« ペストの大流行 その時ルアン公国はどうしたか~ | トップページ | 木の教会って見たことありますか~ オンフルール »

2011年9月19日 (月)

モネの連作 「ルアン・ノートルダム大聖堂」



01. モネは 「睡蓮」ばかりでなく、
「ポプラ並木」 「積みわら」などの 連作を 描いている

中でも有名なのが  「ノートルダム大聖堂」(Cathedrale Notre-Dame)の連作

01








02. モネは まず、 積みわらが、 光と大気によって 色彩を変化させる様子を捉えました



絵の構図としては 単に積みわらが そこにあるだけですが それが結果的には 

” すぐれて抽象的 ”と 捉えられ、

なんと モネは ’抽象画の祖’と 呼ばれることになったのです


抽象画のルーツが あのモネとは びっくりですね!

02









03. 次に、モネは 1892年から94年にかけて 何度かルアンに足を運び、

40点余の 「ノートルダム大聖堂」の連作を描きました






95年には デュラン・リュエル画廊で 今は世界に散っている 連作を 全て並べて展示する機会を得ました

今では もう不可能な、 貴重な機会だったことでしょう  ・・

しかし、 当時は 作品を見て ただあ然とする者、 嘲笑する者もいて、 

すぐに理解されるはずもありませんでした

03
私は 聖堂のすぐそばのホテルに泊まりましたが 聖堂の光の変化を捉えるには

一日ぐらいでは 到底無理でした~ !








04.  しかし、 さすがに ピサロ Pissarro は その質の高さと モネの意図をすぐ見抜き 感嘆の声を上げる

「連作は 総体として見られるべきで、1点づつ 散りじりに売られるべきでない」、とも言ったのです

04

こちらは モネが描いた聖堂の 正面側ではありませんが、

私は こちらの ” 横顔 ”も 負けずに美しいと思いました~









05.    さて、モネは 大聖堂が  晴天、雨天、曇天 朝、昼、夕など 条件に応じて変化する様を

 

粘り強く  描き捉えようと 試みましたが     その姿勢を


自ら ” サント・ヴィクトワール山の連作 ” を たくさん描いているセザンヌ Cezanneも

「 他のどのような画家も実現したことのない 独創性がある 」と 褒めちぎっています

05







06. これが モネが描いた 正面側、    足元までカメラに収まりません

 

広場が狭くて これ以上後ろに 下がれませんでした~  

06








07. 聖堂の足元は こんな感じです~   ↓


っで、モネは 実際 どこから描いたかというと、  広場の右端にある

現在は 観光案内所となっている建物の 2階からでした

大聖堂の光の変化が 一番美しく捉えられる アングルは やや斜め横側からだと

モネは踏んだのでしょう ! 

07





08.   そこは 昔、 洋服や 下着( コルセットやペチコートなどを扱っていたのでは

と想像しますが・・)を 売る店で、

女性が試着中に出入りする ’ヘンなおじサン’だと、モネは嫌がられたらしい ・・・ 

08
右側の古い建物がそれ ( 画面向って左側に 大聖堂があります )

                     

脱線しますが、 フランス女性は バーゲンセールなどでは

アッと驚くほど 堂々と ( ある時は 人前でも )下着姿になって 試着する

特に 上流の女性ほど、特に 高級ブティックなどでは 人目を気にして 

” 下品に恥ずかしがったり ” しないもの ・・・

   


でもまあ、あくまで 女性限定の空間という 前提あってのことですから

男性たる ムッシュ・モネが 出入りしたら  嫌がられるでしょうね ・・



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.







09.   さて、  蛇足その1

17C以来 「 ルアン陶器 」は 、その洗練を極めた表現で もてはやされて来ました

奥さま方、 お買い物はいかがですか~

09







10.     蛇足その2   
 

初めに モネは抽象画の祖、と言う見方があると 書きました


本格的 ” 抽象画の創始者、カンディスキー Kandisky ” は ある時、

偶然 モスクワで、 モネのたった一枚の 「 積みわら 」に 出会う

その感動が どうしても忘れられず、 その出会いのお蔭で  彼は1896年、 

30歳にして 学者から画家へと 転身することとなったのです!



              

”  「積みわら」には  これと言った主題とか 対象が あるわけではないのに、

見るものを あらゆる夢の彼方へと誘う ・・・ 

 

それは 色彩の力、「パレットの力」に他ならない ” と ・・・カンディスキーは言う

10

こうして 抽象画の大天才 カンディスキーは まず モネによって目覚め、

その後 自らの芸術を 本格的に育んでいきました     天才同士は 呼応するのですね~~!



        

次は 古今東西の 画家達の聖地 オンフルールに参ります
 

 

« ペストの大流行 その時ルアン公国はどうしたか~ | トップページ | 木の教会って見たことありますか~ オンフルール »

北仏画家の町」カテゴリの記事

モネの色彩を育んだ町」カテゴリの記事

コメント

今晩は!日本で抽象画がもてはやされるようになったのは戦後のことでしょうか?minoji小学校高学年の時の担任の先生、今思うに芸大系出身だったようで、この抽象画をみせられ好きに描きなさいって言われました。
放課後も先生と絵の好きな数人がよく絵を書いていたのを思い出しました。
そして親は何を書いてるのかわからんてよく言われたものです。
でもコンクールで多くの入賞者を出し、大した先生だと称賛していたのを思い出しました。(笑)

「連作は、総体として見られるべき」、当たり前のようですが、なかなかそうはいかない現実。
上掲の例では、「積み藁」は1点でも観賞可、すなわち抽象とも読める。
「ノートルダム」、う~ん、これは何点か並べて観たい。ごく個人的な思いつきですが。
写真も連作、組写真はできれば1点で見てほしくない。もしかして、その中に1点秀作が隠れていても。

Bellaさんならではの、積みわら、大聖堂からカンディンスキーまでの解説と写真
楽しく見せて頂きました。
モネの大聖堂を初めて観たのは、確かブリッジストン美術館だったでしょうか。
その後色々の展覧会で観ていますが、現物は目で見てないだけに、
Bellaさんの目でみた大聖堂の美しさにも感動です。

「積みわら」を拝見すると、昨年の「モネとジヴェルニーの画家達」展でモネ作品に並んで、
3日間かけて描いたブレックの12点の「積みわらの習作」が思い出されます。

「モネは ’抽象画の祖’」と言われてモネの絵を見ると、睡蓮の絵でも部分的に見れば
抽象画そっくりですね。そうは言っても、モネの絵にはやはり自然そのものが感じるのが
抽象画家達の絵とは違いますね。

今日は
素晴らしい大聖堂の連作、その解説に唯々感服と敬意の念を表します。
精密な建造物も景観美をもたらしますね。
フランスでないと見られないような思いがしました。

bellaお姉さま、こんにちは~
今日はまた一段と興味深く拝見しました
連作という方法があるんですね
写真では連写が容易にできますが、絵では大変難しそう~
でも、見応えはありますね
積まれた藁もですが、その大聖堂は色遣いが微妙に違って
バーゲンの時にご婦人方が潔く?下着姿になられる中
オジサマは確かに変なオジサンだったでしょう(笑)
学者から画家に転身された方がいらした・・・bellaお姉さまのご主人さまもそうなられたりして~
それはお姉さまの影響からですね♪

bellaさん、こんばんは ヽ(´▽`)/
ノートルダム寺院(大聖堂)って、ヨーロッパのあちこちにあるような・・・?
偶然見たTV番組で、ベルギー・アントワープのノートルダム大聖堂が、名作アニメ『フランダースの犬』の最後に登場する場面だと聞きました。

モネが『抽象画の祖』とは驚きですが、それ以上に後半のエピソードは面白いです w(^o^)w!
でも、私がアジアを旅しているとき、ヨーロッパ女性の大胆さ(下着ぐらいは平気でした)には、驚かされたことを思い出しました。

こんばんは
素敵な日記です。
楽しく勉強させてもらいました。

おおきに(^O^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モネの連作 「ルアン・ノートルダム大聖堂」:

« ペストの大流行 その時ルアン公国はどうしたか~ | トップページ | 木の教会って見たことありますか~ オンフルール »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック