« 「シュヴェービッシュ・ハル」 ドイツの魅力が詰まった町で フランス人のこ洒落た挨拶 | トップページ | bella のアトリエから »

2013年5月 4日 (土)

「バード・ヴィンプフェン」 粘って≪ 東山魁夷 ≫と同じ写真を撮りました!

「 バード・ヴィンプフェン Bad Wimpfen 」は  ハイデルベルクの南東 約40km、

かつて 神聖ローマ帝国の皇帝の城があった 「 ドイツ古城街道 」の小要塞都市




                                                      



01.    川岸に樹木が生い茂る ネッカー川 Neckar 流域には 数々の城がそびえており、

河川輸送の大動脈である ライン川とつながっている為  この川の交通量は多い

 01









02.    かつて ヨーロッパ中を支配した 神聖ローマ帝国には 定まった首都がなく 

皇帝は帝国内の幾つかの拠点を移動しながら 領土内を統治していました   その拠点の町を 

「 カイザーシュタット 」と呼び、 皇帝が滞在した城を 「 カイザープファルツ 」と呼びますが

 

その 「 カイザープファルツ 」が ここにあったのですから 一応 凄い町だったと言えるでしょう!

02









03.    現在は 観光客が 大挙して押しかける様な 派手な町ではありませんが

そんな 神聖で! 静かな町に惹かれたのが 日本画家 ≪ 東山魁夷 ≫




町の象徴とも言える 「 青の塔 Blauer Turm 」から俯瞰した 切妻屋根の美しい町、 

望遠でやっと捉えた そのほんの小さな一角を 東山は ≪ 静かな町 ≫という 絵にしています

03









04.    こちらが、 町の中心の マルクト広場 Markt-platz から見た「 青の塔 」 

この塔には 監視哨があり 20世紀半ばまで 絶えることなく 番人が住んでいたそうです

予約ナシでしたが この広場に面した ホテル・ヴァインマンに 飛び込みで 部屋を取ることが出来ました

04

(  塔の手前は 市役所 Rathaus  )









05.    ホテルの部屋の窓から 福音派教会が見えましたが、 鐘の音もよく聞こえました




各時報毎、  さらに15分間隔で 教会の鐘が鳴るのですが、 その鳴らし方が 15分、30分、45分と

それぞれ厳密に異なっていて  さすが 律儀で正確なドイツ人気質だことと、妙に感心しました 

05









06.    町の人たち・・   観光客とは 一目で違いがわかりますね ・・

06








07.    旧市街の通りには 美しい木組みの家々が並んでいます

バード・ヴィンプフェンは 「 下の町 Wimpfen im Tal 」と 「 上の町 Wimpfen am Berg 」に

分かれていますが、  中世のたたずまいが残っているのが 上の町


特に 下の町の「 塩田 」では 製塩産業が 富をもたらし、

「 塩泉 」は 温泉療法のセラピーにも役立つとして、 1835年には 公衆浴場やホテルが開業、

加えて 当時  鉄道が敷かれたことから、 ますます観光事業が盛んとなったという経緯がある




それで 近世 経済的に発展したバード・ヴィンプフェンでしたが、 上の町、オールドタウンの方は 

幸い戦災も免れ  ” 時が止まったかのような 中世の趣き ”を そっくり残しているのです

07

  
  








08.   木組みと言っても 日本の木造とは違います ~

ほら、木枠の内側に ぎっしりレンガが 詰め込まれているでしょう ・・・

08









09.   下の町にある「 聖ペテロ ・ 聖パウロ司教座教会 」に付属する 中庭回廊 1350年頃 

09









10.   1182年に 神聖ローマ皇帝 赤髭王バルバロッサが 築いた「 皇帝城カイザープファルツ 」は

実際は 現在 殆んど崩壊していますが、    ネッカー川の土手に沿って 

当時「 皇帝の間 」があったとされる場所に  アーチの窓付きの壁だけが ひっそりと残っています



たった一面の 赤い壁ではありますが 歴史の重みと寂寥感が感じられました ~

10

日本画家 ≪ 東山魁夷 ≫も 彼の絵の左手に この壁を しっかり 描きこんでおりますよ・・ 









11.    ≪ 古都遠望 ≫ 東山魁夷 1971年

東山は 暮色に包まれた美しい中世の古都にすっかり魅せられ、「 中世の景観を損なう何ものも加えられてない

ことに 驚きの目を見張らずにいられなかった 」と述懐しています



作品は ” 東山ブルー ”の淡いフィルターがかけられ 冷静で厳粛な構成の中に 豊かな詩情を漂わせている 

11









12.   さて これが ネッカー川越しに見る 実際の風景、 スカッと明るい切れ味です 
    

バードヴィンプフェンは ” ドイツで 最もスカイラインのシルエットが 美しい町 ”とされています




実は この写真、橋の中ほどに 一時停車して車から撮ったもの  後続の車にクラクションを鳴らされました     

焦りましたけど  この景色の余りの素晴らしさに 何としても撮らずにいられなかった !

12

それから1年ほど経ったある日、 

東京国立近代美術館の「 東山魁夷展 」で  この絵に ばったり遭遇しました

それまで 東山魁夷が バードヴィンプフェンを描いていたとは 全く知らなかったのです・・・! 





  

折しも 日経新聞では 日本画家の千住博が  ” 詩魂の一点 ” として 

特に  この ≪ 古都遠望 ≫を 紹介していました 




                  
                

あの時、 ≪ 東山魁夷 ≫と同じまなざしで、 ≪ 古都を遠望 ≫する 写真を撮ることが出来て

後続の車に ブーブーッと 煽られながらも 粘った甲斐があったと言うものでした !!

« 「シュヴェービッシュ・ハル」 ドイツの魅力が詰まった町で フランス人のこ洒落た挨拶 | トップページ | bella のアトリエから »

ドイツ「 古城街道 」」カテゴリの記事

コメント

Bad Wimpfen、古城街道にふさわしい美しい街ですね。
東山魁夷さんの作品が、この街で生まれたとは初めて伺いました。
bellaさんの画像と比較すると、ボクなんかの予想していた以上に画家は忠実に写生されているのが良く分かります。
また、いつも考えていたのですが、多くの画家の構図はかなりな望遠画角で対象を単純化されているらしいことも、bellaさんの望遠レンズから改めて納得させていただきました。
「古都遠望」に遭遇する前にこの写真を撮られていたとは、さすがです。(!)

中世の趣きを今に残す街並み、
絵本の中に出てくるような風景ですね。
外国風景を描く画家のいいモチーフとなりそうです。
東山画伯が外国のドイツの風景がを描いている事をめて知りました。 
日本画家であっても興味の対象だったんでしょうか。
もっとも、最近の日本画は洋画と同じようなモチーフの
絵が多く描かれていますね。

美しい風景が残る街、行ってみたいものです。

こんばんは (◎´∀`)ノ
美術や芸術に疎い私でも”東山魁夷”の名は知っています。
その東山魁夷氏がドイツを訪れ作品を残していたことは初めて知りました。
しかも、このような決して有名ではない街を訪れ、そこで絵を描いていたとは?!
東山魁夷氏も旅の達人だったのでしょうか?!
それ以上に驚いたのは、bellaさんが後続の車にクラクションを鳴らされながらも撮影した風景。
その場所の光景を残した作品があったことです。
bellaさんも絵筆をとられる方、見るべきところ・目線は東山魁夷氏と同じだったというところが、『素晴らしい!』です。

お恥ずかしい事にバード・ヴィンプフェンの事初めて知りました。 カイザープファルツがあった町だけあり、本当に素敵な所ですね。
東山魁夷さんが描かれたネッカー川越しに見る風景の写真拝見すると、後続の車にクラクションを鳴らされても、止まって撮られたお気持ちよくわかります。    
東山魁夷さんのドイツで描かれた絵は何点かみていますが、ご紹介頂いた絵は初めてと思ったのですが、bellaさん東京国立近代美術館でばったり会ったというのをみて、生誕百年を記念した東山魁夷展のカタログを見ると、ちゃんと載っていますから、小生も見ていたわけです。
どうもこのところ昔の事は覚えていても、比較的近い頃の事を忘れてしまい、相当ボケが進んでいると情けなくなります。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「シュヴェービッシュ・ハル」 ドイツの魅力が詰まった町で フランス人のこ洒落た挨拶 | トップページ | bella のアトリエから »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド