« 安曇野 NHK朝ドラ「おひさま」と 男神女神の「道祖神」 | トップページ | モントリオールは近代的大都会 そして ”私は忘れない” »

2012年11月29日 (木)

とてつもない規模「大王わさび農場」と 泣けるように清らかな川 


わさびの育成には 淀むことのない 低温の清らかな水流が不可欠です


長野県安曇野にある わさび農場は 北アルプスからの ひんやりした 豊かな湧水を利用している




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。






01.  ” 清らか ” という以外  言葉が見つかりません ・・

01







02.  ここ 「 大王わさび農場 」は 日本最大の わさび園 

私の想像を 遥かに超える とてつもない規模の わさび田でした



このような 幾筋もの 縦縞模様が 延々と続き 、、、

02





03.  ”中の島 ” を越えて行くと、 また 次から次へ 別な 縦縞わさび田が 現れます!

03







04.  わさび田に引かれる湧水は 一日12万トン、 水温は常に12度、



この水路を 長靴を履いた職員が行き来しながら 作業を行うが

水温も一定であるし、 わさびは 年間を通して 収穫できるそうだ 

04

( まるで 川の流れそのものを イメージさせる わさび田の連なり )




05.  そばで見ると 結構な流水量です !

わさびは 直射日光に弱いので、4~9月は 黒い寒冷紗で覆われる

この日は 10月末、 布は黒い棒状に巻き取ってあり、 わさびが見えてラッキーでした!

05







06.  ところで、 「大王」とは 敷地内にある 「大王神社」に 由来し、

伝承によれば この洞穴の奥に その八面大王の胴体部分が 埋葬されていると言うことです



1917年 小規模なわさび田の開墾から 今日を築いた 創業者の家族の銅像もありました 
06








07. わさび田の 東側には 「犀川」が、 西側には この「蓼川」が 流れている


蓼川には 水車小屋が3つ、  さらに  川下にはいくつもの道祖神が並び、

この上ない情緒を 醸し出している ・・・

07








08.  素人カメラマンでも 泣けてくるような美しいシチュエーションですが、


NHKの朝ドラも、 また有名な黒沢明監督も 映画 「夢」で、 この場所を使ったそうですよ

08







09.  「 ゆく川の流れは絶えずして、しかも 元の水に非ず 」 

方丈記の 鴨長明さんは、 

人生にも似た もっと 濁った流れを思い描いたとは思いますが ・・・

09







10.  安曇野北部、 青き山々に対峙する斜面では  収穫の済んだ ワイン用のぶどう畑が 

なお 赤き葉を輝かせておりました

10







11.  ドイツや フランスのぶどう畑とは  面積で 比べものにならないが、

この日差しと乾燥具合からすれば、 きっと美味しい日本製ワインが出来ることでしょう !

11








12.  お土産コーナーでは  数々の試食品が 惜しげもなく振る舞われていました

お菓子から 漬物や佃煮まで、 端から端までトライしたことは言うまでもありません   ^&^

12

山々が雪の帽子をかぶる頃は また一際魅力的だと、 

安曇野を得意とする 画家さんもおっしゃっていました

 

またその頃、別な顔の安曇野に 再び出会ってみたいものです!

« 安曇野 NHK朝ドラ「おひさま」と 男神女神の「道祖神」 | トップページ | モントリオールは近代的大都会 そして ”私は忘れない” »

信州の風」カテゴリの記事

コメント

bellaお姉さま、こんにちは~
信州は長野
高校の修学旅行で一度だけ行ったことがありました
お姉さまのお写真でわさび畑のことを思い出しましたよ
そうですね~水がとても美しかったように思います
映画の夢・・・ありましたよね
このシーンが!
水車小屋があって水がゆったりと流れている・・・
それは華やかな?お葬式があるお話だったような
って私の勘違いかもしれませんが~(笑)
お姉さまのお写真は他の方もコメントで仰っていましたが
アングルが素晴らしいです
やはり絵画をなさっていらっしゃる方は違いますよね

大王わさび農場に出かけられたんですね。
そのスケールの大きさもさることながら、流れる水の清らかさと
水量に驚かれた事でしょう。 
私が訪れたのは8月の暑い夏の日でしたが、
爽やかさにしばし暑さを忘れた記憶があります。
水車のある風景は風情がありますね。 多くのカメラマンや絵描きさんが
いたのではなかと、想像されます。
すばらしい秋の一日を満喫されましたね。

今晩は!何度か訪れたわさび園改めて見直しました。
さすがはbellaさん、画角が違います。

葡萄の仕立てはワイン用と果実(食用)と異なるのでしょうか?
ワイン用のブドウの作りはこんな木立ち仕立てなのかな?
確かにヨーロッパも斜面に木立てで栽培されていましたね。
葡萄は日本では棚に仕立てるものと思っていました。

こんばんは ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙!
ここ『大王わさび農場』は私も訪れたことがありますが・・・「んっ?」と思いました。
なんと「わさびが見えてるぅ~! (゚o゚)オォーッ!」ではありませんか?!
いやいやこの『大王わさび農場』は、『大王』だけあって(?)、規模は凄いですよね。
しかし私の記憶はもうすでに遠いのか、04の写真のカーブのわさび田、覚えていない・・・(^_^;;アセッ!
洞穴と銅像も、たぶん見ていないのか記憶にありません (>_<)ショック!
”わさびソフト”を食べた記憶はあるのですけどねぇ(笑)!
でも、川の清流は覚えていますヨォ w(^o^)w!
ブドウの木の葉っぱ、こんなに紅葉するのですね。初めて知りました。
いやはや、もみじやイチョウにも負けていないです。

お早うございます。
ここのわさび農場には二度行っています。
去年は町内会のバスツアーでした。
ベルトコンベアーで運ばれるような旅でした。
bellaさんの綺麗な写真はパリ郊外を想像しました。
安曇野は好きなところで良くいきました。

大王わさび農園、仕事の途中でちょっと立ち寄ったり、最近はグループ撮影行で訪ねたり、
いつでも素晴らしい風景をみせてくれます。
そういえば、日よけのかかっていないわさび田はにはなかなかお目にかかれなかったような。
水車のある蓼川の恐ろしいほどの水量と澄んだ水の流れは感動ものですね。
あいかわらずのbellaさん調は、わさび農場でも全くぶれのないすばらしいさです。

こんにちは~♪
大王わさび農場、初めて見ましたぁ~
大規模と言うか‥‥ 凄い量の湧水ですね!

北海道にもワサビ畑ってあるようですが
規模は、この何千分の一でしょう

水車小屋がある風景、いいですね~♪

懐かしい大王わさび農場の景色を眺める事ができ感謝です。
あの素敵な水車のある景色はもちろんカメラにおさめましたが
大王の由来は初めて知りましたし、大王神社やその洞窟、銅像
等は全く知りませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 安曇野 NHK朝ドラ「おひさま」と 男神女神の「道祖神」 | トップページ | モントリオールは近代的大都会 そして ”私は忘れない” »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック