« フランス料理に七味唐辛子 シスレーの町  | トップページ | 「プロヴァンの中世祭」 本日の美女は? »

2012年2月15日 (水)

黒田清輝と浅井忠 130年前の仏留学ってどんな感じ

パリの南東60km、「 グレシュルロワン Grez sur Loing 」は  ロワン川に面した 穏やかな小村です

 

                         

 

 




 

01.     パリ近郊の 魅力的な地域の中でも   昔から アメリカ、イギリス、北欧などの画家たちが 

この町に 芸術家のコロニーを作っていましたが、 

近くの 有名な フォンテンブローやバルビゾンになくて、 ここにあるものそれが この” 美しきロワン川 ”でした

01_2



02.     切手にもなった「 湖畔 」という絵で有名な 黒田清輝(1866~1924)、           02_5  

 

彼は 1884年から9年間 フランスに留学しましたが、


そのうちの 2年間を過ごしたのが ここ 「 グレ 」 









03.     彼が渡仏したのが 若干18歳、 さすがに 遠く離れた異国から 日本へ

9年間に 相当な数の手紙を 書き送っていますが

 

薩摩藩士たる父親宛てには  お金の催促を含め ほぼ漢字で、

母親宛てには ほぼ平仮名で、 優しく生活の様子を伝えている

03

驚くことに、グレには 「 黒田清輝通り Rue Kuroda 」がある 

知らないと 通り過ぎてしまいそうな 石畳の細い道です~

 

この小道を行き来する 黒田の心には 異国の生活を 努力で切り開いた満足感と 

切ない望郷の念が  いつも 渦巻いていたかも知れません・・・

                            





04.     当初  黒田は  川べりのホテルに滞在していましたが、

部屋代の他 食費やモデル代なども 相当かさんだため、  部屋を借りて自炊を始める


さらに、 フランス語に苦労する アメリカ人や英国人をしり目に 語学の達者な黒田は 

村じゅうに たくさんの知り合いを作り、 生活上の様々な便宜を 彼らから上手に引き出したという




   
海外で生活する上では 単なる語学力ばかりでなく そのような 総合的な 「人間力」というものが

必要なのかも知れません

04

( グレでの傑作 「読書」 )

 

 

 

05.     「近代洋画の父 黒田清輝 ここに暮らす 」 彼が暮らした家の門には

こんなプレートが掲げられていました

 

グレでの 彼の住まいは 実は 母屋の隣にある ” 物置 ” で、 

寝室、台所、アトリエとして不便はなかったが、  トイレに大変不自由したという

 

原則、トイレは 近所に借りに行ったが、いつもいつもと言う訳にもいかない 

外にスケッチに出た時、藪や木陰でしゃがんで 用を足す

夜の暗闇の中も、雨や雪の時も 傘をさして場所を探す ・・・


 

こういう事が  まぎれもない 「 人間力 」というものかもしれません !

05







06.     「 婦人図 ( 厨房 )」 「 編み物 」

黒田の借家の持ち主、 マリア ・ ビヨー Maria・Billaut 姉妹 をモデルとした傑作

06

さて、 黒田清輝以降、 多くの日本人画家が グレに滞在しました 

岡田三郎助、児島虎次郎、安井曾太郎など 枚挙にいとまがない

                         


07.     中でも特筆すべきが 「 浅井忠 (1856~1907) 」でしょう 

東京美術学校の教授だった 44歳の浅井が フランスに渡ったのが1900年、パリ万博の年

 

彼は 若い頃 東京の美術学校で イタリア人画家フォンタネージに師事し

” 自然を師とすべし ” という理念のもと、   
日本の農村などに取材した

” 茶褐色をベースとした ” 滋味あふれる風景画を 描いていました

07

( 浅井忠 「グレの教会」)

 

 

08.     ところが フランスから帰国した 黒田清輝が  東京美術学校西洋画科教授となり、

フランスで獲得した 明るい外光派の画風を披露すると、 若い画学生は 雪崩を打って 黒田になびいてしまう

 

日本の洋画界に 性急な交代が起こり、 浅井忠は 教授として 挫折の憂き目を見る

 

以後、黒田は「 新派 」 又は「 紫派 」  浅井は「 旧派 」 又は「 脂派(やに派) 」 と呼ばれ、  (注) 

何かにつけて 比較されることになったのです

08

( 「 グレの橋 」 )

 

 

09.    しかし、浅井にとっても 2年間の フランス留学は  大いなる刺激となったことは 間違いありません



 
とりわけ 半年余のグレでの制作の期間に
 明るく軽妙な記念碑的作品を 数多く生み出し
 

” 自らの芸術の絶頂 ”を 極めたのです



 

中でも 不朽の名作「 グレの洗濯場 」は ↓

  
深い緑の木立と赤い屋根、水面にこぼれては揺らめく 光の描写など、 大変魅力的な作品です

09





 


10.      私自身も ” ロワン川沿いの この洗濯場を見るために ”
 

わざわざ グレシュルロワンにやって来た訳ですが

 

ナマの風景は 浅井の絵よりは さすがに 明るく 現代的で 清々しい洗濯場で、

身も心も すっかり グレの緑色に染まって 大変幸せでした~ !  

10







11.     帰国後 浅井忠は  東京ではなく ただちに一家揃って京都に移住する

 

そして「 関西美術院の院長」 として 関西の洋画壇の発展に 全身全霊を注ぎ、 

以後関西からも 多くの優れた洋画家を輩出する

 

現在でも 弟子たちが献じた 京都南禅寺内の彼の墓には いつも明るい陽光が降り注いでいるという

11





「 黒田清輝 」と比べて 「 浅井忠 」 の知名度は イマイチかもしれませんが、

日本画壇での  浅井の実績は 決して 見逃すことは出来ません

 

今日では 「 紫派 」 も 「 脂派 」も なく、 ” 黒田と浅井の等分の功績 ” が 

欧米に肩を並べる 素晴らしき 日本美術の礎となったのは 間違いのないことでしょう 



                           




(注)  「 紫派 」 とは 影の部分を 紫や青で描いたことを  
脂派の視点から 正岡子規が 揶揄したことによる

 

「 脂(やに)派 」 とは 褐色の色調の印象から そう呼ばれ、 脂派の絵は色彩感覚に乏しいものの、

溶剤に強く絵肌が美しく  耐久性に優れている


 

紫派の絵は 絵画を形成する技法より、画家の心持の表現の方に 重点が置かれ、 

結果、 傷み易く 保存に問題が起きがちだともいう

 

              

どちらの側にも 基本的技術の問題がありながら、 それを克服しつつ、  

個性豊かな 日本の近代絵画が育ち 発展してきたと 言えそうです ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« フランス料理に七味唐辛子 シスレーの町  | トップページ | 「プロヴァンの中世祭」 本日の美女は? »

シスレー と ミレー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。   歴史的背景を調べて、そこに自身の考えを反映させる
bella さんの素晴らしい解説に感心するばかりです。  近代洋画の先駆者
たちはフランスに渡り、大変な努力をされたんですね。  現在、片手間
ぐらいの気軽な気持ちで油彩画に取り組んでいる自分が恥ずかしくなります。
もっと真剣に絵と向き会い、何を描きたいのかを考え直してみようと思います。 

こんばんは (◎´∀`)ノ
私も「黒田清輝の名は知っていても、浅井忠は知りませんでした」と、白状しなければなりません。
もっともその名を知ったのは、ご紹介されています絵の切手からですが・・・(^_^;;ヘヘッ!
芸術に疎い私ですから、黒田清輝氏の作品は、あの切手の絵しか知らなくて、
初めて他の作品を拝見させていただきました。
それだけでも、私にとっては、とても良い勉強になりました。

「黒田清輝通り Rue Kuroda」があるとは、驚きでした。素晴らしいことですね。
ここを訪れた世界中の人々に、彼の名を知らしめることができるのですから!
まさに日本の”誇り”ですね。
そしてその当時の暮らし・・・想像すらできません (>_<)!
しかし、語学が出来て様々な便宜を得られた、というのは私も理解できます。
その国の言葉を少しでも話すことができれば、決して”よそ者”扱いされないことは、
今も昔も変わらないですね。

黒田や浅井に明るい光を与えたのはLoing川やGrezの風物や人情だったのでしょうか。
朔太郎の「フランスはあまりに遠し」よりも二昔以上も前の頃なのですね。
何となく、明治以後は身近に感じてしまいますが、もう、大昔。(笑)
「黒田通り」は嬉しいですが、「日本人画家」の注釈付きはまた面白いです。

黒田清輝の「湖畔」だけは知っています。まさに記念切手を持っているので、子供心にきれいな絵だなぁと思っておりました。他にもこんなに魅力的な人物画があり、それを今回この場で観ることができて嬉しいです。
浅井忠という画家のことは知りませんでしたが、とても魅力的な作品ばかりですね。
黒田清輝通りと日本語で書かれたプレートは、同じ日本人としてとても嬉しいです。
私もいつか訪れてみたくなりました。

何時もの事ながら、絵の解説だけでなく、画家の一般に知られざる側面も紹介されておりbellaさんの博識に感心するとともに感謝です。
美しいロワン川、そしてそこの洗濯場をご覧になって味わられたbellさんの満足感は良く分かるとともに、羨ましい限りです。
グレの洗濯場の絵は脂派にしては明るくて素敵ですね。そしてbellaさんの洗濯場を初めとする幾つかの写真も。
写真と言えば、美しいロワン川には横たわる自転車を、グレの橋には釣り人を配しているところがbellさんならではと感じました。
グレには本当に沢山の日本人画家が滞在したのですね。黒田通りがあるとはびっくりで、余程現地の人々に溶け込んだ生活をしていたのですね。
浅井忠は我等の千葉県出身でしたね。黒田と同様に好きな画家です。

bellaさん、
絵の現場を訪ねる旅とはすごいですね。
その絵を理解するには、先ず現場(百回)ですか。
なるほど、やはり貴姉は只者ではない!

今日は
黒田清輝の絵はとても素晴らしいですね。
フランスでの生活の様子は初めて知りました。
bellaさんの解説で画家の選んだ風景までも知ることが出来ました。
標識や通りの名称があるとは嬉しくなりますね。

今晩は!また覗かせていただきました。
ただ漠然と眺めるだけのminojiすが、その現場を拝見し解説いただくと見え方が変わってくるから不思議です。
近代美術史講座 bolla教授 に感謝です。

bellaお姉さま、こんにちは~
コメントがいつも遅れてすみません
主人のパソコンから覗く時はコメントを入れられないですよ(オンボロパソコン)
和風の?フランス料理は興味深く拝見致しましたよ(笑)
日本の料理が外国にも受け入れられていたのですね
今回のブログも綿密に研究され、そして実地での観察と素晴らしかったです
初めの方のお写真・・・さりげなく美しく撮られていますね
お姉さまのブログは、本当に私までもがごいっしょに歩いているかのような錯覚を覚えますわん

娘の受験も後3週間後になりました
いい結果が出て家族旅行に行ける日を夢見ております(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒田清輝と浅井忠 130年前の仏留学ってどんな感じ:

« フランス料理に七味唐辛子 シスレーの町  | トップページ | 「プロヴァンの中世祭」 本日の美女は? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック