« グリムゼル峠とフルカ峠を回って、、 氷河見物と事故見物! | トップページ | ”ザ・保養地” イタリア人がこんなスマートなバカンスを!? »

2012年8月30日 (木)

イタリアの「湖水地方」は 豪奢な、ミラノの奥座敷

                                                               


スイスの氷河の一滴が、 徐々に 川幅を広げ、 

その東側で、そして 西側で、 それぞれ有名な大河になってゆくのですが、

南側では、 美しい「 イタリアの湖水地方 Regione dei Laghi」を 形作りました

                                                  




01. 「マッジョーレ湖 Lago di Maggiore」、 「コモ湖 Lago di Como」 など 

氷河に削られた谷あいの湖は どれも タツノオトシゴのような 細長い 変わった形をしている 

01









02. ここは 「 ルガーノ湖 Lago di Lugano 」

 

大都会ミラノから3~40km、 ルガーノ湖畔は 立派な庭園付きの邸宅に縁どられ、

山肌にも エレガントで豪華な高級別荘がひしめいている、、、  まさに ” ミラノの奥座敷 ”

02







03. 巨大な障壁 アルプス、 その北側の空に 陰鬱な雲が垂れ込めていても 

一歩峠を越えると その南側では 青空に 陽光が燦然と輝いている ・・・

北からの旅人の目に飛び込む 眩いほどの イタリアの光 

その感動は いにしえの旅人にとっても 現代の私たちにとっても 同じことですね !

03









04.  ここは ” 避暑地 ”でもあるけど ” 太陽の光を浴びたくて仕方ない人々 ” も やって来る

みんな寛いでいますね~~     ベビーカーには 犬も乗るらしい

04









05.  緑の峰々を 逆さに写し出す青い湖面、 

モーターボートが  その影を切り裂くように 走り抜ける

イタリアの湖水地方は ” 力強く清々しいアルプス的な風景 ”と ” 明るく温暖な地中海的気候 ”の

両面を併せ持つ、  リゾート地としては 類いまれな存在です

05







06. 実は このあたり、 スイスとイタリアの国境線が 複雑に入り組んでいて

ルガーノ湖も スイスとイタリア 両方にまたがっている 



宿泊したのは スイス領の町 ルガーノLugano にある 創業120年の 老舗ホテル  

フロントのマネージャー アネッタは 英・仏・独・伊・西語を 操る

特に 珍しいことではないが、 商売となれば 語学に 一層磨きがかかることでしょう



スイス領とは言え、イタリア語の客が多かったので、 私も ”一応” イタリア語でコンタクト  

彼女から この上ないサプライズの笑顔が こぼれました!

06







07. さて、 イタリア側にある ミッシュラン三ツ星の 絶景展望台に出かけます



( ちなみに 最近 日本で有名になった ミシュランは 

ホテル・レストラン専門の ガイドブック 「赤ミッシュラン Michelin rouge 」 で、

旅行・観光専門の ガイドブックは 「 緑ミッシュラン Michelin vert 」、

是非訪れるべき おすすめポイントを示す 三ツ星です~~  )

07

( 湖畔の町 )



08. イタリアの税関を越えると・・・    教会もイタリア的

私達のホテルは スイス領だったので、 宿代もレストランも ユーロでなく ” スイスフラン ”     

少し割高でした、  一方 ガソリンは スイスの方が安く

国境手前 スイス側のガソリンスタンドには 車の列が出来ておりました

08







09. ” イタリアのバルコニー ” と呼ばれる 「 シギニョーラの展望台 Belvedere di Sighignola 」

眼下に エメラルド色にきらめく ルガーノ湖が広がり、

天気によっては アルプスのモンテローザや モンブランまで見渡せる

09








10. 1時間も2時間も、 何にもしないで こうして ただ ベンチに腰かけていられますか~~?

せっかくの休暇なのに、 じっとしておられますかいな ・・・  ( bellaのひとり言 ) 
 

10








11. 展望台は 標高907m、 カラマツの美しい山肌に 見え隠れして別荘が点在する

車のナビにひっ掛からないような 細かい網の目の 別荘用道路網、


登るのも 散々苦労しましたが   帰りは 完全に迷子になってしまった!

「 僕に付いて来なさい 」 親切なトラックの運転手さんのお陰で 無事脱出できましたよ~

11








12. 食事は 相変わらず、スパゲッティ と ピッツァ、 

メインの前の 一皿目だけで お腹が一杯になってしまう ・・・  残念な胃袋です!



                     




飲み物は 「 フリッツ アペロール Frizz Aperol Arancione 」

オレンジのリキュールを 白ワインと 発砲水で割ったもの 

特に女性に 大人気、  毎晩毎晩 ワインと これでした~~

12

 

「 湖水地方」 つづきます

« グリムゼル峠とフルカ峠を回って、、 氷河見物と事故見物! | トップページ | ”ザ・保養地” イタリア人がこんなスマートなバカンスを!? »

ゴージャス!「イタリア湖水地方」」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
まだ見ぬイタリア、google地図を見ながら一緒に移動してます。
4000mの山の南と北では明るさ陽光が変わるでしょうね。
以前赤道に近づくと赤の発色が綺麗、緯度が高くなるとブルーが綺麗と聞きました。
ほんとの所はどうでしょうか?

先日福岡の画廊のウィンドウガラスに地生誕の地佐賀美術館にある『岡田三郎助の裸婦』のポスターがありました。どうしてどうして日本婦人の大したものです。当今の女性に負けませんよ。

こんばんは ヽ(´▽`)/
風光明媚な景色、素敵な笑顔・・・、さすが!bellaさん!いつも楽しく拝見させていただけます w(^o^)w!

> ” 太陽の光を浴びたくて仕方ない人々 ” も やって来る

これは、とても解かるような気がします。我がドイツの友達もしばしばイタリアやスペインのリゾート地を訪れていますから!彼らが過ごす街、日本で言えば北海道・稚内よりもさらに北に位置しますので、やはり太陽を求めたくなるのかもしれないですね。
ところで・・・、最後の写真のムール貝と大きなエビのパスタ、絶対に美味しそう・・・(・_・)タベタイ!

あっ?!そうそう、ミシュラン!元はタイヤメーカーだということを世間の皆様は知っているのかナァ・・・...(-_-)ウーン...
私のマイカーのタイヤ、実はミシュランです (^_^)ヘヘッ!

今日は。
こんな綺麗な所でのんびり過ごしたいですね。
ワインを飲んで海老のパスターを食べたいですね。
bellaさんのヨーロッパドライブで同伴させて貰います。

スケールの大きなスイス、アルプスの氷河からイタリアへ入って、明るい雰囲気になりましたね。
北イタリアのこのあたりは、避暑地なんでしょうか。 優雅にバカンスを楽しんでいる人が多いようです。 展望台のある場所はたいへん高いところのようですね。 回りが見渡せてとても気持ちが良さそうです。 スパゲティ、ピッツアと、料理もおいしそうですね。  今週も楽しかったです (^_^)/  
 

イタリアの眩い光に氷河の水を湛えたエメラルド色の湖の美しさには感動さえ覚えます。
bellaさんが英、仏語に堪能なことは知っていましたが、イアtリア語も使われたり、一体何ケ国語を操られるのですか?。bellaさんの多才さには本当に驚きです。
飲み物にスパゲッティ と ピッツァ美味しそうですが、どうみても一皿でお腹一杯になり、残念に思うことでしょう。

bella さん 残暑・・・猛暑?が続く毎日です
お元気そうですね
時々覗かせて戴きながら言葉を掛けずに失礼しております、
満々とたたえる湖水とその色合い・・・風光明媚な お写真に癒されます、
水不足も心配されている地方も出てきたり
今年も異常な暑さの毎日で秋が待たれるこの頃です。

スイスとイタリアの国境、この辺り歴史で 文学で 旅行案内で よく目にしたところ、Bella さんの豊富な写真でやっと その美しい風景に接することが出来ました。
 最近 安いパソコンに変えたら いつまでも 調子よくなりません。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

株資金さま

ブログをお読みいただき、コメントまで残していただいて
本当にありがとうございました~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの「湖水地方」は 豪奢な、ミラノの奥座敷:

« グリムゼル峠とフルカ峠を回って、、 氷河見物と事故見物! | トップページ | ”ザ・保養地” イタリア人がこんなスマートなバカンスを!? »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック