« 木の教会って見たことありますか~ オンフルール | トップページ | シードル(林檎酒)と フランスの美しい村 »

2011年9月28日 (水)

サティの失恋 オンフルール

芸術家たちの天国と呼ばれる オンフルール Honfleurが 魅了したのは  画家ばかりでなく、

 

文学者や音楽家も その例外ではありませんでした

             



「  エリック サティ Erik Satie 」も 1866年 ここで生まれている

            



01.    サティと言えば、「 ジムノペヂィ 」、「 グノシェンヌ 」、「 お前が欲しい 」など、

曲名を知らなくても、 そのメロディは 一度は耳にしているはず ・・

01
                     ( オンフルール 旧総督の館)








02.     透明感と静けさをたたえた サティの音楽は 日本人にも大人気です

日本画の あの<余白の趣き>にも似て、 饒舌でない彼の音楽には 癒しがあふれているからでしょうか

02

                                 ( 港と画家 )









03.   美しい この木組みの家で、サティは 12歳まで暮らしました   

 

子供の頃 入り浸っていた教会で、まず、教会音楽の洗礼を受け、

その後 パリで 音楽の専門教育を受けるが、 アカデミズムが 肌に合わず、  すぐに挫折 !

以後、” 高等音楽院卒業 ” というレッテルを持たぬまま   人生の大半を、 

カフェや酒場の ピアノ弾き で過ごしつつ、  独特なああした音楽を作曲していったのです

03

 

傘は サティのトレードマーク    ( サティの生家 )




                         




ところで、 当時にあっては 時代を先取りし過ぎた感のある サティの音楽は

批評家たちや ラヴェルなど ’全うな音楽家たち’の 恰好の攻撃の対象となりました

そうした事情から

一見、  穏やかなはずの彼の音楽には、  実は 世間の無理解と嘲笑に対する 

屈折した激しい自己主張が  悶々と  のたうっていたのです・・・!

           

04.    さて、サティの生家 (Rue Haute 90番地)での インスタレーションは

ちょっと 掴みどころのない モダンアート風の表現でしたが、

 

白いピアノ (YAMAHAマーク!)の自動演奏だけは サティの音楽を 確実に再現しておりました

04

( サティの生家での展示    絵は 恋人だった シュザンヌが描いたサティ  )





彼が 屈折した人生を送ったことは 上で触れましたが、 因みに 彼の曲のタイトルを

目にしたら ビックリですよ~

 

「犬のためのぶよぶよした前奏曲」
「官僚的なソナチネ」
「社交界の名士のためのカンカン踊り」
「いんげん豆の王様の軍歌」
「小さなチューリップ姫のおっしゃること」

 

 

「なまこの胎児」
「干からびた胎児」
「不機嫌な囚人」
「夢見る魚」 

 

「大きな頭の友達が羨ましい~」
「太った木の人形の素描と媚態」
「いやらしい気取りやの 3つの優雅なワルツ」   

 

etc・・・

         

05.    サティは まっとうな音楽教育を受けなかったが  ” 女でも失敗したのです ”

彼に 大打撃を与えた女 
それこそ シュザンヌ ヴァラドン Suzanne Valadon 1865~1938

言わずと知れた モーリス ユトリロ Maurice Utrillo の母親 !



洗濯女の私生児として生まれた彼女は  小さい頃から 独立心旺盛、

 

酒癖の悪い 一筋縄ではいかぬ 気の強い女でしたが、 個性的なその美貌も相まって

モデルとして モンマルトルの画家達に 芸術の養分を与え、また同時に スキャンダルの種を撒いた人物でした

05

                                                          (  シュザンヌとユトリロ )



06.   ルノワールの「都会のダンス」「ブージヴァルのダンス」のモデルが  シュザンヌ

ユトリロが生まれたのは 丁度ルノワールと付き合いのあった頃で、

親子関係もささやかれるが、 今や DNAを調べるわけに行きませんし・・・

06

                             (ルノワール)






07.   彼女が「チビ」と呼んだ ロートレックも 恋人であり、 泥酔仲間であり、

お互いの芸術を認め合い、尊敬する同士でもありました

シュザンヌは モデルだけでなく 自らも絵を描いた女性ですが

  
たくさんの本を借り、芸術上の教養を与えてくれたのが ロートレックだと言われています

07

         (    ロートレックの描いた シュザンヌ    )






08.   シュザンヌ ヴァラドンは、 既に9歳の頃から 紙さえあれば 手当たり次第
 

それらをクロッキーで埋め尽くすような女の子でした

 

(  線の強い 活き活きとした 素晴らしいタッチではありませんか!   ↓  )


            




デッサンを見た ドガも 一目で才能を見抜き、「あなたは我々の仲間です」と 手を差し出す

以後、ドガの手ほどきと 手厚い庇護を受け、 シュザンヌは 一人前の画家となっていく

08

           (   シュザンヌ ヴァラドンの デッサン   )




                 




09    ここで やっと、   エリック サティ Erik Satie の登場となります !
  


草臥れたコートと型崩れした黒い帽子、丸眼鏡、 手にはいつも雨傘

変人としか言いようの無い 風采の上がらぬサティと

 

シュザンヌが どうして付き合うことになったかは 定かではありませんが、


あっという間に シュザンヌの側に ” 倦怠の風が吹く ”     

わずか 6ヶ月足らずの愛人関係でした !

09

             ( シュザンヌ ヴァラドン  「 ユッテルの家族 」   )







10.    その半年に、 300通以上の 賛美と懇願のラブレターが サティからシュザンヌに送られたが、

その多くは 開封もされず、   歴史の闇に消えていきました

          



その時の サティの失意と苦悩は 如何ばかりとは思うが、


以後、サティは 一切 女体に触れることなく 生涯を閉じたほど それは 深い心の傷となりました

彼の臨終の時まで アパルトマンの彼の部屋に 誰一人、 友人すら足を踏み入れることはなかったと言う

10

                            ( オンフルール)   








サティにとっては シュザンヌ ヴァラドンとの恋は ” 世紀の大失恋 ” であったが、

シュザンヌにとっては ” かすり傷 ” みたいなものだったかも知れない



息子のユトリロが 長じたあとも、 

シュザンヌは  息子より3歳若い、  息子の親友の画家と結婚し、  離婚する

そして、 死ぬまで 恋は続いた・・

                 



とまれかくあれ、 シュザンヌは、恋多き人生から 力強い油絵の大作を 次々生み出し、、、

サティも  今日世界中でもてはやされるような 魅力的な音楽を世に残し 、、、


恋とは・・・ そして芸術とは・・・    いやはや なんと 甘くて にがいモノ!!


« 木の教会って見たことありますか~ オンフルール | トップページ | シードル(林檎酒)と フランスの美しい村 »

ノルマンディ(フランス)」カテゴリの記事

オンフルールは画家の聖地」カテゴリの記事

コメント

bellaさん、
ルノワ-ルのモデルの女の子ってみなふっくらとして可愛いですね。

今晩は!ユトリロの生い立ち初めて知りました。
出生にも秘密があるのでしょうか?
高校時代に「ユトリロ」の教会の絵に惹かれ、
何故か印象に残る画家の一人です。

今晩は
素晴らしい旅をしましたね。
bellaさんの旅行記を見て私の旅はひたすらに走り回っていたと思いました。
ゆっくりその地を楽しみながら旅がしたくなりました。
同じ旅をしても上手・下手がありますね。
解説がとても面白く何度も何度も読み返しました。
ルノワールの絵が好きですね。

芸術家に愛された港町Honfleurが天才音楽家Eric Satieを生んだ。
Satieの音楽を、日本画の<余白の趣き>と看破したbellaさんも凄~い。
その後のお話は世紀末のParisが舞台なのでしょうが、Maurice Utrilloの母であり、画家であった
Suzanne Valadonに、Renoir、Degas、Lautrecと絢爛豪華な顔ぶれの登場。
第一級の芸術は、品行方正なまじめ人間には産み出せないのでしょうか。(羨)

今回は特にbella調面目躍如たる数々の素敵な写真と、薀蓄を傾けられた文章で、
大変興味深く拝見させて頂きました。
サティーの曲の名前には驚かされますが、このような音楽の鬼才の異端児が
いたからこそ、次なるドビシューやラベルなどの音楽を生み出すことになった
のでしょうね。
そんなサティーがシュザンヌに300通以上の 賛美と懇願のラブレターを送ったのに、
その多くは開封もされず歴史の闇に消えてしまい、サティーにとっての”世紀の
大失恋”も、恋多きシュザンヌにとっては ”かすり傷”みたいなものとは、何とも
サティーは哀れです。
写真の「ブージヴァルのダンス」昨年の国立新美術館のルノアール展で、
田舎のダンスは大分前の文化村のルノアール展で見る機会がありましたが、
これらの絵を描いた時のルノワールは42歳、シュザンヌ18歳。 
絵から想像しても可愛いらしシュザンヌですが、その歳でユトリを生んだのですね。
そんな彼女も立派な画家となり生涯を終わるのですから。
本当に芸術家とは・・甘くて にがくて、そして不可思議なものです。

bellaお姉さま、こんばんは~
お伺いするのが遅れてすみません
サティの曲、タイトルが吹きだしそうなものばかりですね
思わず笑ってしまいましたよ
でも、純粋な男性で、半年余りの恋で一生独身とは驚きました
それに対して女性の方は奔放ですね~

昨日いい色から贈り物が届きました
ちょうど顔を洗っていた時でして、慌てて玄関に行った時は
水浸しの顔~
郵便屋さんが戸惑っていました(笑)
もういい色見れなくなりました
でも、心の中にはいい想い出が一杯詰まっています

まるでブログ上での”美術館”のようです (^o^)!
芸術に疎いもので、美術館などへ出かけることはほとんどありません (^_^;;ハズイ!
bellaさんのブログで”芸術散歩”、しかも詳しいエピソード付き!これは美術館では解説されないでしょうから、より一層関心を持って眺められました。

サティの心の深い傷、シュザンヌにとってはほんの”かすり傷”・・・、男としてサティの内面、共感できるかも・・・?!しかし、彼の楽曲のタイトルにはちょっと・・・(^_^;;!

大変勉強になりました。

素敵な写真と名解説で、楽しくいつも拝見してます。


先ほど、名無しでコメ書いてしまいました。

すみません

ジロー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サティの失恋 オンフルール:

« 木の教会って見たことありますか~ オンフルール | トップページ | シードル(林檎酒)と フランスの美しい村 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ココログフレンド