« 「プロヴァンの中世祭」 本日の美女は? | トップページ | ルノワール「舟遊びをする人々の昼食」 舞台はメゾンフルネーズ »

2012年2月29日 (水)

「プロヴァンの中世祭」 本日のイケメンは?

 
「 プロヴァンの中世祭 」 
Les Medievales de Provins

 

前回に引き続き その2です

                                                                     

 

14. パリの東90km、プロヴァンProvinsは、
小高い丘の上、城壁に囲まれた小さな町 

 

事前に 特に詳しくは 調べずにやって来た私たち、

 

車で なんとか町中に潜入しようと ルートを探しましたが
悉く、警察車両のバリケードに 行く手を遮られました! 

14_4








15. 結局、数キロ先の 隣町の臨時駐車場まで誘導され、

改めてそこから バスでピストン輸送されたのです 

 

多分 日頃は 眠ったような町が、果てしない駐車場の海と化し、 

緑の丘には 野営して祭りを楽しもうという人々の
色彩りどりのテントが 一面に咲いておりました 

15_2

(直火でクレープを焼く)






16. 哀れな豚くん、 回転用の心棒に 口からお尻まで貫かれて 

” トンだ迷惑 ! ” 

16








17. オオカミ狩り専用の犬、アイルランド原産のグレーハウンド

17





18. この町のシンボル、「 セザール塔 Tour Sesar 」 12C

ドンジョン (Donjon 天守閣)から 町が一望できる

18







19. この町の地下には 石切り場、倉庫や作業場として使われた

地下道が 縦横に張り巡らされています
 

( ガイドツアーでないと入れません )

19







20. 「演劇」     ベンチは麦わら製、

登場人物も コーラス隊も 観客も 中世びと・・

 

筋書きは、 
ダンナと若い男、両方からお金を巻き上げようと算段する おかみさん、

 

狡猾で、滑稽な夫婦の会話なのに、 中世だからでしょうか、

言葉が  「丁寧語(vouvoyer)」でした!

20







21. 城壁では 鷹匠のショー

地上では 黒マントの鳥男が 飛行準備!? 

21






22. まぶしい晴天が にわかに暗転、 突風と大雨が・・   

そしてまた 何事もなかったように きらめく太陽・・ 

 

西洋絵画には こうした 天空の激変から

インスピレーションを得たものが多いですよね~

22








23. 罪状はナニ?

23






24. 罪の懺悔は ボクが 承ります~ 

24







25. さて、 「本日のイケメン」は どの男性?

25







26. ところで,  プロヴァンの城壁の中には ちゃんとしたホテルは1軒しかない

当然 予約は 半年前から埋まってしまいます ・・・  

 

町を出れば 帰り道のどこかで ホテルは見つかるから、大丈夫 と 
高をくくっておりました

 

ところが、プロヴァンから10km、、20km、、離れても

街道筋のホテルやモーテル、どこもかしこも ”満室お断り” 

 

改めて、「プロヴァン中世祭」の人気ぶりを 思い知らされました!

26

 

結局 夜遅く パリに かなり近づいてから
 

8階建ての大規模モーテルで 空室を やっと見つけることが出来ました     

ホッ!

 

でも、レストランは閉店時刻を過ぎていて、、、 危うくピザで命拾い!

 

                                                                    


当てずっぽうで見つけたモーテルでしたが、

翌朝 広いロビーに 興奮気味の子供たちが 大勢群れていたことで 
わかりました     そこは、なんと

「パリ・ディズニーランド」目当ての 新しいモーテルだったのです!

 

昨日 ”中世時代にタイムスリップ ”して来たばかりなのに

今度は 現代の夢の国 ”ディズニーランド” かいな~

                                                                          

 

話は 少しそれますが、

アメリカ文化の代表格、「 DisneyLand 」を ヨーロッパで 

初めて受け入れたのが フランス、パリ

 

フランス人は保守的だ、とか

フランス人は 自国から出たがらない、とか
 

フランス人はアメリカを軽蔑している、とか

 

英語がしゃべれない、とか

英語をわかっていても プライドがあって使わない、とか・・・

 

そういう 昔からの ” ありきたりな決め付け ” は 

最近は   ” 今や昔 ”となりつつあります~

 

中世祭とディズニーランド、 たまたま 偶然の比較ではありますが 

古いものも大好き、 新しいものにも ものすごく貪欲、

フランスの二面性に 思いを馳せた朝となりました・・・!

                                 

 

« 「プロヴァンの中世祭」 本日の美女は? | トップページ | ルノワール「舟遊びをする人々の昼食」 舞台はメゾンフルネーズ »

イールドフランス」カテゴリの記事

コメント

中世祭シリーズ、前作から楽しませて頂いてます☆
ヨーロッパの方々はこのようなお祭りに力入りますよね。
日本にも大きなお祭りはありますが、どちらかというと裸とか体力一番的なような。。。
スイス人の友だちもカーニバルのお面など見せてくれたんですが、
コスチュームなどが半端じゃなくて。。。
今回の写真はかなり面白いですよね。
クレープ作りにしろ、ぶーちゃんの丸焼きから、薬草を煎じているようにもみえる
グレーハウンドの前のおじさんたちといい、魔女たちの集い見たいな。。。
中世だから余計にそんな風情も見えるのでしょうか。
パリ・ディズニーランドのお話。。。そうなんですよね。
フランス人は「マウス」を忌み嫌っているものと思っていただけに、不思議な感じでした。
それも勝手に思ってただけですが。。。やはり子供はみんなテーマパーク好きですよね。

Provins、続編は美女からイケメンへ(!)。
bellaさん調、ますます佳境にと、楽しませていただいています。
あらためて、画像とオハナシを拝見すると、日本にも古来からの民族行事などが残されているものなどと比較すると、
これはもう、民族の血の違いを歴然と意識しないわけにはいきません。
草食動物と肉食動物の違い。いえ草食人間ではなく動物(!)です。(笑)

素敵な写真の数々と解説で、お陰様でプロバンの中世祭りの楽しさを感じる事が出来有り難うございます。
祭りを楽しむためにテントを張っていたり、臨時駐車場が数キロ先とは驚きです。
トンダ迷惑のトンちゃん、こんな姿をみせられては、小生は多分食欲減退するでしょう。
このグレーハウンドオオカミ狩の猟犬よりオオカミの仲間の様なのが可笑しいですね。
演劇も楽しめたとはやはりbellaさんの優れた語学力で、羨ましい限りです。
天空の激変が画家にインスピレーションですか。
bella画伯はどんなインスピレーションを得たのでしょうか?
車中泊にならず、ホテルが見つかりよかったですね。

こんばんは (◎´∀`)ノ
昨日コメントしたはずなのに・・・、確認だけクリックして送信し忘れたのかも・・・(^_^;;アセッ!
見れば見るほど楽しそうなお祭りですネェ!
参加されている人々も「今年はどんな仮装をしようか?」と、楽しみなのでしょうね。
その点ではカーニバルと似ていますネ。
はてさて前回の美女に続き、今回はイケメンですか w(^o^)w!
イケメンというより、最後の写真の一番左の男性、”ぱっくん”に似ている!
その上の写真の男性は、爆笑問題の太田光に似ている!
という気がしました(笑)!

おはようございます。
いやはや楽しそうです。今はやりの日本のコスプレさん達、そのままこの祭りに参加できそうですね~。
旅してこんな祭りに出会うと何以下得したような気分になりませんか?
旅慣れたbellaさんご夫妻ならの旅ですね~。

bellaさん、
ブロガ-は多いですが、貴姉ほどお詳しい方は、
特に絵画の世界にお詳しい方はいませんよ。
それに、写真も文章もお上手です。
改めて尊敬してしまいます。

今晩は
お祭りや催しを見る事は事前調査が要りますね。
駐車場と会場とのピストン輸送には私は多分ギブアップです。
bellaさんだから出来ることでしょう。
宿が見つからなくて不安なことを思い出しました。
豚の丸焼きは見る機会は無かったですね。
次回の旅を楽しみにしています。

bellaさん、お久しぶりです。
ずっと、訪問してたのですが、足跡残さず風と共に去っていました。(笑)
実は、bellaさんの記事を読んでは夢を膨らませていた、ヨーロッパへの旅が実現しそうなんです
行きたい所だらけで、迷っています。やはり初心者は「おフランス」がいいでしょうか?
ここで、見たモンサンミシェルは外したくないし。。ドイツはプラハ、スイス。。。あぁ~どうしよう。
決められない(*^_^*)
そこで、bellaさんにおすすめのコース聞いてみたいです。8月中旬以降に予定しています。
絵にも歴史にも全てに疎い阿呆姉妹におススメの旅、教えていただけませんか?

bellaお姉さま、こんにちは~
覗き見させて頂いていたのですが、なかなか痕跡?を残せずにおりました(笑)
主人も横で見ている時がありまして、美女がブログに載ると
「ホ~ッ!」と声を洩らしますの
今回は、イケ面ですから私が喜ぶ記事ですね
クレープってこんな風に直火焼きができるものなんですか
中世のお祭りって面白いですね~
そのフランス人の英語を話さないっていうのは、以前は定番のようでしたが
今ではそうではないのですね
勉強になりました~♪
お姉さまは毎週水曜日がUP曜日のようですが、
今週はお休みでしょうか
またご旅行へ行かれているのかな
お土産を楽しみにしています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プロヴァンの中世祭」 本日のイケメンは?:

« 「プロヴァンの中世祭」 本日の美女は? | トップページ | ルノワール「舟遊びをする人々の昼食」 舞台はメゾンフルネーズ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック