« ラヴー亭 ・ ゴッホの死んだ部屋 | トップページ | モネの庭 ジヴェルニー »

2011年8月31日 (水)

ゴッホの墓と麦畑

 ゴッホと 深いかかわりを持った ポール・ガシェ (Paul Gachet)は


パリで開業していた医者だったが、 1872年、たまたまオーヴェールAuversにも 居を構える

 彼は 精神病の研究も含めて、多様な分野で 経験豊かな医師でしたが、

 同時に 画家でもあり、版画家でもありました

そういう訳で、 美しいオワーズ川のほとりに、 ガシェの信望者や多くの印象派の画家が 

ゴッホが来る以前から より集まって来ていたのです

 

 

                                    

 

 

 01. ゴッホの北仏へ戻りたいという 強い要望を受け、弟テオが 

 八方手を尽くして探し出したのが この<ガシェ医師>

たまたま体調が良かったこともあるが、 

ゴッホ本人は 患者としてでなく ちゃんとした!友人として付き合い始めた(つもりでした)

 

実際、 食事に招かれたり、 ガシェの肖像画を描くなどして、

二人の関係は ほんのひと時、順調に滑り出した

01_2

          ガシェ医師の家の庭                   ガシェの邸宅

 

 

 02、 しかし、アルルでのゴーギャンとの生活もそうだったが、

 破綻はすぐに訪れる

 

 

面白いことに ゴッホの見立てがふるっている

 「 ガシェは相当な変わり者だ、彼は少なくとも 

 僕と同じくらいひどいやつ(精神病)をやったに違いない

 医者だからなんとか病気を 持しているけど、 相当頭がいかれてる! 」

02

 

 うつろな目、ガシェの憂鬱さを強調して描いている  手には薬草となる花

 

 

 03. セザンヌも 3回 (1873年から1881年にかけて) ガシェ宅などに滞在し、

100点もの作品を描き 才能を開花させている

 

絵は 有名な<首吊りの家>

03

 

 

 04   当初、ガシェは何度か ゴッホを訪れ その制作ぶりをみている

 

ゴッホも 精力的に絵を描く

1ヵ月後に彼が自殺するなんて 誰にも思いもよらないことだった !

04villagestairs1

< 階段のあるオーヴェール村の風景 >

 

 

 05。   ゴッホの転地は どうやら成功した、と思われたが、

 ほどなく ガシェとゴッホは不仲となり

原因は不明だが、  ガシェは居留守を使って 彼を避けるようになる

ゴッホも 「 絶対 彼をあてにしてはならない 彼は僕より病気がひどい、

盲目が盲目を導けば 同じ穴に落ちる 」 と、 応酬する

05

 <オーヴェールのヴュー>

 

 

06。  さて、 弟テオは生涯、献身的にゴッホを支えた、と 賛美されるが、

その ’献身’とは、一方では わが身を削ることと同じでした

テオにも人生があり、 妻と子・オランダの老母・妹達 支えなければならない家族は

山ほどいたのです ・・

    
経済的に楽であろうはずがなかった !!

しかしながら それでも、偏執的で独りよがり、発作を抱えた どうしようもない兄の 

生涯にわたる 精神的拠り所であり続けたのです・・


テオ自身だって おかしくならないはずがありませんでした !!

06

                         < 薔薇とアネモネと日本の花瓶 >

 

 

07   とりわけ、テオが婚約、結婚して、 その妻ヨハンナが妊娠、男子が生まれると

二人の行き違いは 一層大きなものとなっていった ・・・

心の支え、命の綱、弟テオが 自分の手からすり抜けていく~~!

    
例えば、共に休暇を過そうと提案したのに、

テオは 妻の実家のオランダに行ってしまう (普通なら当たり前のことだが)

 

そんな些細なことでも ゴッホの心は 焦燥感で 激しくよじれる

07

 

 

 

 08、 そんな中 最後の日々に描いたとされる < 烏のいる麦畑 >

 

 

 黒いカラスの群れがかもし出す憂鬱なムードは 

確かに死を予見させる 不吉な絵と 言えなくもないが、

 

深い青と黄色の補色の効果が きっぱりと力強く、

農道や麦畑のうねり、カラスの羽ばたきが 躍動感を漲らせ、 実にイキイキした傑作だとも言える

08
    
    
    
    
    


    
 09 ゴッホの墓がある霊園

果てしなく広がるオーヴェールの麦畑の一角を   石塀で仕切った共同墓地の片隅に、

びっしりと蔦で覆われた ゴッホとその弟のささやかな墓がある

 

因みに、 有名になった後の<山下清>も ここを訪れており、

清は、ゴッホの墓より 他のきれいな墓たちに 目を奪われたと、語っている

09

 

 

 

10、 ゴッホの家は もともと精神病がうかがわれる家系ではあったが、

フィンセントの死後、なんと テオも 間もなく病が昂じ、

故国オランダ・ユトレヒトの精神病院に送られ、そこで死亡する



なんと、兄の死から 僅か6ヶ月後のことだった

 

                      

実は フィンセントとテオ、二人の遺骨を ここに並べて埋葬したのは

テオの妻、ヨハンナだった

兄弟の書簡を整理している時、 ” 二人の絆がいかに強いか ”思い知らされた彼女は

フィンセントとテオ、 二人が共に眠るのが相応しいと判断し、

オランダから夫の遺骨を運んで来て フィンセントの傍らに安置したのだった

10
    

 

11、  ゴッホの死後、 今日のように 彼の絵が世に認められるようになったのも

ひとえに ヨハンナのお陰と言っていいかもしれない

 

ゴッホの作品が日の目を見る時まで、  バラ売りなどで散逸しないよう 手元に一括保管し、

 

ゴッホの奇行ばかりを取り上げる 無理解な世間へは 啓蒙に努め、

 

多くは一方的に 兄から弟へ宛てて送られた 数百通の書簡を整理、

日付のないものは判読し 正しい順に並べ換え、


24年がかりで 「フィンセントの 弟への書簡集」を刊行したのも ヨハンナでした

11

ゴッホ博物館庭

 


今日、世界中で知らない人はいないであろう < ゴッホ >

 

その作品の魅力は 言わば ゴッホの ” 狂気の才能 ” から生まれ、


その人生の真実は 言わば 義妹の ” 冷静な思慮 ”から 守り・語り継がれることになった

と、 言えそうです

 

 

 次は モネ編です~~ 

 

 

« ラヴー亭 ・ ゴッホの死んだ部屋 | トップページ | モネの庭 ジヴェルニー »

北仏画家の町」カテゴリの記事

ゴッホ終焉の地」カテゴリの記事

コメント

ゴッホの素敵な絵を、bellaさんの解説を詠みながら楽しませて頂きました。
ゴッホのガシェの見立には驚きましたし、この事知りませんでした。
テオはゴッホには苦労したと思いますが、本当に立派な弟でしたね。
同様ヨハンナも立派でした。
烏ののいる麦畑が描かれた田園風景は、こんなにも長閑な風景だったのですね。
空の中に黒く舞っているように見えるのは、やはり烏?

今晩は!ご無沙汰しております。
こちらでまた拝見させていただけるのですね。
私にとってはため息の出るブログです。(笑)
これからも立ち読みさせていただきます。
開きやすいようにリンク張らせていただきます。
ご了承ください。m(__)m

bellaお姉さま、こんばんは~
ゴッホの生涯、最後が悲惨とは知っていましたが、
弟さんもかなり可哀そうな方ですね
お兄さんをとるか奥さんをとるか・・・微妙な選択~
私も半ば狂気の人かもしれませんよ
年齢のせいでしょうか
この頃、怒りっぽくなって自分でも困っています
もっと大らかに生きたいのですけどね
日曜日がいつも地域の役員の仕事で、主人とのお出かけがぐっと減っているからでしょうか(笑)
ストレス発散の仕方を考えております

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴッホの墓と麦畑:

« ラヴー亭 ・ ゴッホの死んだ部屋 | トップページ | モネの庭 ジヴェルニー »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

リンク先

フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック