« ゴルフの聖地「 セント・アンドリューズ 」「 T・ワトソンが泣いた橋 」 | トップページ | スコットランド「 古城と荒野と動物と 人に遭うとホッとします! 」 »

2013年7月26日 (金)

「 イングリッシュ・ブルーベルの青い絨毯 」そして「 英国絵画 」

2013年7月22日  英国の ウイリアム王子とキャサリン妃に 赤ちゃんが生まれ

結局、 ブックメーカーで 1番人気だった ” ジョージ ” と言う名が 付けられた 


” It’s a Boy ! ” と 分かると 各所のイルミネーションが ブルーに染められた

そこで 今回は  ” ジョージ ・ アレクサンダー ・ ルイ ” 王子に あやかり

ブログを  ブルー一色で 染めてみることにしました~

                                 






01.    場所は 英国 ロンドン郊外 「 キューガーデンズ Royal Botanic Gardens、Kew 」

01







02.    5月になると キュー・ガーデンズ 木立の足元に ”イングリッシュ ・ ブルーベル ”の 青い絨毯が 

一面に広がり、夢のような光景が出現する

02








03.     ” イングリッシュ・ブルーベル ”は 「 野生生物 及び 田園地帯保護法 」により 保護されており

今や  野生の球根を掘り出すことはおろか、 自分の庭の球根を掘って販売することも 禁じられている

03









04.     ”イングリッシュ・ブルーベル ” は ヒヤシンス科の 球根・多年草で 香りが なんとも香しい

04

(    English Bluebell   )








05.    ハイシーズンには  こんな ベンチに腰かけて ひねもすのんびりしたいもの ・・

05








06.    クイーン ・ シャーロット ・ コテージ Queen Charlotte Cottage( 1770年 )

茅葺屋根の古い建物が  英国ならではの 趣きある舞台装置となっています ・・

06








07.     コテージ前の広場では 開花時期に合わせ 毎年、約一週間という短い期間

” イングリッシュ ・ ブルーベル フェスティバル ” が 開かれる

07

(  English Bluebelle Festival  )








08.     いつも なんらかの花々に囲まれる 南欧などと異なり、特に どんよりした天候の英国で、 

花を愛でるフェスティバルは 人々にとって 大きな喜びです ・・!    


                        



ところで、 芸術的天分に恵まれていないとされるイギリス人ですが、 これほど植物文化が豊かであれば 

きっと 植物から、 喜びばかりでなく 広い意味での芸術的な刺激も 充分得ているに違いありません 

08








09.     植物や花が 人々に喜びを与え、 芸術に何らかの意味を与える、ということで 真っ先に 頭に浮かんで来るのが

ジョン・エバレット・ミレイ の作品 「 オフィリア 」、   死に行くオフィリアの姿は 衝撃的ですが


この場面に 美しい花々が散りばめられていなかったら どれほど つまらない絵となったことでしょう

09

(   ” Ophelia ”    John Everett Millais   )








10.     絵に関しては  英国には 「 ターナー 」しかいないと 揶揄されることがありますが

英国には  「 物語絵画 」という 魅力的な分野があるのを 忘れてはならないでしょう 




 

   
例えば、     オペラのような 華やかな舞台装置もなく、

シンプルな空間で 純粋に 台詞だけがやりとりされる 「 シェクスピア戯曲 」、


人々は いろいろな名場面を ひたすら 頭の中で空想することを余儀なくされました

そして その場面が見てみたいと 激しく渇望したのです     ・・・・・・・

 ・・・・・・      その望みを叶えたのが 「 物語絵画 」 でした!

10









11.     こちらも  ジョン・ウイリアム・ウオーターハウスの 「 オフィリア 」   彼の作品、 他に

アーサー王物語 オンディーヌ クレオパトラ デカメロン トリスタンとイゾルデ ロメオとジュリエットなどがある



不思議な魅力を湛えた 人間的で意味深な 英国の「 物語絵画 」、  病み付きになるファンも多いと思う  

そんな特殊な分野の絵画を生み出したのが  まさに 英国の文学や戯曲だとしたら、

11

(    ” Ophelia ”  John William Waterhouse    )






12.    その 英国絵画に インスピレーションを与えた もう一方の主役が  まさに

人々に 季節ごと 喜びと刺激を与える 美しい植物たちなのではないでしょうか





 
日本画での  主役・脇役を問わず 植物が果たす役割の大きさを思えば   同じ植物大国のイギリスで 

植物たちが どれほど 絵画や挿絵そしてデザインに 大きな影響を与えたか 容易に想像できるかも知れません

12




美しい ブルーベルが はじけるような喜びを 人々に与える様を見て、 ふと 連想ゲームのように

そんなことを考えた次第でした 

 

« ゴルフの聖地「 セント・アンドリューズ 」「 T・ワトソンが泣いた橋 」 | トップページ | スコットランド「 古城と荒野と動物と 人に遭うとホッとします! 」 »

イギリス 植物王国」カテゴリの記事

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
ウイリアム王子とキャサリン妃に王子が生まれたニュースは聞きましたが、名前は今このブログで知りました (^_^;;ハズイ!
男の子だとブルー、もし女の子だったら・・・赤?ピンク?
キューガーデンって、とてつもなく広い庭のようですね。
地面一面のブルーベル。キレイですネェ!
日本だったらムスカリかラベンダーの花畑のような感じです。
ブルーベルフェスティバル、イギリスにも花を愛でながら楽しむお祭りがあるのですね。
趣は違いますが、日本の『花見』と似たような気持で、イギリスの人々もこのブルーベルの花を愛でているのでしょう。

今日は
王子誕生は熱狂的でしたね。
ターナーの絵は好きでした。
以前、雪景色のキューガーデンズを見せてもらいましたが
花の多い季節が良いですね。
bellaさんは四季折々のキューガーデンズを楽しんでいますね。
全英オープンで松山選手は予想以上の成績でした。
ゴルフの聖地で優勝して欲しいです。

イングリッシュ・ブルーベルの庭を拝見すると、あらためて英国風の渋さみたいなものを感じます。
「イギリス人は芸術的才能に恵まれていない」とは、だれがいいだしたのか知りませんが、
もしかして、イギリス風の芸術は、この庭のような渋さに埋もれているからなのでしょうか。
「オフィリア」1作とも見られているJ.E.Milaisも、日本的な読みでは同じようなJ.F.Milletの名に圧倒されているようにも思えます。

イギリスの王子誕生のニュースはどのTVでも大きく取り上げられて、
さすが伝統あるイギリス王室の力を感じました。

イングリッシュ ・ ブルーベル の一面に咲いている様子は
この暑い時期にたいへん涼しさを感じます。
確かにその花姿はヒヤシンスです。
その球根には取締りがあるとは、たいへんなものです。
物語絵画は独特な絵画ですね。 

木立の足元に拡がるブルーベルの青い絨毯は、本当に夢のような光景ですね。
開花時期に合わせてブルーベル フェスティバルが開かれるのもよくわかります。
ただフェスティバルの男性達の派手な衣装がちょっと意外です。
そしてこんな素晴らしい景色の中を歩かれたbellaさんが羨ましいです。
小生好きな絵のオフィリア、美しい花々が散りばめられていたからこそ素敵だったのですね。
今は物語絵画が流行っていますが、英国では昔からあったのですね。
それにしても、ブルーベルから発したbellaさんの連想ゲームを拝見すると
bellaさんの知識と才能の素晴らしさに敬服しています。

今回は何故かピータラビットが浮かんできました。(笑)
ブルーベルの咲く木立の中跳び跳ねてる姿を想像しました。
置物にもなっているピータラビットですがその色づかいは、キューガーデンズの柔らかな緑とブルーの雰囲気から生まれたのかと自分で納得しております。
”Ophelia”John William Waterhouseの絵の色調もピータラビットで見た色彩です。これがイギリス調なのでしょうか? 

bella様
古い記事へのコメントで失礼します。
こんばんは…ご無沙汰しております。
以前よく訪問しておりました(いずみん)と申します(覚えていらっしゃらないかもしれませんが)。
名前とブログを変えて戻ってまいりました。
コメントは入れませんでしたがbellaさんの記事はよく読ませてもらっていました。

断崖絶壁もですが旅好きにはたまらない記事ばかりで、
これらを自分の目で見てきているbellaさんが羨ましいです(*^_^*)
このイギリスのブルーベルも、イギリス好きにはたまらない。
「物語絵画」も好きで、随分昔ですが、新宿の伊勢丹で「シェイクスピアの絵画展」(だったかな)というものを見たことがあります。
シェイクスピアの中ではハムレットが一番好きなのですが、中でも狂ったオフィーリアの場面は印象的。この2枚の絵画は実際に見たことがあります。
シェイクスピアは作品の中に(小道具として)、ハーブを使うそうですね。
ミレイの周りにある植物にはすべて意味がこめられているということを知り、感激したことを覚えています。

こんばんは~  いずみんさん 忘れようがありません! 繊細で知的な香りは
変わりませんね・・  お元気でいらっしゃって 何よりです
お忙しいなか コメントまで残していただいて ありがとう!!

私は 油絵と水彩と裸婦デッサンと 下手なのに 3つもグループに参加して、
ブログも週一(ひとつに5日はかかります!)、 ひーひー言いながらの毎日ですが
こうして 久しぶりにいずみんさんに会えて 最高です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ゴルフの聖地「 セント・アンドリューズ 」「 T・ワトソンが泣いた橋 」 | トップページ | スコットランド「 古城と荒野と動物と 人に遭うとホッとします! 」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック