」と「 古城街道 」という  古城が点在する2つの地域がある


お城は 廃墟だったり まだ現役だったり  様々ですが、 スコットランドらしい風景の一員として

ヴィクトリア朝以来の歴史を 今に 伝えている



                                            

01.        空と大地と  羊の群れ

01









02.    「 ディーサイド Deeside 」は ディー川 Dee River に沿った 緑深い地域のこと



「 バルモラル城  Balmoral Castle 」は 英王室が 夏の休暇を過ごすことで有名ですが

9月(12年)のこの日、 生憎!? 女王が滞在中で 中には入れませんでした~  中のお城は とても立派で

皇族不在の場合は 見物できるのです !

今年は エリザベス女王も キャサリンさんの赤ちゃんを見てから 安心して休暇に入ったことでしょう

02








03.       「 クレイギヴァー城 Craigievar Castle 」  17C



すらっと縦長の7階建て、 可愛らしいピンクの 均整のとれた美しい姿は 古城群の中でも かなりの ’ 美人 ’です

内部の調度品や装飾も 豪華絢爛ですが 現在は ナショナルトラストに 寄贈されている

03








 
04.         空と大地と 牛の群れ            毛むくじゃらの牛は 

スコットランド原産 「 スコティッシュ・ハイランド・キャトル 」、 寒さに強く 痩せた土地でも育つとか ・・

04








05.        「 ハントリィ城 Huntly Castle 」  12C



廃墟ではあるけれど 5階建ての塔が残っていて 地下を含め 見物することが出来る

05









06.    スコットランド、 大自然の真っただ中をドライブすると、 ほとんど人に遭わない時間が流れます ~




「 ハントリィ城 」の前に開ける草地で カラフルなユニフォームの少年ラガーたちに出会いました 

ホッとするやら 嬉しいやら ・・   な~んだ、人が住んでいるじゃない !

06









07.      背の高い木が生えない なだらかな山肌 、、、  典型的 スコットランドの風景

07








08.       「 バルヴェニー城 Balvenie Castle 」 13C

 




蕭々たる廃墟を前に  思いました  ・・・
 


人里離れた高原に ぽつんと存在する こんなお城に住むということは、 ある意味寂しいことだから 

多くの取り巻きが必要だし、 
当然ながら 生活の全てを維持管理する 大変な経済力が必要だなあと、、、

 

現在でも  ロイヤル・ファミリーが保養するお城には 相当な数の職員が駐在しているらしい

08








09.     空と 大地と 干し草と        羊かな、、牛かな、、、、  近づくまでわかりません

干し草です !     ” ヘイ ロール Hay-roll ”   最近は 機械で巻くので形が均一

09








10.       人影もまばらな  スコットランドの大地を旅すると、  正直 心細い ・・・



赤い実、 黄色い花、 そして 道路をふさぐ野鳥の群れにも   喜びと 小さな感動が巻き起こる!

10




11.     さて、 このような山間部を抜け、 海岸部に出ると あっと驚く大都会が待っていた

「 アバディーン Aberdeen 」は  エジンバラ、グラスゴーに 続く  スコットランド第3の都市 



どこの国でもそうですが   内陸の開発には 乗り物や道路など 相当な文明の利器が必要です 

従って   ” 富 ”は  まず " 海から 船で " やって来て、 そして 海辺に町を作る ! 


   

寂寥たる荒野の向こう側の 大都会を見て、驚き、 今更ながら そんな自明の理を 確認した次第でした ~

11

 









12.    アバディーンは 「 花崗岩の町 The Granite City 」 と呼ばれ 

マーシャル・カレッジ 1593年(左下)をはじめ、 光を反射して銀色に輝く 格調高い 街並みを呈している



私は アバディーンには 夕方到着して 一泊、 

翌朝 再び 山間部に入って行ったので、 文字通り 休養 ・ 物資補給基地となりました

12

ところで スコットランド北東部には 「 ディーサイド 」 と 「 古城街道 」のほか 「 ウイスキー街道 」 もあり

この地域を「 キャッスル & ウイスキー・カントリー Castle & Whisky Country 」と呼ぶことがある


                               



次回は  その街道沿いに  「 ウイスキー蒸留所 」 を訪ねます ~ !

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック