« 中世の家を買ってホテルを開業、さてHow Much? | トップページ | シスレーの風景画を育んだ町 静かなるモレシュルロワン »

2012年1月25日 (水)

「シャルトルブルー」と「バルビゾンの苦い思い出」

今回は   イールドフランス Ile-de-France ( パリ周辺地域 )の

 
シャルトル Chartresと バルビゾン Barbizonを 訪ねます

                                                          

 

01. シャルトルの 「 ノートルダム大聖堂 Cathedrale Notre Dame 」 は

 
大変ゴージャスで、見るべきものが多くありますが

 

”  bella流 見どころ ”を 3つほど・・・
 

01_2









02.      まず <<シャルトルブルー>>

 

キリスト教に関する あらゆる場面を 網羅した 大編成のステンドグラス (12,13世紀) には  

約5000人の人物像が 登場します



 
研究者にとって その全ての人物と物語を研究するのは 一生かかろうかという 大仕事ですが
 

観光客としては とりあえず  満漢色の豪華なステンドグラスを仰ぎ見て、 

とりわけ ” シャルトルブルー ”を 堪能すれば  もう充分かもしれません !

02









03.      次に   <<マリアの聖衣>>

 

この布は、5世紀に 既にコンスタンチノープルで ” マリアのベール ”として 知られていた聖遺物を

 
ビザンチンの女王が 876年、 フランス王に  ギフトとして献上したもので
 

近年、「 これは 確かに1世紀のシルクに違いない」 と 専門家のお墨付きが出ています


 

今日では ステンドグラスを 見に来る人の方が 多いかもしれませんが、  昔は

何世紀にもわたり、 多くの巡礼者が この聖衣目当てに シャルトルにやって来た訳で

 

大聖堂が 再建に必要な 潤沢な資金を得て来たのも、この布のお蔭と言えそうです

まさに この布は シャルトルの ” 稼ぎ頭 ”だったのです !

03










04.      3つめが   <<ラビリンス>>

 

人々が 迷路の上を 中心に向けて くねくねと辿り行いている ・・・ 

大聖堂の床に 「 迷宮 ( ラビリンス、13世紀 )」 が 現存しているのは フランスでは2か所だけ

 

迷宮の中心は 聖地エルサレムを象徴すると言われており、  中世の頃は 人々は 

実際の苦難の道のりを 体現するかのように、 靴を脱ぎ  跪きながら 祈りを唱えつつ
中心に向かったという

04

シャルトルの場合、 残念ながら 中心に描かれていたものは 長年の巡礼者の足跡で

すっかり消されてしまっている 

日本にも お伊勢参りや 富士登山をしたことにする 富士講と言った ” 代用アイディア ” があるが 

人々の願いは いずこも同じなのですね !

 

                                                         

 

05.      さて 今回は お土産に 「 銅版画 」を買いました~

 

シャルトル大聖堂は 一部シートが掛けられたまま  長いこと 改修工事が続き、 

街も 観光客が 昔よりはずっと増え、本来の静謐さが やや失われて来ているように感じます

 
版画に描かれた こんな街角が ずっと残って欲しいですね ・・・

05








06.        さて、次は バルビゾンに向かいます
      ここは

大通り Grande Rueが 1本通るだけの 本当に小さな町 

06






07.     それぞれの画家たちに因んだ 家やスポットに  作品のパネルが出ています

07






08.     「 ミレー Jean Francois Millet 」は ” 農民画家 ” の名の通り、

この家で 9人の子供と暮らし、 地味な人生のまま 亡くなりました

08








09.       お土産に買った 「 銅版画 」、  
これは バルビゾン派の画家の一人、 

シャルル ジャックCharles Jacque の 孫、 マルセル ジャックMarcel Jaqueの作品  「 納屋を出る羊の群れ 」

09








10.       さて ここは 「 ホテル バ ブレオ Hotellerie du Bas-Breau 」

小さな村ながら 今や屈指の観光地となった バルビゾン、  その中でも ここは 最高級のホテル

 しかし 私にとっては 苦い思い出のホテルとなりました 

                         





入り口は小さいけど、奥のバルビゾンの森に 客室棟、レストラン、庭園、プールやテニスコートなどが 広々と展開し、


 
各国の要人や 有名人が泊まる、  映画のロケ地にもなるような 立派なホテルです

10

 

実は  フランス旅行の計画の際、  ここ 「 ミレーのバルビゾン 」に 泊まろうか、

「 画家、シスレーの町、モレシュルロワン 」に 泊まろうか 
散々迷ったあげく、

決めきれず  とうとう 両方のホテルを予約しておいたのです

 

1週間前までなら ” キャンセル料は無料 ” でしたから ・・

 

                         

 

 

ところが、 結局 「 シスレーの町 」を 選んだあと、 なんと このバルビゾンのホテルを キャンセルするのを


すっかり忘れてしまったのです !

目の前まで来て、  「 ホテルバブレオ 」 の写真なんぞを のんびり撮っている場合ではありませんでした~

 

結果  ” No Show ” 無断キャンセルは 宿泊料の100% 没収!!  

トホホ~~  

 

                          

 

翌月 カードから 幾ら 引き落とされてしまったかなんて 悔しくて とっても 言えません

 一生の不覚でした・・・       こんな失敗は 最後にしなくてはネ !! 

 

                               

 

次回は そのシスレーの町、モレシュルロワンです~
  
  

 

« 中世の家を買ってホテルを開業、さてHow Much? | トップページ | シスレーの風景画を育んだ町 静かなるモレシュルロワン »

シスレー と ミレー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「シャルトルブルー」とは美しい名前(?)ですね。
海外の荘厳な教会の雰囲気が好きなので、旅行中に見つければつい休憩がてら入ってしまいます。
あれほど華やかなステンドグラスが連なっていても、教会の中ではそれが煩く感じないから不思議です。
全く詳しくありませんが、チェコ、プラハ城にあった「ミュシャ」のステンドグラスは素敵でした。
バルビゾンはミレーの街だったんですね。
昨年始めてパリ(フランス)へ行ったとき、オルセー美術館でみたミレーの三大名画には感動してしまいました。どれも好きですが、特に『羊飼いの少女』は何度も観に戻ってしまいました。
フランス滞在最終日にもう一度このミレーの作品をみたくて『オルセー美術館』へ行ったんですが、なんと改装だか修理だか何だかで「ミレー」の作品は鑑賞できない状態でした。
いつかバルビゾンへ行ってみたいです。

こんばんは (゚▽゚*)
最近ブログ仲間の皆様のブログで、『日本に居ながらにして海外旅行』を楽しませていただいている慕辺未行です (^_^;;ヘヘッ!
今回は、パリ周辺なのですね。
いきなり、やられました!仲睦まじい老夫婦の向こうに見えるノートルダム大聖堂!bellaさんならでは!の構図ですね。素晴らしいです。
ステンドグラスもスゴイですネェ (゚o゚)オォーッ!”見事”としか言いようがありません!
ケルン大聖堂のステンドグラスも素晴らしかったのですが、こちらも本当に素敵ですね。
銅版画に描かれた街角、私も同意見です。いつまでも変わらぬ姿で残ってほしいです。
あららぁ~?!bellaさんらしくもない”大失敗”でしたね。
各国の要人や有名人も宿泊されるのですから、泊まらずして宿泊料支払うことになり・・・、イタイ出費ですね。
こちらのホテルの中も、どのようになっているのか、見てみたかったです (^_^)/!


こんばんは  初めまして京都こまち と申します。 失礼だとは思いましたが、
  たかちゃんのブログから 開かせて頂きました。
  
  私は日本から出たことがありません。  あなた様のブログを見させて頂きながら
  外国旅行気分を味あわせて頂きたいとおもいます。 かまわないでしょうか?
  死ぬまでに一度はあんな素敵な所へ旅をしてみたいものです。
  夢の夢ですが・・・・・

 京都こまちさん こんばんは~

コメント ありがとうございました!
読んでいただいて本当に嬉しいです
海外に行かれるチャンスは これからきっとあると思います~
こまちさんこそ綺麗な街にお住まいでは?
これからも いろいろ教えていただきたいです~!
 

シャルトルブルーと言われるだけあって、ブルーが目立つステンドグラスですね。
こんなステンドグラスに囲まれた聖堂内で光が入ってくるのを見れたら素晴らしいでしょうね。
1世紀のシルクとは驚きです。
シャルトル本当に銅版画のような雰囲気を残してもらいたいですね。
いかにもミレーらしい住家ですが、子供が9人もいたとは大変でしたでしょうね。
所でミレーが描いたような田園風景はもう見られないのですか?
ホテル バ ブレオとんだ結果になって残念でしたね。立派な高級ホテルの様ですが
この入り口にはびっくりです。 

今日は
画家達に因んだ 家やスポットに作品のパネルがでているのは
地域全体が美術館のようですね。
素晴らしい街角の風景は何時までも残ってほしいですね。
素敵な案内有り難うございました。

bellaお姉さま、おはようございます
今日も楽しくブログを拝見致しました~
お姉さま独自の視点でご紹介されましたノートルダム大聖堂のステンドグラス・シルク・迷宮~
きっと間近で見ると、素晴らしいんでしょうね~
お土産の銅版画も素敵です
高校の美術の時間に銅版画を彫ったことを思い出しました(笑)
ホテル・・・聡明なお姉さまでもこういうことがあられたのですね
高級ホテルの宿泊代
う~ん、凄い額なんでしょうね~
私が代わりに泊まりたかったですよん♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シャルトルブルー」と「バルビゾンの苦い思い出」:

« 中世の家を買ってホテルを開業、さてHow Much? | トップページ | シスレーの風景画を育んだ町 静かなるモレシュルロワン »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック