« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

ブローニュの森 : ダイアナさんとシンプソン夫人 そして森の女



時は 1997年 夏のある日、 私は 不慮の事故で亡くなったダイアナさんの埋葬地

イギリスノーサンプトン州 オルソープ(Althorp)のスペンサー家の館の前におりました。




                                                





01.      屋敷のゲートには 花束が差し込まれて・・・

ダイアナさんが 亡くなったその夏、世界中が この悲劇に 興奮していたものです。

しかし、 パパラッチでもないのに!?

どうして 私がダイアナさんの埋葬地まで おしかけることになったかと言うと、、、

01_3





02. ここは イギリス北部 ヨークシャーの田舎町 ハワース(Haworth)

シャーロット ブロンテ [ジェン・エア] と エミリー ブロンテ [嵐が丘] ら 三姉妹が暮らした町。



ヒースが生い茂る原野の真っただ中 こんな小さな村の建物をも

産業革命時の石炭灰が 真っ黒に染めた訳ですが、


 
この家は ブロンテ姉妹の主治医だった人のもの。 

今では B&B ( ベッドと朝食だけを提供する宿 ) になっておりました。

02_2


たまたま同宿した このご夫婦が 「 ダイアナさんの故郷の町に行くとしたら


高速道路の降り口の看板に シートが掛けられている所が ” オルソープ ” よ、

余りに多くの人々が押しかけるので 困り果て 隠してしまったの・・

むしろ、 それこそが目印よ! 」 と教えてくれた。


そんな情報が得られた以上 素通りする訳にいきません ~~

                                                  







03.   目印の場所で高速を降り、一般道に出ると ありました ”Althorp”の 標識


スペンサー家の広大なお屋敷は 長~い塀で ぐるっと囲まれていましたが 

農牧地に 白馬なんかが遊んでいて 領地全体が いかにも伯爵家らしいムード・・




しかし、 せっかくの緑の大地の一部が 茶褐色の臨時駐車場と化し

私を含む! 沢山の野次馬を受け入れざるを得なかった 

当時の 混乱した状況を物語っていました。

03_2






04.   さて こちらは翌1998年夏、パリ8区 ダイアナさんが亡くなった トンネルの出口、

アルマ橋 Pont d’Alma 付近      
 



そこに たまたま 以前からあった モニュメント 「 自由の火 」 が

これ幸いと すぐさま ダイアナさんの ” 慰霊塔 兼 祭壇 ” に早変わり、

ダイアナさんへ メッセージや花束を供えるため、 そして 

それを見物しようとする 多くの人々が 入れ代わり立ち代わり やって来ていました。

04_2

                                      ( トンネルの出口 )








05.  そのダイアナさん、死の当日(8月31日)立ち寄ったのが ここブローニュの森、

エジプト系イギリス人 ドディ・アルファイド氏との結婚後の新居を下見するためでした。



その大邸宅、それこそ ” 王位を捨てた世紀の恋 ” で有名な 英国王エドワード8世と

そのお相手 ウォリス・シンプソン (Wallis Simpson) が 住んでいたお屋敷 !

05_2






06.   2度の離婚歴があるアメリカ人女性を 英王室が受け入れるはずもありません。


結局エドワード8世は ” 恋を取り ”、 ” 王位を捨てた ” ( 1936年 ) 

そして病弱で吃音の次男、ジョージが王位に就いた ( 現在のエリザベス女王の父 )。





ウォリスは ものすごく美人だったわけではありませんが 

男性を虜にする魅力は 有り余るほど持ち合わせていたに違いありません。
 



チャールズ皇太子も 結局は 風采の上がらないカミラと よりを戻しましたし

ダイアナさんも イギリス紳士とはかけ離れた アラブ系の男性を選びかけた!?

人の恋路を邪魔する奴は 馬に蹴られて ナントヤラ・・・! なんですね。

06_3
                                    ( ウォリス と エドワード )






07.       パリ市に接した ヌイ ( Neuilly )地区は  西側にセーヌ、

東側と南側を ブローニュの森に囲まれた 高級住宅街。

パリ16区同様、外国人のお手伝いさんなんかを雇う お金持ちの暮らしぶりが垣間見られる。



画面中央の D型で囲んだ白枠あたりが マダムシンプソンの広大なお屋敷で

その南側が バガテル薔薇園と なっている。

07_4






08.      現在は Google Earthで こんな風にお屋敷を俯瞰できるが

実際お屋敷の前に立つと うっそうとした木々に囲まれ、中をうかがい知ることは出来ない。

私達も 長くこのお屋敷そばに住んでいたが 出入りする車を数回見かけただけだった。





さて、 1972年にエドワードが死去、 1986年には ウォリス・シンプソンが死去

その後、  この館は 


ダイアナのお相手の父親 モハメド・アルファイド氏の 手に落ちていたそうだから

ダイアナが この地を訪ねたのも 当然の成り行きだったのでしょう。

08_2

                     (  森に接した 一般の高級アパルトマン )








09.   さて、ブローニュの森 (Bois de Boulogne) 大昔は本当に奥深い森で、

兵隊が野営したり、盗賊の隠れ家になったり、貧民屈になったり 様々な歴史がありましたが、



19世紀に入ってから 市民の公園として 開発が進むと 様子が一変、

明るく 清潔な 美しい憩いの場として パリ市民に親しまれるようになりました。

09_2






10.        ’ 森 ’ と言っても 要するに 広大な公園ですね

いくつかの人工池が備えられ 釣りも出来る。

ドガの絵で有名な 「 ロンシャン競馬場 」、 子供たちの遊園地と 動・植物園を兼ねた

「 アクリマタシオン 」、 
モネの ” 印象日の出 ” で有名な 「 マルモッタン美術館 」、

 
世界のバラ園のお手本となった 「 バガテル公園 」 など 羨ましい施設が満載、

週末になると パリっ子たちは 必ず 犬か、子供か、恋人を連れて 森に出かけ

思い思いに 優雅なひと時を楽しみます。

10_2

                                         ( Bagatelle )






11.         っと ここで終わりたいところですが、、、

ブローニュの森で忘れてならない存在が いわゆる ’ 森の女 Femmes du Bois ’



夜な夜な 奇抜な、というより露出的なファッションで 時には 奇声を上げながら

数人のグループで 陽気に お客を誘う女たち。

( 厳寒の冬季には 彼女たちにとっても 街頭立ちは 苦行となる訳ですが・・ ) 




売春婦(Prostitute)に 直接かかわりのない 平凡な市民も

” 映画の一シーンを垣間見るような 純粋な好奇心と 怖いもの見たさから!? ”

車を 何度かUターンさせて 彼女らを見物することもある。


フランスの売春婦の約半数が パリで稼いでいるそうだが、

その多くが 外国人であったり、ゲイであったり、貧困学生であったりと

時代や世相を反映して その中身も 徐々に変化しているらしい。






12. それに 売春婦は若い、とは限らないし、 夜、とも限らない。

真昼間から ブローニュに佇む 中年のおばさんと、そうとは知らず会話したこともある ・・・


怪しげだが 知的な人も 偶にはいる  

フランスでは ” 人生の達人のスタンダード ” は 様々だ !

12_3




子供から大人まで、王族から売春婦まで、  清濁併せ飲む 懐深いブローニュの森は


そのまま パリの、そしてフランスの、奥深い社会の姿を 代弁しているかも知れない。




                          


パリ散策 つづきます

2012年6月21日 (木)

太っ腹の「ルーブル美術館」 実は ”難解の館”

                                                   

01. なんだか すごい人出 !  ここはどこ ?   

ツアーコンダクターの旗も 見えます~

そう、 ここが かの有名な 「 モナリザ La Joconde 」 の展示コーナー

とても ”絵画鑑賞”っていう雰囲気ではありません

01





02. そのたった1枚でも もし日本にやって来たら 行列ができる絵が

あたかも平凡な絵であるかのように 次から次へ現れる ・・・


そう これが かの 「 ルーブル美術館 Musee du Louvre 」

02_2







03. お気付きのように ルーブルでは 太っ腹にも 「 カメラOK 」


   
もともと 
作品は 全てデジタルファイル化されているし 古い作品は著作権も切れている

撮られても減るもんではないし、最近のルーブルは鷹揚だ

しかし 本当のところは、 ルーブルの展示スペースが あまりに広大で

デジカメで 勝手にパチパチ撮りまくる観光客の全てを 見張りきれないから、

というのも 理由の一つではないかと想像しますが ~~




                   




もう一つの 太っ腹ルーブルの証は 「 模写OK 」

絵を愛する全ての人に 勉強する機会を与えようという大らかさは さすが芸術大国

03_4






04. しかるべき所からの推薦状や、 犯罪歴がない旨の証明書などを添えての
 

やや煩雑な申請手続きがあるものの、
 


一旦 許可が下りれば

3か月間 土日を除く毎日 無料でルーブルに通え、イーゼルや椅子の貸し出しも受けられる

名画のそばで 絵筆を振るうのだから おのずと 様々なマナーが要求されるが

要するに
” 人を大人扱いするフランス ”に対し 描く方にも ” 大人の自己責任が生ずる ”という訳



                   




ところで、写真をよく見ると、「本物」と「模写」は 作品の大きさが違いますね

「模写」は 20%ほど大きくするか 小さくしなければならない

人前で描こうというくらいですから やはり どの模写もかなりの出来栄えです

後に 本物として 世に出回らせないためでしょう

04_2






05. フランスでよく見かける 「 校外グループ学習 」

ジェリコの「 メディウス号の筏 」も  ドラクロアの「 アルジェの女たち 」も

実は 学生たちが邪魔で 非常に見づらかった~ 



しかし、日本でも 子供が邪魔で仕方なかった、と言えるくらい

美術館での学習が 普通になってもらいたいもの!

05_3







06. さてこれが ルーブルの「 ピラミッド 」

現代アメリカを代表する 中国系アメリカ人建築家 イオ・ミン・ペイの作品

古い建物に 新たな息吹を与える 素晴らしい造形美です!

06_2






07. ミッテラン大統領時代の 「 大ルーブル計画 Le Grand Projet 」で、
1989年に完成

ピラミッドの真下は 押し寄せる観光客の動線の中心、中央ロビーとなっている



ルーブル改造に 中国人に 白羽の矢を立てたのも すごいことだが、 

近くオープンする 北仏の「 ルーヴル・ランス別館 (Le Louvre Lens) 」の設計も

日本人建築家 妹島 和世さんと 西沢立衛さんが 手掛けている  

” 良いもの ”であれば 国籍を問わない 「 ルーブルの太っ腹 」も 見事です!

( 因みに、 近く アラブ首長国連邦にオープンする 

ルーブル ・ ダブ ・ ダビ ( Louvre d’Abu Dhabi )には さすがに

フランスの魂を外国に売り渡すな!と 抗議の声が上がっているらしい )

07_2

                                        ( 逆さピラミッドもある )




08. 一見 保守的で 閉鎖的に 感じるフランスですが 実は 常に 新しもの好き? 

08_2

( 手前は カルーゼル凱旋門 )






09. ふと 思ったのですが


 
モンマルトルにやって来た ゴッホやピカソ、フジタを 見てごらん、
 

今日の サッカー選手やスーパーモデル、シャンソン歌手を 見てごらん
 

ムーランルージュの踊り子たち、 現代アートの作家たち ・・・


元を辿れば フランス文化の担い手に いつも 多くの外国人がいるのです 

「 フランス文化は 実は 昔から太っ腹 」 

09_2

( ルーブルから見える モンマルトル、サクレクール寺院 )







10. パリ市の西側に広がる 新都心 ” ラ・デファンス La Defence ”

「 ラ・デファンス 」の 新凱旋門(画面中央)と 凱旋門、 カルーゼル凱旋門(写真08)は

一直線上に配置されており、パリの中心軸を成している

旧市街と新都心をつなぐ 「 新凱旋門 」、心憎いばかりの演出では ありませんか~!

10_3






11. せっかくですので、 何万点というルーブルの作品から 1点を選んでみました

「 横たわる死せるキリスト 」  シャンペーニュ F.de Champaigne

壮絶な死を遂げたイエスの 崇高な美しさが 満ち溢れています (上)


「 死せるキリスト 」  マンテーニャ Mantegna (下) は

イタリア、ミラノの ブレア美術館蔵ですが 

頭から足の先までを ”短縮法”という技法で描いた珍しいキリスト像


構図的に対照的な二つの絵、 フランスとイタリアで出会った 「 私の一枚 」です

11_2






12. さて、 シャンペーニュのこの絵、 

絵の左側から見た場合と 右側から見た場合では これ程の違いがありますよ~

絵画の見方の 一つの参考例になるでしょうか・・

12_2

ここからは 蛇足になりますが 

キリストの槍の刺し傷が右胸にありますね  心臓は左側にあるはずですが・・・

                          



当時  十字架での死は あらゆる死の中でも 最も みじめなものでした

生きたままの人間の手足を 釘で十字架に打ち付け 晒し者にして 

出来るだけ 長く苦しませるという 最も残酷な処刑の方法でしたから



手足には 体重がかかり ビリビリと肉が裂けていく ・・・ 

激痛と出血と 喉の渇きに 罪人は苛まされる ・・・

体力がある者ほど 絶命まで時間がかかるという



                                     





イエスは 木曜の夜 いわゆる「最後の晩餐」のあと 捉えられ、

徹夜の尋問の末、  翌朝 金曜には裁判にかけられ 

その日のうちに  あれよあれよと言う間に 処刑場へと送り出される




茨の冠をかぶせられたイエスは 自分が はりつけになる重い十字架を担がされ 

鞭打たれながら 何度となく倒れつつ ゴルゴダの丘に辿り着く 




既に 体力は相当失われていたであろうが
 

十字架上で イエスは さらに壮絶な死の苦しみを味わう

絶命まで半日かかったと言われる


                        





刑の執行人が さすがに憐れと思ったのか、イエスの右脇を槍で突いて出血を促し、

早く死ねるようにしてやった、という説と

「ヨハネによる福音書」にあるように、

イエスがちゃんと絶命したかどうか 槍で突いて確認した、という説がある




いずれにせよ 傷跡が 右脇にあるのは こうした理由からなのです

                         



印象派中心の 人気の 「 オルセー美術館 」の 絵が
 

ある程度「 感性 」で感じ取ることが出来るのに対し、



「 ルーブル美術館 」の 絵の大部分は 

西洋の 歴史や宗教・神話などの「 知識 」をもって 読み解かねばならない



いわば 「 教養 」がないと 真の感動に至れないという訳・・・


「太っ腹のルーブル」とは言え、

日本人にとっては 本当は ” 難解の館 ” だったのです!!



                        




パリ散策つづきます

2012年6月14日 (木)

「凱旋門」 危険は自己責任 : パリの「ソルド」は 真剣勝負

                     


パリは もともと 「世田谷区」と 同じくらいの面積、

その狭さに 世界中からの観光客が集中するので 

特に夏場は どこも混雑している 

 


                     




01. 「パリオペラ座 Palais Garnier」 シャガールが描いた天井画が有名

01





02. 1889年の万博時に登場した「 エッフェル塔 Tour Effel」

奇抜な立ち姿に度肝を抜かれた 当時のパリっ子は もう喧々諤々、賛否両論


中でも 反対派の筆頭、 小説家 モーパッサンは

 
「 唯一、腹立たしいエッフェル塔を 見なくて済む場所だから 」 という理由で

毎日 塔の2階のレストランに通ったという

02_5
(天空の気持ちよさに モーパッサンも 内心いつしか懐柔さたのではないかと想像しますが・・)

                       

03. エッフェル塔のエレベーター、 構造は120年間 変わっていない ・・

昔は エレベーターの箱の停止線あたりに 玉子を置いても 

それを壊すことなく ピタッと止められる、というのが ”運転手”の誇りでした

「水圧式動力」は 動きが遅いので そんな技が楽しめたのでしょうが、 近年は

押し寄せる観光客を捌くためにも 最新式のモーターが導入されている

03_2
( 現在 )                                     ( 建設当時 )






04. リュクサンブール公園  Jardin du Luxembourg 

04_4






05. 公園内の噴水池  ぐるりと一周 憩いの場

05_2





06. リュクサンブール公園から 

「シャンゼリゼー通り」と「凱旋門」が 一本に連なって見える

 

「凱旋門 Arc de Triomphe」の屋上に 観光客がいますね  ↓

06_6
昔は あの屋上に柵がありませんでした  ”落ちるも落ちないも自己責任”という訳

最近は さすがに 低い柵はあるらしい ・・・

 

エッフェル塔も せっかく 一人の事故死者も出さず建設出来たというのに

開業以来 毎年、自殺者が絶えないという

 

                      

日本のように、
駅のプラットホームで 「電車が入ります 白線までお下がりくださ~い」 とか
 

ベルと共に 「間もなく電車が発車しま~す」 などと 丁寧に注意してくれる
親切な国は 他にない

 

柵がなかったばかりに 訴えられたという話も 日本ではよくある話

 

取りあえず ”自己責任”の概念は 国によってまちまちですから

少なくとも 海外では しっかり自己防衛いたしましょう!

 

                   


 

07. ヴァンドーム広場 Place Vendome

スーパーモデルは さすが Super!!

07_2






08. シミひとつない美しいお顔  細く たおやかな肢体、、、、、

コートの下はどうなってるんでショ !?         

08






09. O la la~~! (オララ~~  おやまァ~~  細いこと!)
09
                                     ( マイヨール作  Maillol )



                      





10. ギャラリー・ラファイエット Galeries Lafayette

ブランド店が連なる パリで 最もお洒落で高級な デパート

 

私が訪ねた6月のある日は 丁度 ”バーゲンセール”が始まる前日で

服の値札には ずらりと 40%引きのしるしが付けられて 準備万端の様子!


もう札が付いてるのだから 値引きしてよ、と粘ったけれど 

「明日からです」とピシャリと断られた

10






11. 実は 年2回の パリのバーゲン「ソルド Soldes」の期日は

お役所が決めることになっていて  店が勝手にセールをしてはいけない

因みに、  パリジャンの財布は紐が固い! 絶対 余計な買い物はしない!

考えて考え抜き、堅実な日常品でも 「ソルド」を 待って買う

                   


パリ中に「ソルド」の看板が並ぶと、 国内は元より 近隣の国々、そして

日本やアジアからも ブランド目当てに 一斉に お客が詰めかける

 

開店時には 警備員や店員が 縄を張ってコントロール・・ 


 
そんな 国を挙げての真剣勝負の 一大イベント ・ 「 ソルド 」の前日に

フライングで 私だけ 値引きしてもらえるはずありませんでした~~!   

11



さて、 余談ではありますが、 東京に フランスやイタリアのブランドの店が

続々オープンし、 日本でもブランド品が 手に入りやすくなりました

また 一時の  ”ブランド信仰”も やや下火になり、

TPOに応じた自分らしさを ちゃんと自覚できる 賢い日本人になって来たような気もします



                      





大昔、シャンゼリゼーの とある高級店に、日本人観光客が押し寄せた時
 

店員が 床にバッグをばら撒くと 日本人がそれにどっと群がった、という 

やや国辱的な話も聞きました

 

バブルもはじけ、日本もいろいろな苦労を経て、やっと大人になったかも知れません


 

フランス人に ” 良いものを長く使うというブランド思想 ”は あっても

” ブランドに目をギラつかせるフランス人 ” なんて 見たことがありません  

 

日本人が フランスブランドに儲けさせるのも もうほどほどにしませんか~~ !? 

もっとも 最近は 彼らも 中国の方に より熱を注いでいるようですが・・・

                        

 

パリ散策 つづく

2012年6月 7日 (木)

サンジェルマンデプレ 「カフェ文化」って 面倒くさい!


                                                    



今回は 
サンジェルマンデプレ St-Germain des Pres界隈を歩いてみます~





01. パリ14区 モンパルナスタワー Tour Montparnass

1973年に建てられた210mの 超高層ビル

01_3






02. TGV開通の1990年に改装された ギャール(駅)モンパルナス 

パリ人は 保守的な反面、  ” やる時はやる ”


醜悪とののしられたエッフェルタワーを始め、 ルーヴルに ガラスのピラミッドを作り

エコールドパリ時代を謳歌した 古きモンパルナスにも こんなものを出現させた

02_5






03. そのタワーを 真っ直ぐ北上した所が パリ6区サンジェルマンデプレ

そのシンボルが サンジェルマンデプレ教会 Eglise St.Germain-des-Pres

03
( このオブジェ 決して ” 地震による液状化 ” ではありませ~ん・・・ )




04. さて、サンジェルマンデプレで 避けて通れないのが 「カフェ文化」

ピカソやヘミングウエイ、カミユ、ヴェルレーヌ、ランボーやマラヌメなどをはじめ

有名無名の文化人・芸術家・音楽家たちを育んできたストーリーが語り草となっていて


サンジェルマンデプレの カフェやホテルを題材とした小説や映画も数多い

04

( アールヌーヴォー調の内装が豪華なレストラン Le Petit Zinc)






05. とりわけ 下の写真 手前の「カフェ ド フロール Cafe de Flore」と

向こう側の「レ ドゥー マゴ Les Deux Magots」は  

それぞれ 個性を磨きつつ 長年激しく競り合って来た 二軒の有名カフェ

05

実存主義哲学のJ・Pサルトルと 「第二の性」を執筆中だった無名のS・d・ボーヴォワールが 

二つのカフェを用途に応じて使い分け 書斎兼事務所として 時を過ごしたことでも有名です



 

                      





06. しかし、有名な人たちの話はさて置き、 普通の人たちにとっても

パリのカフェは 昔も今も とても大切なものに違いありません

パリの「カフェ文化」は  言わば

日本の「自販機文化」と「ファミレス文化」の両方の機能を持っていると言えるかも知れない

ちょいとコーヒーを飲んで、口慣れた軽食を取って、気軽に仲間や知り合いと語らう・・

06
( カフェ ドゥマゴの名前の由来の 2体のDeux ずんぐり陶製人形Magot )







コインを入れたり、 自動コーヒーメーカーで 手軽に飲めばいいものを

わざわざ ギャルソン(ボーイさん)を介して チップまで添えて
 

” 人間臭くて ” ” 不便で ” ” 面倒臭い ” 方法でコーヒーを飲む

でも  こんな 「カフェ文化」の仕組みこそが  

人生の大切なことや 政治や芸術の核心を語る雰囲気を生み出し、

結果的に 時代の知性・思想を育んで来たのかもしれない



                       





07. そういう訳で、 観光客として パリのカフェに入って雰囲気を味わうのも悪くはないけど

”真のカフェの客” になるためには 

カフェで仲間と語らい 自分の思想信条を育まねばならない・・・!?

どこの国でも ”カフェ”や ”パブ” ”バール”に 国民性の本質が隠れていそうですが

とりわけ フランス観光って 面倒臭くて 奥が深いのが 玉に傷かも ~!!   

07






08. ところで サルトルとボーヴォワールの 「結婚しない両性のあり方」は有名でしたが、

今般 仏大統領になった オランド氏 F.Hollande、   最初のパートナーが 

前回 大統領選に出馬して サルコジに敗北したセゴレーヌ・ロワイヤル女史

現在のパートナーが ジャーナリストのヴァレリー・トリエルヴィレール


 

共に 事実婚だが ’結婚’はしていない    さすがフランスだァ・・・

もし、なんだかだ 物申したら 

それがどうした! エ アロー Et Alors!  って言われそう・・・ 

08

( サルトルが座っていたテーブルには 刻印がある )







09. さて、当夜の夕食は クロケットとムール

本場ブルターニュのムールは 小さくて固めだったが レオンL’eonのムールは

大きくて柔らかい     聞いてみたら チュニジア産らしい

09






10. ところで、レオンでは 日曜の夜に限って ムールの鍋 もう一杯お代わり自由 !

そんなこと知らないから ”いりません、結構です~”と 断ってしまった

ムッとしたボーイさんに とりなしてくれたのが 彼ら、、、

目出度く お代わりが タダで手に入った

彼らは ギリシャとスペインからの 出稼ぎ組み   
外見からはわからないが パリにはこうした人々が ワンサといる




因みに このお代わり自由の話、  後日 ホテルマンや タクシードライバーに

吹聴したのは 言うまでもありません!

みんな 知らなかった~~と、すっごく 喜んでいました・・

10





11. ところで サンジェルマンデプレには アートギャラリーが軒を連ねる

パリの現代アート、 ウインドウを眺めるだけでも 相当楽しめます~

11

しゃれこうべは 全て 鳥の羽で出来ています  う~ん、お洒落こうべ!

                     


パリ探訪 つづきます

2012年6月 1日 (金)

パリ 「カルチエラタン」 雑踏は多国籍の臭い

                                              

 

 

パリ5区 「 カルチエラタン Quartier Latin 」

              ここには昔から 教会、大修道院、病院、大学などがあり、

              パリの文教地区、パリの知性と称される地域

 

宗教関係者や 学者・学生たちが ラテン語を使って来た地区だから 

カルチエ( 地区 ) ラタン( ラテン語の ) なのです。

 

                                             





01.          ノートルダム大聖堂 Cathe.Notre-Dame

入場を待つ大行列、 、、、、

 


その雑踏を横目に  
セーヌを渡って 左岸地区の 「 カルチエラタン 」 に 向かいます

01






02.     カルチエラタンには ソルボンヌ大学などがあり 知的な学生街である一方  


世界中からの観光客も入り混じり 多種多様の人間の顔が 交差する !

02






03.     カルチエラタンは 本当に いつも 人でいっぱいです~

 

本屋さん前    何かイベントがありそうですが、近づけませ~ん。

03_2






04.     雑踏の片隅に 小さな教会、、、  絵のような佇まいに フ~っと息をつく 

これもまた 独特なパリの魅力

04_2

                          ( Eglise St-Julien-le-Pauvre )

                    






05.             靴のデザインに ハッとしましたよ ~

05








06.       この日は ” 音楽フェスティバルの日  Fete de la Musique  ”

毎年6月21日、フランスの国中の街角で、音楽が奏でられます。

 

普段 音のない ごく普通の街角で 突然 生演奏が始まったりすると 

とりわけサプライズ感があって ウキウキするものです~  

06







07.      さて、 今宵の夕食は 何をいただきましょう・・・

07_3






08.        イタリアン、スパニッシュ、ギリシャ、フレンチ、、 肉、魚、お菓子・・・

多国籍のB級グルメが 軒を並べていて目移り、、  とても即決できません!

08






09.    ” 〇X酒家 ” という看板に釣られて 中華に決めたつもりでしたが~

純粋な中華ではなく  多分  カンボジアでした。 


  
 
国境を接する中国とカンボジア、 そして 多くがフランスへ移住した国、カンボジア。

複雑なファクターがからむ カルチエラタンならではの お味でした

09






10.       カルチエラタンに シェクスピア!  英語の書籍を扱う 古本屋

10






11.  「 学士院 Institute de France 」 前で ミュージック フェスティヴァル

11

夜も9時を回ろうとしていますが まだまだ 明るいです ~ 

 

                   



演奏する人も 聞く人も、 黄昏のパリ色に染まって 
 

いつまでも いつまでも 浮かれておりました~~  





                              

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック