« イタリアの「ドロミテ・アルプス」は 奇岩の連続 | トップページ | ドロミテの雄姿 「 ポルドイ・アズ・ナンバーワン! 」 »

2012年9月27日 (木)

「ドロミテ・アルプス」 40ユーロの安宿で、心が満腹!


モンブランやユングフラウなど 高い山は、 主に ”観る”楽しみを与えてくれますが


「 イタリア、ドロミテ・アルプス 」は  実際に ”トレッキングやスキーをする” 楽しみがあり

日本からも、 夏・冬問わず 続々とツアーがやって来る





                                             





01. この山が これからロープウエイで登ろうという チャヴァーチェス山の後ろ姿

背中だけでも、ただならぬ気配が 漂っています~! 

01








02. ロープウエイの登り口は 

ドロミテ山岳街道の最高点 ここ ポルドイ峠 Passo Pordoi 2239mに ある

一見 レストランやホテルがたくさんありそうですが、 メインは 冬季なので、

ホテルはⅠ~2軒しか開いてない   夏季は 事前に予約しておかないと心配です

02



03.  泊まった ホテル・サボイは ” 朝・夕食込みで 40ユーロ ” と 格安!

山小屋風の設えで 質素ですが これで充分・・

03



04. さて、ここポルドイ峠Passo Pordoi 2239mは、 昔から 

自転車好きのイタリア人たちの「 狂気の!アルプス越え、山岳レース 」の メッカでした


                           



1950年頃の写真ですが、 レース当日 国民新聞 Gazzetta del Popoloの 中継車が出て

このホテルの前に 応援に集まった人々の様子を伝えています

ポルドイ峠の歴史を物語る なんともレトロな一枚 ・・・

日本で 箱根マラソンに 中継車が出るのと 似ていますね

04

( ホテルの記録から )







05. 2~3000m級の 山越えだって モノともしない マニアたち   

 
Forza! Buona Gamba!  ガンバれ~!( gambaは 伊語で ”足” )

05





06. 安宿と言ったって、 こんな人たちも泊まっていましたよ

1台 1億円は優に超すスーパーカーがずらり、 夕立が来たら あわててシートを掛けました~



話を聞けば ミラノからやって来た 7~8人の リッチな愛好家のグループ

イタリア人は サッカーに熱狂して、 自転車、オートバイ、そしてスーパーカーに夢中になり、

ほんとに 人生が楽しそう !

06




07. 40ユーロの宿、 夕食はどうかな~?

パスタ類で 嵩を稼ぐ感はありましたが、 他に 中央テーブルに小料理が並んでいましたから

結構 満足感はありました・・



それにしても 6玉 山盛りアイスは、 食べても 食べても 減りません~~

07






08. こちらは ドイツ人ご夫婦と 孫坊や  

彼らの 世界旅行の武勇伝を聞いてびっくり、、 サハラ砂漠を駱駝で横断、

カナダの湖をカヌーで渡ったり、 ガラパゴスや 南極へも出かけたそう ・・


  

日本は ”冒険”の範疇に入ってないらしく、 まだ来てないって

08






09. さて、 ポルドイ峠の夜が明けました

09_3

10. ところで、 

ポルドイ峠を最高点とする このドロミテ山岳街道 Strada delle Dolomiti は

ヴェネチアとドイツを行き交う商人たちによって、ルネッサンス時代には 既に切り開かれていました

特に、 第一次世界大戦(1915~1918)のさ中、 軍事上の必要性から ことさら整備が進み、

それが 今日の 平和な観光ルートの礎となったのです

10

( 丘の礼拝堂   日曜日の礼拝、どんな気分で 行き来するのでしょうか・・ )






11. 現代のドロミテ街道は スキーとトレッキングのメッカであり、 そこかしこに ロープウエイがある



どれに乗ってみるか、決めなくてはなりません・・   知的な感じの女主人が 静かに言いました
 

「 ここに住んでる私が言うのも 何ですが~  ここ、ポルドイ峠のロープウエイが 一番ですよ!」

11


( ホテルの窓から    屋根と岩肌 同じ質感です・・ )





12. まあ、とにかく行ってみましょ、っと 箱に乗り込んだが

彼女の言葉が証明されるまで 10秒とかからなかった !

12

                          

40ユーロという格安のホテル、 寝られるだけで十分とは思っていましたが

美味しい空気と 個性的な奇岩のパノラマ、

そこに集う人々の 豊かな人生、

こんな山奥の ポルドイ峠をめぐる 歴史のあれこれ

6玉のアイスクリームのように 結構な満腹感が ありました !

                つづく

« イタリアの「ドロミテ・アルプス」は 奇岩の連続 | トップページ | ドロミテの雄姿 「 ポルドイ・アズ・ナンバーワン! 」 »

奇岩のイタリアアルプス」カテゴリの記事

コメント

朝夕食込みで40ユーロとはいえ、こぎれいな部屋でいい感じです。
食事も質素な感じですが、おいしそうです。
それにしても、素晴らしいというか、勇壮な岩山が広がっていますね。
なかなか見られない光景です。 旅行した気持ちになって楽しめました。

こんにちは (◎´∀`)ノ
後ろ姿は見るからに断崖・絶壁の山・・・、登れるのかと思うのですが、文明の利器がちゃんと運んでくれるのですね。
それに山岳道路も整備されているようで、見た目以上に気軽に楽しめそうですね。
ヨーロッパで1泊2食付きで40ユーロは確かに格安ですね。B&Bだってこの料金ではなかなか・・・。
パスタも美味しそうですが、アイスの量も・・・w(^o^)w!
そして外の景色も何よりのご馳走ですね。
私もすっかり行った気分に浸りました (^_^)!

今晩は
世界一の観光地ですね。
景色が素晴らしいのと施設や料理が最高ですね。
交通の便がよいようで旅人も多いでしょうね。
ユーロ安なのにイタリア人は楽天家が多いのでしょうか?

こんにちは!
甘党minojiアイスクリームが食べられないのが残念です。(笑)
レストランの屋根は石葺きでしょうか?確かに後ろの岩山にマッチしてます。
ヨーロッパアルプス何処もロープウェイが発達しているのはスキーがー盛んな土地柄なんでしょうね。
なんだか一緒に旅してる気分です。

チャヴァーチェス山の後ろ姿本当に凄い感じで、それを見ていると正面に素敵なスキー場やホテルがあるとはとても想像できません。
自転車で2200米のアルプスの峠を越えるレースとは凄いですが、更に3000米越えもあるとはびっくりです。
こんな高いと所の道路が整備されているのは、元は軍事目的であったのですね。是非今の平和の観光ルートであり続けてもらたいです。
素敵な風景の中にあるホテルで安く泊まれたとは幸運ですね。              アイス大好きな小生ですが、6玉はとても食べられそうにありませんよ。
チャヴァーチェス山へのロープウエイの中から撮った写真も拝見したいですよ!

はじめまして!

 山岳ホテル、サボイ  見つかった。・・・・・しかも宿泊した方が推薦とは。済みませんが連絡方法を教えて頂けませんでしょうか?

又、観光に公共交通を使う予定なんですが、いろいろアドバイスを頂けたら嬉しいのですが。7月10にベニス着 11日~18日までドロミテ滞在予定です。

中4日程サボイに宿泊しようとネットで探しましたが見つからず、カナチュエのホテルを予約しました。ホテルヨーロッパに3泊、

済みません、手違いで送信になってしまいました。

   ホテルヨーロッパとホテルアンドリアスで予約した所です。このホテルの移動を確認中、情報集めでたどり着きました。

厚かましいのですが、お願いできましたら助かります。高齢者の部類に入ってますが、夫がまだ働いておりまして合間を見つけて出かけています。

英語も達者ではありませんので心配ですが、それなりに何とかやって参りました。
よろしくお願いたします

butamanさま
こんばんは~ コメントをいただいてありがとうございました お楽しみですね!
旅行の都度の資料が 積み重なっていますので、1日待ってくださいませね
7月でも絶対雪が降らない訳ではないのですが 公共機関なら安全でしょう

我が家はレンタカーで気ままに動いたので もし、トレッキング重視なら 
その方面にはあまり詳しくはないのですが・・・   ではまた!

butamanさま

こんにちは  資料が出てきましたので お伝えさせていただきます
HOTEL SAVOIA 1-38032 Canazei-Passo Pordoi
E-mail savoia@passo-pordoi.com

因みに HOTEL Pordoi とは 経営者が同じらしく 始めはホテル・ポルドイと
やりとりしていた積りでしたが 結局は現地で ホテル・サヴォイアに泊まったということです

西洋では よくあることで、わかりずらいかもしれませんが
どうぞトライしてみて下さいませ

念のため ホテル・ポルドイの E-mailは 次の通りです
pordoi@passo-pordoi.com


デポジットが30%取られますので カードナンバーのやり取りをしてから
予約が完了します

Booking.com などを通さず ホテルと直接のやり取りですから
トラブルが起きないよう コピーを万全にしたり 備えて下さいませね

私どもは 7月初旬で40ユーロでしたが スキーシーズンや バカンスシーズンでは
値段は もっと高いかもしれません

それでは 楽しいご旅行を!!

 

済みません、情報有難うございます。
 パソコンも不慣れでアチコチさまよっています。だんだん慣れてきてますが・・・素晴らしい景色でどこにしようかと・・・・只移動手段が心配で・・・・

 写真を拝見して動かなくてもいいような・・・・comを経ないでの連絡なので息子頼りなのですが値段は高くなっていたようです。忙しようで連絡なくて・・・・

フネス谷にも拠点として行けますでしょうか?
ここはある旅行社が利用してる所なのですが、全然解らなくてあきらめていました。予約できるかわかりませんが美しい景色ですね。(ホテルの周辺を知りたくて・・・・)

やっと、少し地理とか頭に入ってきてます。有難うございます。出発迄、迷いながらアクセスして情報を得たいと思います。よろしく御願します

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ドロミテ・アルプス」 40ユーロの安宿で、心が満腹!:

« イタリアの「ドロミテ・アルプス」は 奇岩の連続 | トップページ | ドロミテの雄姿 「 ポルドイ・アズ・ナンバーワン! 」 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック