« ノルマンディ「林檎の礼拝堂」 by田窪恭治 | トップページ | モンサンミッシェルへ渡る一本道 今昔話し »

2011年10月13日 (木)

金刀比羅宮「椿書院」 by 田窪恭治

 

ノルマンディで 「 林檎の礼拝堂 」 を修復したあと、

田窪恭治は 2005年から  香川県金刀比羅宮の書院で 襖に 「椿」の絵を描き始める

 

                                  






01.    私が金刀比羅宮を訪ねた時(2010年)、「奥書院」では 折しも 伊藤若冲の 「百花図」が 公開されていた

 

田窪が 高校生の頃、芸術的啓示を受けたのが この 上段の間に描かれた「百花図」だったと、聞くが

 

確かに、この和室が 意外と狭いだけに、 

” 金色の小宇宙に浮かぶ花々が わが身に降り注ぐような 不思議 ”を 私も味わった

01








02.   「表書院」にも、それぞれの部屋ごと、丸山応挙の有名な絵が 鎮座ましていた

(  レプリカは 作ってあるのだろうか・・・  火事が心配・・・  )

02

(  絵の中の ほとばしる滝の流れが、  この部屋の左側に 造られた実際の池に

 注ぎ入るという設定となっている )









03.   書院近くの休憩所の 内側と外側に、 田窪が描いた 「椿のタイル画」があった

 

サインは <隼人&恭治田窪>となっている ノルマンディで育った息子が、今や、画家となったのだろう

03







04. ポルトガルのあちこちで見られる タイル画 「 アズレージョ 」 ↓

古びたポルトガルの アズレージョと比べると 上の「 椿図 」は やや物足りなかったが

国により、 似合うものが違って 当然かもしれない

 

04

                               (  ポルトにて  )






05.    田窪によれば、 原生の藪椿の、 荒々しくも 素朴な群生を

そのまま シンプルに写し取りたかったという

 

成るほど、 ” シンプル ”こそ 日本文化の根底を流れる 基本概念かもしれない・・

05  

 






06.     さて、  渡り廊下で繫がる 建物を渡っていくと  その先に

田窪が 製作中の 「 椿の障壁画 」がある 「 椿書院 」 があった

06








07.    正直に書きましょう、  ” 何と言う偉大な落書き!  ”
  

もし、このパステル画が ちゃんと額縁に収まっていれば、 それはそれで 美しい絵 となるかもしれない

 

しかし、 藪椿は  木枠も壁もお構いなしに、 白い空間を 自由奔放に伸びていく、、、

07








08.   ノルマンディでは、仕事が軌道に乗るまで  3年はかかったらしい

 

芸術上の構想が固まらないとか、お金の問題とか、、、


制作が進まない 手付かずの3年間は  地元の人たちの疑惑の白い目に晒されたという

この人に 本気のやる気が あるのだろうか・・・ と  

08_4
(   椿の写真が 所々に貼ってある     )






09. それと比べたら、 ここは何と言っても母国だし、多分 資金も潤沢だろう

 

金比羅宮に知り合いもいて、” 名士 ” として招聘されたことを思えば

自ずから 田窪さんの気分も 全く違うのではないだろうか・・

” 落書き ”と言ったけれど、 それは 多分 作家の 伸び伸びとした楽しげな気分が
 

絵を通してにじみ出ているからなのかもしれない

09

同時代人の感覚より 2~3歩先に行くのが芸術家、

 

百年ぐらい後には この椿図は国宝になっているかもしれない・・・




  

 

                            






 

 

10.    ここは 「椿書院」に面した庭、     遥か彼方に ” 讃岐富士 ”が見える

10

この襖絵、どこまで行ったら ’終了’を宣言するのか、田窪自身にもわからないという


 
確かに、描き足そうと思えば 重ねて描けばいいし、 これで終わり、と言えば

そうなのかも知れない






                  

いつ終わるかは 神のみぞ、  いえ、  金比羅さんのみぞ知る、   デスネ!


« ノルマンディ「林檎の礼拝堂」 by田窪恭治 | トップページ | モンサンミッシェルへ渡る一本道 今昔話し »

ノルマンディ(フランス)」カテゴリの記事

りんごの村」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!椿のタイル画、これだけを見ていると立派なんですが
ポルトガルのタイル画「アズレージョ」と比較すると確かに物足りません。
というか立体感に乏しい感じがします。
襖絵のほうは大作ですね~。
金刀比羅宮に行くとこれらが見られるのですね。
楽しみが一つ増えました。

金毘羅さんですね。
07年の秋に、東京藝大大学美術館での「書院の美」展で、これは是非現地でもう度!と、
その後、讃岐に巡回し書院の美」展を現地で観ることになりました。(やはり臨場感が!)
表書院も奥書院も充分に堪能して、椿書院に”遭遇”したのでした。
田窪さんは丁度制作中でしたが、現在も継続しているのですね。
実は、そこで「林檎の教会」が紹介されていて、非常に印象深かった思いがあります。
タイルのカフェは、多分まだ完成していなかったのかと思います。
東京展の、(その後パリにも)折に、富士図だったか、高精細の原寸デジタルイメージで展示されていたので、もちろんコピイは完全なのでしょうね。

今日は
自由奔放な壁画?ですね。
額縁や屏風以外に描くという発想は独特なのでしょうね。
bellaさんの紹介で日本にも素晴らしいところがあることを知りました。
アズレージョはリスボンの地下街の壁画や床に描かれたのを思い出しました。
初めての出張で異国文化の印象は強烈でした。
以来異国探訪に熱中しています。

“金色の小宇宙に浮かぶ花々が わが身に降り注ぐような 不思議”とは、
あの百花図を見た時の味わいを何と巧みにbellさんならではの表現をされましたね。
小生は2006年に拝見しました。
田窪さんの椿のタイル画や、椿書院は未だ製作が始まったばかりであったか、
見られませんでした。
ただTVでは見たのですが、今回写真で拝見して、木枠も壁もお構いなしに自由奔放に
描いておられるのにはびっくりしました。現物を見たい思いが一杯になります。

私が時折歩く公園に小高い松林があります、
そこにはヤブ椿が点々と自生しているんです
枝葉が整備されていませんから伸び放題・・・
巨大な襖絵も製作中の光景はまさに自然そのもの、
撮影禁止されていない事も気に入りましたね。

覚えてますヨォ!bellaさんが昨年、金毘羅さんを訪れたこと。
”いい色”のブログに書いていましたよね。
それにしても、このような書院にこれほど大胆な絵を描くとは?!
凡人の枠の中では、常識を超えてしまっています。木枠も壁も襖も、すべてがキャンパスになってしまう・・・、このような何にも縛られず、捉われることがない発想こそ、素晴らしい作品の源となるのでしょうね。って、芸術に疎い私が、えらそうなことを言ってしまいました。反省!します。(。_。)ハンセイ!

bellaお姉さま、こんばんは~
お邪魔するのが遅くなりすみません
この頃、ちょいと厄介な問題があったもので
数日、手こずっておりました(泣)
でも、こうしてお姉さまのブログを拝見していますと、
気持ちが落ち着きます
田窪さんの絵は、椿が多いのですね
それに、こうして壁や襖の至るところに一見自由奔放のように
描きながらも、しっかり計算されているところがいいです
こんなに長~い箒のような筆で描かれるとは思いませんでした(笑)
素敵ですね

田窪氏は去年制作を中止され、もうこの書院を見ることは出来ないそうです。

貴重な写真ですね。

あきさま   こんにちは
お寄りいただいて ありがとうございました~

制作を中止なさったのですか・・ 終了とは違うのですね・・
そうですか、、、 全然知りませんでした!
お教えいただいてありがとうございました

田窪さんは 次はどんな芸術に取り組まれるのでしょうね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金刀比羅宮「椿書院」 by 田窪恭治:

« ノルマンディ「林檎の礼拝堂」 by田窪恭治 | トップページ | モンサンミッシェルへ渡る一本道 今昔話し »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック