« 「スコットランドの忠犬ハチ公」 と 「メアリーの涙」・「運命の石」 | トップページ | ゴルフの聖地「 セント・アンドリューズ 」「 T・ワトソンが泣いた橋 」 »

2013年7月12日 (金)

「 エジンバラ最後の一滴 」「 イギリスのパンと朝食、どんなふう? 」





01.    エジンバラ Edinburgh 市内  「 グラスマーケット Grassmarkeket 」の昼下がり

パブやレストランが並ぶ  ” 美味しいエリア ” です

01








02.    名前に誘われて このレストランに入りました  「 ラスト・ドロップ Last Drop 」



この広場には 昔 死刑執行の 絞首台があり、    

殺人者、泥棒などが 刑の執行の直前 酒の最後の一滴を口にしたのが この飲み屋さん でした

02








03.    メニューには  ” ほら、あなたの隣に 幽霊がいるかも知れません~~ ”   とあったが

見知らぬ人同士が 狭いテーブルに肩を寄せ合う なごやかさ、  一滴の 恐ろしさもありませんでした~!   



ニシンのソテーや スパゲッティをいただきましたが 付け合せの パンもまずまずでした

03








04.    ところで イギリスのパンは 日本の「 食パン 」 とほぼ同じ、 

普通 トースターで焼いて食べますが      サンドイッチは 日本のと そっくりですね



「 ベーグル Bagel 」や スコットランド起源の 「 スコーン Scone 」も 軽食に便利です

04









05.    こちらのレストランでは 「 フランスパン、バゲット 」 が出ました  

イギリス料理の代表と言えば ステーキやローストビーフですから、 一たん 狂牛病が出ると 大騒ぎとなる訳です

  


一方 海の幸 「 スコットランドのムール貝 」は ふっくら柔らか、 世界一の美味しさでした !!

05









06.    イギリスでは近年、 各国のいろいろなレストランが進出、   さらに

モダン・ブリティシュ・クッキングや  もともと素材が豊富な シーフードメニューが 美味しく味わえます




とは言え、  単に 焼いたり茹でたりしただけの 肉や野菜に パッぱと 塩・コショウ・酢などを

食卓でかけて食べる 普通のイギリス人の食習慣が そう簡単に変わる訳ではありません

06

(  似顔絵、  よく似ていますね   )








07.    そんな中 朝食は 結構しっかり食べるのが イギリス流・・ 食べる種類は ほぼ一定なのだが

レストランでは、 玉子なら玉子の料理の仕方を 制服姿のウエーターが うやうやしく聞きに来たり、 

あるいは、  間違いが起きないよう リストが印刷された紙に 印をつけさせたりする

07

(   似顔絵は 1枚 5ポンド    笑顔の素敵なご夫婦ですね   )  






08.     エジンバラ近郊の B&Bでの朝食     当然ながら  豆は 塩味調理です~

08



09.     あるホテルでの朝食     黒いものは 豚の血が入った太いソーセージの切り身

09








10.     さて、 これから   エジンバラを離れて 北上します ~~

10

(     エジンバラの街角で     )









11.        パース Perth 郊外の「 スクーン宮殿 Scone Palace 」

フランス家具のコレクションなど 豪華な室内、 近年まで住んでいた貴族家族の 日常写真などもあって

なかなか面白かったが、  カメラはNGでした ~

11

しかし、 例の、 600年もの間 スコットランド王の即位式に使われて来たが、 ロンドンに持ち去られ

700年後に スコットランドに返還されたという 「 運命の石 」のレプリカに お目にかかりました!

(   レプリカ自体も  相当古いのです ~~   )




                         



12.    この城の ゲートには 門番がいて  いちいち 手動で開閉してくれましたが

ゲート付近の道路に 何やら目の粗い鉄枠が 敷かれておりました   ゴミでも掃き入れるのかと思いましたが

これは ” 羊が逃げ出さないようにする鉄枠 ” でした~  丁度足が嵌りそうな隙間で 動物が怖がるらしい

12



                          

エジンバラという大都会を出ると    いよいよ   スコットランドの大自然に抱かれる ・・


”  ヒトと ヒツジと どっちが多いの ?!  ”    ”  ヒツジでしょ !  ” 



これから こんな道路の鉄柵が  あちこちで 見られることになる訳です

« 「スコットランドの忠犬ハチ公」 と 「メアリーの涙」・「運命の石」 | トップページ | ゴルフの聖地「 セント・アンドリューズ 」「 T・ワトソンが泣いた橋 」 »

スコットランド エジンバラ」カテゴリの記事

コメント

街路樹の木陰が落ち着いたたたずまいを見せる街並みですね。
数々の料理はどれもおいしそうです。
私はパンが好きなので、パンに興味を持ちましたが、
おそらく日本のパンが一番おいしいような気がしますが、どうでしょう?
料理の味付けは食卓でするんですか、素材の味を活かしていると
いう事ですね。
こってりと味付けするよりも、いいかもしれません。

楽しく拝見できました。 ありがとうございます。

こんばんは (◎´∀`)ノ
いつもながら bellaさんの観察眼の鋭さと好奇心、そしてとても分かりやすい解説!
毎々敬服しています。
『Last Drop』、良い名前ですね。
死刑執行される直前に飲んだ酒(たぶん”スコッチ”でしょう)は、彼らにとってどんな味だったでしょうね?
イギリスの料理はあまり評判が良くないのですが、決してそうでもないのですね。
でもやはり・・・’見た目’にはやや劣るような気が・・・(^_^;;アセッ!
パンは・・・ドイツやスイスで食べたパンのほうが美味しそうに見えます。
けど、これらの朝食なら私は「全然大丈夫!」です。
きっと「なぁんだ、イケるじゃん!」とか言いながら食べるかもしれません?!
スコットランドは人より羊のほうが多いのですか?
他にもそのような国、ありそうですね!

今日は
市内見物を丹念にされていますね。
Last Drop は怖い洒落ですね、行ってみたかった!
綺麗なパンも種類が多いですね。
エディンバラではホテルでしたが他はすべてB&Bだったので
bellaさんの朝食はとても豪華です。
スクランブルエッグとベーコンやソーセジは定番ですね。
Black Pudding 初めて口にした時は驚きました。
昼はスコーン、夜はいつもパブで飲みました。
スクーン城も懐かしいです。
庭園にクジャクが!場内の展示物も思い出しました。

マカオからスコットランドの古都エディンバラへと、一緒に旅させていただいております。(笑)
空中浮遊はわかりませんね~。
かの国にも銅像になる忠犬がいたのですね。
Last drop面白い店ですね~。出かける機会があればminojiも入りましょう。
英国王室のベビー誕生期待に沸くイングランドですが、エジンバラもご同様なのでしょうか?

イギリスの食について色々と興味ある事を教えて頂き有難うございます。小生イギリス滞在は数少ないのですが、どうも食は不味いという印象が強いです。それはバーミングハムでオーケストラを聴くために行った会堂の近くのレストタンで食べたステーキが、今まで食べたステーキの中で最も不味かったのが影響しているのかもしれません。

素敵な旅が続いていますね。
食べ物、飲み物(アルコール)、大好き人間ですが、こういう旅の食事はビンボー症もあってか、
大抵は、美味しくいただくことができます。こちらの朝食もみんな、美味しそうです。(笑)

羊が通れないようにと床のグリル。
これで気がつきました。我が家のチビワンちゃんも、排水溝のグリルは必ず飛び越えます。
なるほど、動物の習性なのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「スコットランドの忠犬ハチ公」 と 「メアリーの涙」・「運命の石」 | トップページ | ゴルフの聖地「 セント・アンドリューズ 」「 T・ワトソンが泣いた橋 」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック