« 愛妻に捧げられた「ベッラ島」 確かに魅力的です! | トップページ | 「ドロミテ・アルプス」 40ユーロの安宿で、心が満腹! »

2012年9月20日 (木)

イタリアの「ドロミテ・アルプス」は 奇岩の連続

イタリアの北部には ヨーロッパアルプスという 巨大な壁が連なり

その大部分は フランス、スイス、オーストリアと 国境を分かち合っている

しかし 今回訪れる 「 ドロミテ・アルプス Dolomiti 」は 

” 生粋のイタリアアルプス ”と 言えるでしょう

                                                           





01. トレンティーノ=アルト・アーディジェ州 Trentino-Aito Adigeの東部の

アーディジェ渓谷は 

有名なブレンナー峠 Passo del Brenneroから降りてくる道で 大昔から 交通が盛んでした

01







02. さすがイタリア、 谷は深くても 日当たりが良いので、

この地域、 斜面では葡萄や果樹が、谷底では 穀物類が 栽培されている


 

歴史的には オーストリアの伝統を受け継いでいるので、 ドイツ語が使われている

02

( ワイン街道 ・・・ 標識も 独伊両語で )

03. ガルディーナ渓谷 V.Gardena に入ると、 

緑輝く牧草地が 褐色の岩肌を優しく包み込み、 可憐な野の花が風にそよぐ ・・・


 

   
日照りや風雨に晒される 谷あいのキリスト像は 受難を忍ぶ姿そのものであり

この地域の人々の 純朴な信心をも 彷彿とさせる

03







04. 毎日、こんな風景を眺めて暮らせば 夫婦喧嘩なんて ないでしょうネ・・・・!

ガルディーナ渓谷の町  オルティセイ Ortisei
04







05. 木製品、錫製品、七宝など 民芸品で有名な保養地

セルヴァ・ディ・ヴァル・ガルディーナ Selva di ValGardina

05







06. さあ、いよいよ  ” 奇岩のドロミテ・アルプス ”が 始まります

並走したり 抜かれたり ・・・・・  走りながらでも 友達になれる !?

06






07. 「 ドロミテの展望台 」として有名な このあたり、 雄大な奇岩の列が連なる

アルぺ・ディ・シウジ Alpe di Siusi 地方の山々


オートバイ族も ここで 一休み     

07







08.  写真07. での 一番右端の奇岩は、 近づくとこんな姿・・

08







09. セッラ峠 Pass Sella 2244m、   ここから

ドロミテ・アルプスの 最も広大な絶景 「 セッラ山群 」の 素晴らしいパノラマが見渡せる

ハイシーズンとあって、バス、自転車、オートバイ、自動車、 思い思いの方法で

多くの人々が やって来ています

09






10. どうですか~~  熟年 サイクリストたちの この引き締まった美しい肉体!

10






11. これが 「 セッラ山群 」

右から 背の高い岩という意味の 「 サッソ・ルンゴ Sasso Lungo 」 3182m

5本指という意味の 「 チンクエ・ディタ Cinque Dita 」 2998m

左が グローマンの峰 「 プンタ・グローマン Punta Grohmann 」 3142m

11







12. 灰色の王冠の ギザギザの尖んがりを 天空に伸ばす 3つの峰 、、

その裾野は 緑成す穏やかな牧草の谷 、、、 

12

冬は、 そそり立つ3つの峰の 裾に広がる白いスカートが 雪のゲレンデ

そう、 ドロミテは 冬は 夏以上に賑やかな スキー・リゾート基地となるのです

                            






「 ドロミテ・アルプス 」 つづきます

« 愛妻に捧げられた「ベッラ島」 確かに魅力的です! | トップページ | 「ドロミテ・アルプス」 40ユーロの安宿で、心が満腹! »

奇岩のイタリアアルプス」カテゴリの記事

コメント

3000m級の岩山のふもとに点在する街や道路、草地どれをとっても
日本では見られない光景に驚きます。 そこで暮らす人々にとっては
たいへん身近な存在なのでしょうね。 観光客にとってもすばらしい
景観に満足できそうです。 

こんばんは o(*^▽^*)o
私のブログに頂いたコメントによりますと、今イギリスにいらっしゃるとか・・・(・_・)イイナァ!
それはさておきまして、イタリア・ドロミテ地方、名前は聞いたことがあります。
どんな所かと思ったら、とても不思議な光景が広がるところですネェ!
山というより岩にしか見えないし、ましてやその直下の麓に牧草地が広がるなんて・・・
Σ(゚д゚;)?!
日本ではまず見られない光景だと思います。
05の写真を見ますと、ドイツ南部のフュッセンの街やスイスの街並みにも似て、どこか懐かしく感じました。

ドロミテアルプスは本当に奇岩が多いですね。しかも3000米級の奇岩の3つの山からなるセッラ山群の裾野には、緑の牧草地が広がり人も住んでいるとは、日本では見られない素敵な光景です。
そしてそんな所へ、自転車でも行けるとは信じられない様です。
連日素晴らしい景色を眺めながらのドライブを楽しまれているbellaさんが本当に羨ましいです。

ドライブの旅は快適でしょうね。
「ラッセ山群」は風化が進んでいるのでしょうか?
相当破壊が進んでいる様に感じます。
酸性雨の影響かも知れませんが惜しいですね。
この地方は観客が多くて華やいでいますね。

今晩は!
ドロミテアルプス素晴らしいです。同じヨーロッパアルプスと言っても全く景観が違いますね。
そいえばアルプスを歩いていると所々にキリストや、マリア像が置かれていました。特にマリア像は鉄格子で保護されて!持ち去るのが何処の国にもいるのでしょうか?
これらアルプスが日本の山のように集中豪雨で土石流が発生しないのは山の成り立ちが違うのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの「ドロミテ・アルプス」は 奇岩の連続:

« 愛妻に捧げられた「ベッラ島」 確かに魅力的です! | トップページ | 「ドロミテ・アルプス」 40ユーロの安宿で、心が満腹! »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック