« 「ナンシーノワール」 ナンシーは黒かった! | トップページ | パリ 「カルチエラタン」 雑踏は多国籍の臭い »

2012年5月24日 (木)

セーヌ川 恋人たちの錠前と ブキニスト

                   

 

今回からは しばらく パリ散策に出かけます~

マロニエの花は終わっていましたが 6月のパリは 日が長く、

得した気分で  朝から晩まで 楽しめました~




                   

01.        パリの空の下、 セーヌは流る ・・・

01


セーヌの中州 シテ島そばに 1803年、初めて ”鉄で作られた橋”が ある
 


ナポレオン時代の人々が 直接ルーヴル宮に渡れるように作った 歩行者専用の橋で、

当時は 橋の中央に熱帯植物用温室があり  通行料も取られたという

                    






02.          それが ポンデザール橋 Pont des Arts  ↓

橋の上で踊ったり 語らったり、 朝市を開いたり、 時には闘ったり ・・・

橋は 昔から 市民生活の縮図みたいなものでした。


現在でも その使い道を 人々は十分心得ているようですね

02






03.     もう一つの鋼鉄の橋  アルシュヴェシェ橋 Pont de Archeveche

今や名物となった ” 恋人たちの錠前 ”   重量で 橋が壊れんばかり ?!

03





04.     こんなことをするのは 世界的に ブームのようですね。     

 
錠前にカギを掛け、そのカギをセーヌに投げ込むと 恋が成就するとか ・・


”  お嬢さん 無駄な努力かも ~   ナンチャッテ ^&^  ”

04





05.          鈴なり ! 

05





06.      セーヌ河畔の ブキニスト(古本屋) Bouquiniste

100年も前から続く この最もパリらしい風景、 世界遺産に登録されてます!

06_2

            ( 店仕舞いすると 写真上右端のような長方形の箱になる仕組み )





                  




07.      ところで、  誰でも勝手に ブキニストになれる訳ではなく

パリ市の審査があって 現在は250人ほどが 許可を受けている。


しかも それぞれ 得意分野を持つ 誇り高き専門家だと言う。

このムッシュ、如何にも 気難しそうでしょう・・・ 

ここでは 文学 ・ 歴史的な 本類を扱っていました。

私は  市民生活の ” 風刺版画 ” を一枚買い求めました

07_3






08.      ブキニストの緑色の箱は パリ市の所有物で

前のジャック・シラク大統領の時代に、その大きさが統一されたそうだ。

幅200cmX奥行75cmで 高さはセーヌ側が60cm、道路側が35cm

08_2







09.    こちらのマダムの店には 植物画や ファッション画が満載

50枚ぐらいの版画が 一つづつ束になって 天井一杯に吊るされている。

許可をもらって 片っ端からめくって行く・・・


「 それはあとの時代に印刷したものだから、こっちの 本物の版画がいいわよ~ 」

マダムのアドバイスをもらい 1870年代の貴族のファッション画を4~5枚購入した。

09_2
                                   ( 奥は ノートルダム大聖堂 )






10.          女心がくすぐられました~~   

ウエストをあと半分ぐらい減らさないと  こんなドレス着られましぇんけど・・・!

10_2






11.     パリは 有名で美しい街だけど、 奥が深く 本当は取っ付きづらい 地味な街だ。

イタリアの諸都市のように 華やかで 見るだけで満足できる訳ではない。

暮らしてみて初めて パリジャンの生活、文化の真髄に触れられる 気難しい街かも知れない。
 

11

  パリ散策  つづきます








                                       

« 「ナンシーノワール」 ナンシーは黒かった! | トップページ | パリ 「カルチエラタン」 雑踏は多国籍の臭い »

魅惑のパリ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
ブキニストまで世界遺産ですか~。
神田古本屋街も世界遺産に・・・・・無理かな?
各地の屋台村も世界遺産に持っていけるかもしれませんね。

ナンシーロワールの黒、日本でも黒と白(礼服)は一番のおしゃれなんだと聞きました。
戦後日本は藍色や古代紫はすっかり影を潜め、アメリカのペンキ色(原色)に慣れてしまいました。好む色にも民族の歴史があるかもしれませんね。

bellaさんの素敵な写真と解説によるパリ散策レポ興味深く拝見させて頂きました。
パリでも結構黒の姿が目につきますね。
古本屋街が世界遺産に登録されている事初めて知りましたし驚きました。小生のパリは40余年前に出張の途中観光バスで一巡が最初。
2度目は財団で、海外が初めての仲間二人を連れて、地下鉄であちこちの名所巡りをしたり、夜はムーラン・ルージュにも行きましたが、いわば御上りさんの見物でした。ゆっくりとパリの良さを味わいに再訪したいと思っていましたが、実現しそうにありません。

一枚目の写真、夕暮れ時の色あいがいい雰囲気を出しています。
錠前の数はすごい事になっていますね。 日本での、おみくじがたくさん
木の枝に結び付けてあったり、絵馬が掛けてあったりするのと、同じ
ようなものなんでしょうかね。  錠前は少し異様な感じがしますが。
古本屋にパリ市の審査があるんですね。  観光地だから統制が
無いと乱雑になるという事なんでしょう。  続き楽しみです。

花の都パリと耳にしていますが街は明るいですね。
橋の上の広場も面白いですね。
錠前は神社にお神籤や絵馬のようですが新興のお呪い?
神保町も文化遺産登録しても良いでしょうが行かなくなりました。
再興に役立つかも知れませんね。
リタイアしたら行くつもりが実現しないで終わりました。
リヨンから帰ってきた後輩の歓迎会を日曜日にしました。

bellaさん流のパリを楽しませていただけそうです(!)。
Pont des Arts、当時鉄は最新の建材で、工法も鉄材にあった新しい方法が考案されたはずですね。
で、まだまだ歩行者専用であったか。いや、まだクルマは誕生していないので、荷重の問題ではなくての人間バンザイ!なのでしょうか。
錠前のオミクジ(?)、Pont De Archeveche、多分ここが発祥の地であったのですね。

こんばんは ヽ(´▽`)/
パリを訪れたことがない私にとって、意外なパリ巡りが出来ました (^_^)ニコッ!
セーヌ川に架かる橋の上で、あのような光景が広がっているとは (゚o゚)ナニッ?!
さらに『ブキニスト』?初めて聞く言葉ですが、『古本屋』さんなのですか?!
しかも、セーヌ川の畔で・・・!
bellaさん流のパリ散策、続きも楽しみです o(*^▽^*)o!

セーヌ川の写真をみると 頭の中に 何時も「パリの屋根の下セーヌ川・・・ 」のメロディーが流れます。学生時代 数人の友人と ルネ・クレールの映画は見逃せないものでした。Bella さんの写真の中で70年前との違いは、キュロットもサンキュロットもデニム・・・

お久しぶりです。

「パリの空の下、セーヌは流れる。」 懐かしいですね。
映画も見ましたし、よく歌いました。

数年前にツアーでフランス一周をして、最後にパリに到着。自由時間にセーヌ川クルージングを楽しみました。
お写真、懐かしいですね。当時を思い出します。

ツアーでは、味わえない情景を見せて頂き、有難うございました。

ケンさま
そういえば デニムばかりですね~ ヨーロッパでは 日本以上にデニムの
市民権は強固なようです・・
そう、あのシャンソンは 永遠のメロディですね!

ジローさま
お久しぶりです!  ジローさんの世界遺産巡り、アルザスやパリの記事、
覚えています~  パリも変わらないとは言え、 年々新しくなりつつありますね
またどこかお出かけになられるでしょうか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セーヌ川 恋人たちの錠前と ブキニスト:

« 「ナンシーノワール」 ナンシーは黒かった! | トップページ | パリ 「カルチエラタン」 雑踏は多国籍の臭い »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック