« ドイツ古城街道「 古都バンベルク 」は 明るく華やかで女性にお勧め | トップページ | 「ニュルンベルク」 デューラーが暮らした街 ”憂鬱だっていいんです!” »

2013年3月27日 (水)

老銀杏、ワタシは1300歳になりました そしてボクたち 5歳だよ 

千葉市の古刹、 「 千葉寺 」 境内

 

春爛漫の さくら色に染まる中、 1300歳を迎えた 老銀杏、 デ~ンとそこに御座します

 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

 

01.

01






02.      仁王門   1828年

02






03.

03






04.      「 僧行基 」 が 709年に植えた という 銀杏の樹

04_2







05.     ” 老銀杏、ワタシは1300歳になりました そしてボクたち 5歳だよ ”

05







06.

06







07.

07







08.

08







09.   垂れている「 乳柱 」を 煎じて飲むと 母乳の出がよくなる、という言い伝え

今では ” 天然記念物 ”につき、 煎じるなんて モッテノホカ !!

09








10.     ここの桜も 結構な お歳、、、  お肌を見ればわかります~

10





11.

11







12.    「 椿 」も 彩りを添えておりました~

子供でもなく、 老人でもなく、 ” 妙齢の美人 ” の趣き でしょか ・・・・・

12

« ドイツ古城街道「 古都バンベルク 」は 明るく華やかで女性にお勧め | トップページ | 「ニュルンベルク」 デューラーが暮らした街 ”憂鬱だっていいんです!” »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは (◎´∀`)ノ
久々に国内の話題ですネェ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ!
いや、それにしてもこの銀杏の老木。
その姿からしても、どれほど長い時代を生きてきたかが解かります。
縄文杉に負けず劣らず!ですね。
1300年という長い年月の間には、一昨年の東日本大震災や関東大震災など、
何度となく大きな地震に襲われたと思います。
それでもこうして元気に立っているのですから、スゴイ!ですよね。
桜や椿も、この老銀杏と会話しながら、時を過ごしていそうです。

この老木はどれだけの時の流れを見てきたのでしょうか。
植物の生命力の強さに驚くばかりです。
それに対して、人間の一生は短いものですね。
しっかりと根をおろし、堅実に毎日を生きる事の大切さを
教えてくれているようです。

この木の回りで遊ぶ子供たちが、大人になった時も
同じようにここで生きているんでしょうね。

千葉寺という名のお寺があるのですね。
樹齢1300年の銀杏は圧倒されるような大きさで
今迄見てきた木の中で初めて見る太さです。
桜も立派な古木で、見事に花を咲かせていますね。
千葉県人としては一度参拝に行かねばと思うようです。

ドイツの旅路から突如、桜花爛漫の千葉へ里帰り。(笑)
やっぱり桜の季節は日本もいいなぁ。
その桜の春を圧倒するに充分すぎる銀杏の古木。行基伝承は各地にあるようですが、さすがの貫録ですね。
5歳の子供たちとの対比が、かれらの未来と、老樹の長い過去をみごとに浮き上がらせてくれているような。

千葉市の桜も満開ですね。
1300年の銀杏もすばらしいです。
終末に東京へ行きました。
上野公園の桜は満開でした。
各地で桜の花を楽しめる日本の春はすばらしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ドイツ古城街道「 古都バンベルク 」は 明るく華やかで女性にお勧め | トップページ | 「ニュルンベルク」 デューラーが暮らした街 ”憂鬱だっていいんです!” »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック