« 「うるわしのハイデルベルク」 何故かロマンチック・・! | トップページ | 「マカオ」 見てください アパート群、苦心の窓辺 »

2013年5月25日 (土)

ハイデルベルクから行ってみたい町 キララ、美しいドイツの宝石

ハイデルベルクから 是非足を延ばしたい 二つの町がある

それ程 有名ではないけれど、 行ってみたら オ~~っとため息が出ること請け合いです!


一つは「 ヒルシュホルン Hirschhorn 」、もう一つは「 ヘッペンハイム Heppenheim 」

                            



01.   「 ヒルシュホルン 」は ハイデルベルクの東 19km、 

ネッカー川が激しく湾曲するあたり、  1200年頃 ヒルシュホルン家によって作られた町

01

(  丘の上が 「 ヒルシュホルン城 」  )







02.    「 ヒルシュホルン城の塔 」の 急こう配の階段をよじ登り てっぺんまで行くと  

ネッカー川に面した美しい眺望が開ける

02









03.     実はこの古城、  今はホテルとなっている



ホテルの25部屋のうち、  特に 新婚さん向きの 

ロマンチックな天蓋ベッド付き  ”ハ二ムーンスイート(174ユーロ ) ”が ここの自慢です

 
新婚旅行に ハワイやニューカレドニアもいいけれど  「 ヒルシュホルン 」はいかがでしょうか!



日本のテレビで取り上げられて以来、 お客の半分以上が日本人ということで

ホームページも 独・英・日本語ですから コンタクトしやすいかもしれません・・

03

(  手前が 人気の 「 ヒルシュホルン古城ホテル 」の テラスレストラン )







04.     いわゆる大企業が 財力を以って開発するリゾートホテルとは また一味違う 

ドイツの歴史の重みと地の利を そのまま生かした古城ホテル、 そしてこの景観


  
   

こればかりは 参りました、、、 畏れ入りました、、、 

04









05.    町の郊外で 蚤の市

05









06.    どんなものが売られているか 見て回るだけでも 楽しいものですね

06









07.    さて、 次の 「 ヘッペンハイム 」は 小粒ながら 宝石のように美しく 可愛い町


ハイデルベルクから北へ27km、 ダルムシュタットまで続く 古くからの山岳道路

「 ベルクシュトラーセ Bergstrasse 」の 中間点に位置している

07

(  マリアの泉  )









08.    マルクト広場に面した 「 ヘッペンハイム市庁舎 」

木組みの家々で囲まれた この美しい広場、   やはり これぞドイツ !

08









09.    ヘッペンハイムは、 408もの 保護文化財に指定された文化記念物が 

オールドタウンに ギュッと集中しているので 見て回りやすい

09









10.      ” ライン盆地の東端 ” に位置している 「 ベルクシュトラーセ 」街道

 
 

ライン渓谷に向かって なだらかに傾斜している日当たりのよい地勢のため  日照に恵まれ、 

他の地域にさきがけて 果樹の花が咲くことで有名だとか ・・ 

10









11.     ” ライン盆地の西側 ”には ぶどう畑が連なる 有名な「 ワイン街道 」がありますが


ここヘッペンハイムにも 小さいながら葡萄畑があり、   ベルクシュトラーセの恵まれた季候と 

肥沃な土壌によって 『 ヘッペンハイマー・シュロスベルク 』という 極めて品質の高いワインを産出している

11








12.      丘の上にあるのが  「 シュタルケンブルク城 」

カール大帝によって割譲されたこの地を守るために 1065年に 築かれた中世の城塞

12

ところで、 ヘッペンハイムには、 中世の頃より ユダヤ人が暮らしており、  既に 当時から  

教会による ユダヤ人迫害が行われ、 近代においても ユダヤ人排斥運動が 繰り返されて来たと言う


                           





とりわけ、 何万と言う人々が命を落とした 「 ダッハウ強制収容所 」の外部施設が ヘッペンハイムに作られ、

収容者たちは ガス室へ至る道程の途中駅として そこから ダッハウなどの強制収容所 又は他の殺害施設へと 

送られて行ったそうだ



こんな美しい町にも 第二次大戦の暗い影は及んでいたのです ・・・ 

« 「うるわしのハイデルベルク」 何故かロマンチック・・! | トップページ | 「マカオ」 見てください アパート群、苦心の窓辺 »

ドイツ「 古城街道 」」カテゴリの記事

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
ヒルシュホルンもヘッペンハイムも初めて聞く地名でした。
もしかしたらドイツで暮らす私のドイツ人の友達でさえも、知らないかもしれませんヨ!
ドイツでは古城ホテルが人気のようですが、ハネムーンでこんなところに泊まったら・・・、
ロマンチックが止まらない・・・?!
しかし”お客の半分以上が日本人”というのが何だか・・・ネェ (-_-)ウーン...
『蚤の市』へも行かれたのですか?いいなぁ!
私も行きたかったのですが、友達が住む街やその近くの街でも『蚤の市』は開かれていませんでした。
ヘッペンハイムの街、「な・何ですか?!この街は?!」と思いました。
もうこれは完全に『おとぎの国』『メルヘンの街』ですヨォ w(^o^)w!
あまりにも美しく可愛らしい街 (*^o^*)!
こんな街があったとは (゚o゚)ナニッ?!
ローテンブルクも負ける?
しかしこの美しい街にも、戦争の暗い影が残っているのですね。

初めて聞く街の名前ですが、なつかしい響きです。
古きよき時代を今に伝える風情の街並み、絵になります。
ヒルシュホルンの山の上の古城からの景観はいいですね。
ロマンチックな雰囲気を伝えてくれます。
ヘッペンハイムも、これまた、葡萄畑を望む風景を
いいアングルで切りとり撮っていますね。
しかし、こんな美しい街にも、暗い歴史があるとは。

小さな田舎の街がため息の出るような美しさ。
伝統的な様式の建物群が現代にも延々と受け継がれている文化あっての美しさなのでしょうね。
石の文明と、木と紙の文化の違いよりも、人の心の東西の違いにも考えることがありそうにも思えました。
こんなに美しい景色のなかで育ち、醸されたワインはさぞ美味でありましょう。

ベッペンハイムは家並みがとても綺麗ですね。
木組みの建物はとても自然と溶け込んで素晴らしいです。
ハイデルベルグの近くと知ると懐かしいです。
丘が多くて町を散策するには元気な時でないと困難?
平地が少ないですね。
山の傾斜とネッカー川やライン川の川霧で旨いワインが出来ますね。

美しいヒルシュホルン城とそこから眺める川沿いの赤い屋根の家々が本当に素敵です。
お城がホテルになっているのが、ドイツではよくあるようですが、残念ながら泊った事がありません。蚤の市も何だかよく分らぬものがいっぱい並べられていますね。
そして ヘッペンハイムの木組みの家の美しい事! ドイツは小生ヨーロッパでは一番行っている国なのに、こんな美しい木組みの家の写真が一枚も残っていないとは、何とも残念です。
やはりドイツで観光旅行を一度はすべきだったと悔やまれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「うるわしのハイデルベルク」 何故かロマンチック・・! | トップページ | 「マカオ」 見てください アパート群、苦心の窓辺 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド