« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月22日 (金)

華やか、「ルードヴィヒ一世の美術館」 ほの暗き、「美男ルードヴィヒ二世のお墓」


ミュンヘンは ヴィッテルス・バッハ家の 「 ルードヴィヒ一世 」が 芸術をこよなく愛し、

いくつもの博物館や大学を創設したことから、 華やかな芸術の都として発展してきました

                                                           


01.   ”Achtung Tram 電車に注意! ”という標識の向こうに 大勢の人だかり

近寄ってみると 「 ルードヴィヒ一世の 」銅像の足元が  なんと祭壇と化しています!

雨に濡れないよう ビニールで覆われた「 マイケル・ジャクソンの 」写真が 花やロウソクの中で 微笑んでいる

01








02.   ちり取り持参で きれいにお掃除している人もいる 


「 ルートヴィヒ一世 」もびっくりでしょうね・・  
お花が 自分のためでなく 後世のスターのためだなんて!

02








03.   ところで、その 「一世」の後継者、 かの有名な「 ルートヴィヒ二世 」の墓が 

このミヒャエル教会 Michaelskirche の地下にある 



墓所に入るには 2ユーロかかったけれど、 ”美男 ”につられて 地下に降りました~

03









04.   もともと 芸術を保護・奨励するのは バイエルン王室の伝統的傾向でしたが、

生来のロマンチスト「 ルードヴィヒ二世 」が、芸術を愛し追及する姿は 異常なほどでした
 



歌劇「 ローエングリン 」を見たその時、 ワーグナーに魂を奪われたのが発端で、 

後年に建設した 自らの理想郷 「 ノイシュヴァンシュタイン城 」の壁画は 

ワーグナーオペラの 筋書きのモチーフで彩られた 



しかし、その城で過ごしたのも 僅か170日、 彼は シュタンベルク湖で 謎の水死を遂げてしまう

04

約30基の ヴィッテルス・バッハ家の貴人の墓は 結構 質素なしつらえでした
  



「 ルードヴィヒ二世 」は おのれの 美意識の結晶 「 ノイシュヴァンシュタイン城 」に

今日、毎日 多くの人々が 観光バスで押しかけるのを この墓から どんな気持ちで眺めているでしょうか~ 





                                                        



05.   さて こちらは カールス門 Karlstorと カールス広場 Karlsplatz

このあたりは 歩行者天国となっていて ミュンヘンのメインストリートまで伸びている

道すがら 70歳後半と思われる婦人と すれ違ったが 

お洒落のセンスと ” 装うことへの意欲 ”に 目を見張りました! 

05








06.   アルテ・ピナコテーク(左上)や イタリア人がデザインした将軍堂 Feldherrnhalle(右上)


ヴィッテルス・バッハ家の宮殿 レジデンツ Residenz(左下)

そして クラシック・ファン垂涎の バイエルン州立歌劇場 Bayerische Staatsoper(右下)

06

レジデンツの門前で 盾を持つ獅子の像、 盾に触れると 幸福が訪れるそうで、 

その部分が ピカピカ光っています~  触るべきは ”ジュリエットのおっぱい”だけではなかったのです!


                                                  

07.   何故か 「 将軍堂 」で 棒高跳び大会が 開かれていました~

07








08.   ヴィッテルス・バッハ家が集めた  15~18世紀の名画を 展示している 

「 アルテ・ピナコテーク Tlte Pinakothek 」( 1836年 )

パリの 「 ルーヴル美術館 」同様、 ここでも カメラOK、

あちこちで 美術の校外学習が行われていました~

08









09.  「アルテ」は 古い、という意味ですから 主に 「古典」が 集められています


フランツ・ハルス、 ボス、 ブリューゲル父子、 ティントレット、 ボッティチェリ、

レオナルド・ダ・ヴィンチ、 ラファエロ など 枚挙にいとまがありませんが、 とりわけ

私にとっての目玉は 「 アルブレヒト・デューラー 」



デューラーが暮した町、 「 ニュルンベルク 」を 訪ねるにあたり、 前もって 作品とご対面!

09








10.   「 ノイエ・ピナコテーク Neue Pinakothek 」は 「 アルテ 」の

向い側にある 美術館で、 19世紀から20世紀初めの作品を展示している


パリの「 オルセー美術館 」と違って  ここも カメラOKです

セガンティーニ、クリムト、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ、ルノワール、モネ、 など傑作揃い! 

10








11.    ところで、 日本人画家 「 原田直次郎 」が 1884年、21歳で ここミュンヘンに留学して来た

代表作「 靴やのおやじ 」からは 日本人のセンスとも思えぬ 卓越した洋画の才能があふれている

 
同時期にミュンヘンに留学していた 「 森鴎外 」とは 芸術・私生活を通して 深い交流を重ねたという


しかし他方、 同じ1884年に 18歳で フランスに留学した 「 黒田清輝 」が

帰国後、 日本における 西洋画壇の重鎮として 日の当たる場所を 歩き続けたのに対し、

ほんの数年早く帰国した 「 原田直次郎 」は、 運悪く 激しい洋画の排斥運動のピークに遭遇し、

せっかくの 洋画の技術を 存分に発揮・伝授できないまま 36歳で夭折してしまった

11

( 帰国後の 最高傑作 「 騎龍観音 」は 当時は 賛否両論・・   写真左が原田 右が鴎外 )







12.   美術館の前庭で・・・    ”  親が親なら  子も子  ^&^  ”

12

ミュンヘン市内を ざっとご紹介しましたが  

実際は 「アルテ」と 「ノイエ」 両美術館を見て回るのに それぞれ一日づつかかりました 




                             


19世紀末には 数千人という画家が ミュンヘンに集まり パリ以上に ” 芸術の都 ”だったといいますが

今日、 EUの優等生 経済や産業活動が中心の ドイツにあっても 

ミュンヘンには、 芸術を愛した「 ルードヴィヒ一世 」の志が なお 深く息づいており、



「 ルードヴィヒ二世 」の 儚い悲劇の物語と 「 ノイシュバンシュタイン城」は

山のような観光客を ドイツに呼び寄せる原動力となっています 




まさに ミュンヘンは 「 ヴィッテルス・バッハ家 」の 賜物と言えるでしょう

2013年2月15日 (金)

ミュンヘンのビアガーデン  老若男女、飲んでる場合デス!

ここは ミュンヘンの ほぼ中心部にある 野外市場

「 ヴィクトアーリエンマルクト ViktualienMarkt 」

野菜や果物など 普通 市場で売っているものに加えて ” ビアガーデン ”が名物!


 

                                                

01.  木陰に 寄り添う 居心地のよい ” ビアガーデン ” 

午前 10時半過ぎですが もうジョッキを 傾けています

でも、、 こんな風景は 今に始まったことではありません ・・・

01







02.  ミュンヘンの 「 ノイエ・ピナコテーク美術館 」にある

ドイツ印象派の 代表的な画家 マックス・リーバーマン (Max Liebermann)の作品

「 ミュンヘンのビアガーデン 」 1883年


 

楽隊が入り、 木漏れ日を浴びながら 老若男女 楽しそうにビールを酌み交わしています

小さな子供にも ビールを飲ませていますね  

02








03.   現在は 何の疑いもなく ” 生水 ”を飲んでいるけれど、 

飲料水として ビールなんかの方が ずっと信用が置ける時代もあったのです

   

フランスで 安心な飲料として 子供たちに ワインを飲ませていたのも 有名な話・・


                          



現代では ペットボトルの ミネラルウオーターが 何と言っても 生活必需品ですけれど !

03







04.  ビアガーデンで 可愛い園児のピクニック、  パンやりんご、チキンなどを食べてます

まだ10時40分ほどですから  おやつタイムでしょうか・・



コップの中身が ビールだったら 笑えますが 、   まっ そんなはずないかあ~

04







05.  この市場では チーズや蜂蜜 いちごや ホワイトアスパラガス ソーセージも売ってます

市民の台所ではありますが、 

民族衣装のガイドも来て、単なる市場でなく やっぱり 人気の観光地と言うところ !

05








06.   敷地のあちこちに 数々の 彫刻オブジェもあり、 なかなかお洒落です~

06







07.   麻布や 小枝 シュロなどで作った 名物の動物マスコットも とても可愛い!

07








08.   さて、 今は6時半  ヨーロッパの6月の夕方は こんなに明るい 

” ジューン・ブライド ”という言葉がありますが、 結局 最高の季節だからこその慣習で、

憧れがあったとしても  蒸し暑く、梅雨時の日本には そぐわないものかもしれません・・・

08









09.   ミュンヘンには  超有名な巨大ビアホールが たくさんありますが

こうした ” 路上ビアホール ”も 相当な座席数になりそうです

ふと想像しましたが ミュンヘンでは トイレの数も かなりになるのでしょうネ!

ヨーロッパを旅行する時  トイレは悩みの種、、 

アイルランドなどでは 高速道路の休憩所にすら トイレがありませんでした ~



                    


「 莫大なビールの消費量、 そして それを支えるトイレ 」、  なんか 論文が書けそうです!  ^&^

09







10.  角の建物が 大型ビアレストラン ” ヴァイセス・ブロイハウス Weisses Brauhaus ” 


通りを挟んで 手前側のホテルに泊まりましたので、 早朝の風景が 目に入りました

搬入される 飲み物の数は 半端なくすごかった!

10








11.  このおじさん、 生粋のミュンヘンっ子  毎日、毎日 ここヴァイセス・ブロイハウスにやって来る

英語がすごく達者で お口も滑らか、 喋るわしゃべるわ・・  そしてその9割が冗談ばかり !



                  



” 僕の体、血液のほとんどが ブロイハウスのビールで出来ている、、 

お母ちゃんの料理は最高だけど ブロイハウスのビールで 胃袋をちょぴり麻痺させておくんだよ 、、 

戦争当時は ナチの軍服に バリッと身を包み イギリス人たちを 撃っていたのさ、、 ”っと

銃を構える姿が 得意そう  


同席した イギリス人の若い教師夫婦には

” でも あんたがたの お父ちゃんたちが 鉄砲を空に向けて撃ってくれたお陰で 僕は命拾い、

今こうして ビールを飲んでいられるんだよ、、、”

” このスカーフかい? これは 美声を保つために のどを冷やさないようにしてるのさ ” ・・・

11








12.  ビールは  小さいグラス (クライネス Kleines)で 0.3リットル

大きいグラス (グローセス Grosses)で 0.5リットル、 

その重みが なんだか有難く、ドイツに来た~~って感じですが、

1リットル入りのジョッキとなると  グラス共々 相当な重さになります~

私などには  片手で軽々と持ち上げる、と言う訳にいきません 

12

(  お土産用の 陶器のジョッキー )



ドイツ人は 毎日 そんなジョッキで乾杯してるから、 バーベルの上げ下げで鍛えなくても

逞しいガタイが出来上がるのかもしれません !! 

                                       


2013年2月 8日 (金)

ミュンヘン からくり時計「グロッケンシュピール」 私がドイツが好きな理由

今回は 南ドイツを 旅したいと思います~

まずは 「 ミュンヘン Munchen 」から



                                               

突然ですが、 何故か 私はドイツが好き!  理由は3つある!




01.  1つめの理由は 「 ドイツのホテルの朝食 」

他のどの国と比べても 多彩で、 質・量共に素晴らしい !

旅行者にとっては、 満腹のお陰で 昼ごはんをスキップ出来て、 時間の節約に大変役立ちます

01

 
(  ビュッフェには ヤクルトもありましたよ~  )





02.  因みに ” 美食のフランスの朝食 ”は パンとコーヒーだけで この上なく質素!

本質的に 昼と夜の食事が 立派な分 朝は軽いのです




日本のように もともと低カロリーな食事は 3回分 ちゃんと食べる仕組みになっている

では ドイツは?   3回とも重いから 体重も重い!  しかもビール付き!? 



写真は ミュンヘン 新市庁舎 Neues Rathaus前にある 「 マリエン広場 Marienplatz 」

02








03.  ミュンヘンは アルプスにほど近い ドイツの南部にある大都市で、 バイエルン州の首都



ドイツでも 第一級の芸術・文化都市、 同時に経済・科学の中心都市でもありますが

さらに 人々の 明るく陽気な気質も 一級品かも知れません!

03

( 新市庁舎 と マリエン広場 )





04.   広場にある 「 魚の噴水 Fischbrunnen 」

ここは ミュンヘンで ” 最も有名な待ち合わせ場所 ”  ここなら間違いようがありませんね

日本で言えば ” ハチ公前 ”といったところ~

                    

昔、ここに 「 魚市場 」があったことから 魚のオブジェが 頭に付いたこの噴水ですが 、

何故か、 見習い期間が終った「 肉屋の新米職人 」が この噴水に飛び込む儀式が 長く行われたそうです

しかし、最近は 金運を念じて、この泉で お金の入ってないカラの財布を洗うらしい  

果して 鎌倉の銭洗い弁天並みに ご利益があるでしょうか~

04









05.  さて この広場には  毎日、11時、12時、17時に 大勢の人が集まる

まるで ミュンヘン中の観光客が 一斉に集まったのでは、と思うくらい 人で埋め尽くされる!




お目当ては 新市庁舎の塔屋の張り出し部分の 「 グロッケンシュピール Glockenspiel 」

時報と共に、 ”からくり人形 ”が 43の鐘が奏でる音楽に合わせて 踊り出す

05







06.  上段では 1568年の バイエルン公の婚礼の様子が 再現され、

色彩りどりの 華やかな真鍮の人形が踊り出す・・   やがて 騎馬の御前試合が始まり

フランス・ロレーヌの騎士が バイエルンの騎士に 槍で一突きされ 後ろにのけ反ると

広場中から 一瞬 ” オー ”っと 歓声が上がる

                     



下段では 16世紀、大流行したペストが終焉したことを神に感謝する「 樽職人のダンス 」が 繰り広げられる

現在でも 民族衣装を着た 実際の「 樽職人のダンス 」が 7年に1度 ここで行われるそうだ

06






07.   パリやロンドン、マドリッドやニューヨークなどと同様

大都市 ミュンヘンとなると、 観光客の国籍が 一気に 多種多様となります ~

07






08.   イタリア、ヴェローナと姉妹都市だという ミュンヘンですが、

街角に まさかの 「 ジュリエット像 」が~!

ヴェローナのジュリエットに負けず劣らず 右胸がピカピカです!  右胸を触ると 恋が成就すると言いますが

ただむやみに 胸が触りたいだけの人が 多いに違いありません  ^&^

08








09.  ところで 私がドイツを好きな理由 その2は ルーズで居心地良い!「 ベッド・メイキング 」



美しさを重んじ、四方を固く閉ざす フランス式の ベッド・メイキングは 息苦しく、

まるで 人間の体に厚みがあることを忘れているかのようだ  ( あくまで個人の感想です~!  )

09

( 新市庁舎 からくり時計の塔に 登ることができる )







10.   街の子供たち、  やわらかい髪の毛が美しい・・

10







11.   そして、 理由 その3が 素朴で美しい ドイツ風「 木組みの家々 」

ミュンヘンから 地方に出ると、 それから 嫌と言うほど お目にかかります~~


                      

「 聖ペートルス教会 Peterskirche(1386年)」、鐘楼の階段は249段もあるが

ミュンヘン市街を一望するには 絶好のスポットです !

市民は この鐘楼を 親しみを込めて ” ペーター爺さん Alter Peter ”と 呼んでいるそうな

11







12.   聖ペートルス教会の 鐘楼から、、、    赤い屋根は ミュンヘンの色

12

屋根の色とよく似た 赤いお鼻の陽気なドイツ人、それも 私がドイツが好きな理由のひとつです~~

                        

” のん兵衛天国 ” ミュンヘン、 もう少し探検してみましょう

2013年2月 1日 (金)

ケベック・シティ 大都会の隣に ” 大瀑布とグルメの島 ”

ケベック・シティの夕暮れ時、 丘から港を見下ろすのもロマンチック、、

古い建物の壁を染める 夕日もロマンチック、、、



                                                     

01.  「 クリスマス・デコレーション・ブティック La Boutique de Noel de Quebec 」

クリスマスのオーナメントは ドイツやフランスなど欧米の国々で ” 季節もの ”ではなく ”通年商品 ”、

玩具や文具と同様 一年を通して 人々が必要としています!

01








02.   ケベック・シティで一番有名なレストラン 

「 オーザンシアン カナディアン Aux Anciens Canadian 」(写真左下)は

17世紀の古民家を改装したもので、 屋根は 雪が積もりにくい 急こう配になっている



お客が一杯で 入れません! 早めに予約しておくべきでした   

樹木が 大砲の弾を食べてしまっている・・   私も 何でもいいから 早く食べたいもの!

02








03.   レストランが居並ぶ サン・ルイ通り Rue St-Louis 夕方6時ごろ、

さすが北国   観光客の出足が早い! 



8~9時ごろからスタートする スペインやイタリアのように のんびり構えていたら 食いはぐれます~

03







04.   結局 連日 「 イタリアン 」となりました・・ 
 



日本人にとっては 世界中で ”中華 ”は 便利な食事ですが、

西洋人にとって ”イタリアン ”は 最近はどこでも かなり受け入れられています~

04







05.   さて、次は 郊外に出かけましょう~   ケベック・シティから北へ 車で20分、

「 モンモランシー滝 Chute Montmorency 」
  

滝の上にかかる橋を歩く人影が 見えますか ~

05







06.   吊り橋は 滝が 今まさに 落下しようとする地点に作られている

じっと見つめていると 吸い込まれそう・・・  



アメリカ五大湖全ての水の流れを一身に集めて たゆとう大河、セント・ローレンス川、

「 モンモランシー 」の流れも 当然のように そこに合流します

06









07.   落差83メートル、 ナイアガラの滝が53~55メートルですから 高さでは負けていない !

冬季は ほぼ結氷するので、アイスクライミングの聖地となるらしい



山奥でなく 大都会のすぐ側に このような雄大な大自然が控えている・・  

” それこそカナダ ”  なのです!

07








08.   次は セント・ローレンス川に浮かぶ島、 「 オルレアン島 Ile d’Orleans 」


前回の記事では ケベック・シティ側から この島を見遥かしましたが

今回は その逆、オルレアン島から ケベック・シティを眺めます~



向って左側が ケベック・シティの 「 オールドタウン 」、 

右半分が 高層ビルが立ち並ぶ 「 ニュータウン 」だということが 見て取れる

真冬はこの川が 凍結し、世界が一変! 馬車やソリなどで渡れるようになるということです 

08





09.   島に渡る 唯一の橋、1.74kmの「 オルレアン橋 」が作られたのが 1935年

それまでは いわば ” 閉ざされた島 ”だったので、都市化せず 昔のままの 

古い生活様式が 残っている訳です

09

( モンモランシー滝の水流が セント・ローレンス川に 合流する地点に オルレアン橋があります )







10.  島民は 主にフランスのブルターニュやノルマンディから 移住したものが多く、

17~19世紀の古い家屋が 600軒ほど残っている 


   

家の真ん中に 暖炉、チムニーがあるのが 典型的なスタイルですが、  

最近は 写真のように 
美しい別荘が 建ち並ぶようにもなっている

10








11.   主に農業が盛んで、 この島の野菜・果物は ケベック・シティの市場で売られます


島のあちこちに 直売所がありますが 

この日は 特に ”お子様、夢の一日 ” と題した 移動遊園地が 開かれておりました

11







12.  「 オルレアン島 」は 長さ34km、幅8km・・

私たちは ひたすらのんびりと 光を浴び風に吹かれて、 島一周のドライブを楽しみましたが



今や 島は 地元の産物を使った味自慢のレストランがたくさんある ” グルメの島 ”となっているので、 

ゆっくり滞在するのも一案です!   

12

さて、今回で ” カナダ東部 セント・ローレンス川沿いの旅 ”は 終了です


最後は やはり ” メープルの朱赤と カナディアン・ブルー ”で 閉めとするのが一番でしょうか・・!


お読みいただき ありがとうございました



                           

次は 、 bellaのドライブ旅日記 「 ヨーロッパ編 」 が続きます~~

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック